飲食業には「嘘」や「方便」があまり必要じゃない。

 

飲食人として大切にしていきたいコトを書いてみよーと思います。

飲食店で働く事って最近の風潮としてはとてもイメージがわるいのかなって思っているのですが、実際に僕が働く現場のお話をしたいと思います。

僕個人の考えでは、飲食業ってお客さんに対するだけの商売なので

B to Cの典型的なビジネスですよね?

その、B to Cのビジネスの中でも、比較的嘘や方便をあまり必要としない商売ではないのかなーと思ってます。

僕自身も若い時に様々な仕事をしてきましたが、飲食業で一生やっていくぞと決めた動機こそが正にコレでした。

 

 

飲食業の悪いイメージって何でしょう?

 

労働時間が長い。

休みが少ない。

給料が少ない。

有給休暇が取れない。

主に肉体労働

大手ほど洗脳教育が酷い。

接客業の地位が低い。

マッチョ主義でバカが多くシェフが威張ってる。

業界内でインテリぶってる人は井の中の蛙。

ルーチンワーク化しやすく楽しくない。

などでしょうか?

 

しかし、現在かなり業界自体が叩かれて改善の方向に進んでるように思います。

僕が統括する飲食部門には、他の飲食業界からの転職組も多いのですが大手飲食チェーンはまだまだ真っ黒な所が多い印象です。

会社規模が大きいから安全だと思って就職するのでしょうが、マニュアル漬けの社畜として洗脳され生涯作業員として割り切って働きたくなければ、大手飲食チェーンへの就職は辞めましょうね。

 

 

飲食人はお客様と真剣での斬りあいを毎回してる感じ

 

外食産業としては平成9年がピークで29兆円規模まで膨らみ、年々下がり続けている傾向にあり、現在は25兆円くらいです。

店舗数は若干平成9年まで増え続けましたが、少しづつ減り続け、平成11年を境にほぼ横ばいの70万店舗くらいで推移しています。

大手飲食チェーンのトップ企業でも年商6000憶円程度です。

市場全体の2%に過ぎません。

よーするに、飲食業界は零細企業ばかりなんですね。

大手だからって他業界の様に、市場を独占出来ていないのだから潰れる時は一瞬で潰れるんです。

だからこそ、逆にいつでもひっくり返せる楽しさがあるじゃないですか?

そして、昨日も今日も明後日もお客さんに「嘘」も「方便」も使わず、来店されたお客様に精一杯のお店ができるおもてなしをして、ほんのちょっと元気になって帰って頂く事が僕たちのお仕事です。

最近はSNSなどに怯えてお店側が泣き寝入りするのが多いとか様々なケースで聞きますが、僕の統括する飲食部門は一切しません。

お客さんは神様なんかじゃないし。

自分たちが来て頂きたいお客様に来店して頂いてるのですから。

そして、毎日真剣で斬りあいしてますから。

お客さんを斬ったらまた来てくれるし、お店が斬られたら二度と来てくれない。

ただそれだけの事ですから。

 

僕が統括する飲食部門には、他の飲食業界からの転職組も多いのですが大手飲食チェーンはまだまだ真っ黒な所が多い印象です。会社規模が大きいから安全だと思って就職するのでしょうが、マニュアル漬けの社畜として洗脳され生涯作業員として割り切って働きたくなければ、大手飲食チェーンへの就職は辞めましょうね。

 

学ぶことこそ最大の防御

 

お客さんにそのスタンスで来店して頂こうとすると、大手飲食チェーンみたいな仏頂面した接客をするスタッフを抱えていると秒でお店が潰れますよね?

だから、教育にも真剣になるべきなんです。

しかし、マニュアル漬けにした社畜を育てようとは思いません。

従業員を作業員化し、ルーチンワークのみをさせる集団にするのは一番くだらない陳腐な経営です。

一人一人が学ぶための動機を持って頂き、自分自身の旗もってお店に立ってほしい、そう思っています。

僕は、飲食業としての自営は反対の立場です。

会社でしっかり無料で飲食業のノウハウを得て頂き、将来的には組織に所属しつつ、何か別のインカムゲインかキャピタルゲインを得ていく道を模索したらいいと思っています。

リスクを最小化して最低限の生活を担保しつつチャレンジする事が大切なのです。

自営ではなく飲食店を創る場合は事業化してほしいと思っています。

基盤が固まってから本格的に経営に乗り出しても遅くないのですから。

自分が時間を賭して労働する対価として得る賃金ではラットレースから抜け出すことはできません。

僕が統括する部門には時短社員として、子供の育成に積極参加したいなどで仕事量を調整しつつ働いてくれている方が複数居ます。

時短社員とはどんな働き方なのかと説明が必要だと思いますので説明します。

飲食業界には残業で、ある程度給料を余分に稼ぐ働き方が一般的なのですが、時短社員の方は残業は一切せず、基本17時には仕事を終えます。

勿論、有給休暇もしっかり消化して頂いてますし、他の従業員との待遇にも差はありません。

働き方はその人の能力や人格を評価するに値しません。

僕は、この時短社員の方達が居る環境には誇りを持っていますし、時間を捧げる事でしか労働者として認めないとする業界の掟が嫌い です。

この時短社員の方達は非常に勉強熱心ですし、責任感も強い。

幸せ=お金

ではないからです。

出世=捧げた時間

でもないですから。

リーダーシップは

能力×人格です。

学ぶことこそが成長に繋がり、良いマインドを持つ人たちが居る環境こそが最強なんじゃないでしょうか?


LEADERS リーダーズ 部下を持ったら知っておきたい「最先端リーダー論」


リーダーシップ: 組織を支えるリーダーへのメソッド (22世紀アート)

 


 

大阪を中心に活動している飲食専門の経営コンサルタントです。

新田飲食開業顧問 Link 飲食店開業コンサルティング 料金プラン

飲食店 開業 コンサルティング 料金プラン

20坪以下の飲食店開業の場合 新田飲食経営顧問の開業プラン 他社コンサルタントの開業プラン
問い合わせ 無料 無料
お見積り 無料 無料
プラン内容 開業まで何度でも直接指導 契約後数回の打ち合わせと指導
料金 契約金+実費 契約金+実費
開業後 サポートあり サポートなし
廃業時 3年以内なら契約金全額返金保証 返金保証なし

※ただし、ご好評につき、ご用命頂いた日程でお約束できない場合があります。 あらかじめご了承ください。  


お問い合わせ

 


  👇 詳しくもっと見る

20代以下限定でLineでだけの無料相談応じてます。

いつもたくさんのお問い合わせありがとうございます!

お問い合わせや相談が多数なので順番にお答えさせて頂いております。

最新情報をチェックしよう!
>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。