飲食業界への他業界からの転職はあり?

飲食業界への他業界からの転職について考えてみよう、転職はあり? | 飲食経営顧問@新田

飲食業界の昔は長い修行期間や、安い賃金、長時間労働など、自分の生産性を考えて生きている方からすれば信じられない人たちの集団みたいな認識じゃないでしょうか?

では、飲食業界には、どんな方が働きにくるのか?

・誇れる学歴がなく、就職活動に挫折し採用してもらえる業界から選んだ。
・学生時代にアルバイトで飲食業界で働き、楽しいからそのまま就職した。
・料理が好きで、自分が作った料理で勝負できる世界観に惹かれた。
・転職のタイミングで生活に追われ、とりあえずすぐ働ける業界を選んだ。
・接客が好きだが、販売や営業などのノルマのない業界を選んだ。
・単純に若い時期に大したキャリアがなくとも稼げる業界を選んだ。
・やりたい事が見つからず、なんとなく飲食業界にはいった。
・将来自営をして経済的な成功を収めるならば飲食業界だと思った。

などがあるのではないでしょうか?

僕も上で書いた一番最後の一文が飲食業界に入った動機でした。
しかし、20年以上もこの業界に身を置いて感じる事は、上に書いたすべての就職動機では自己実現的欲求を果たせない刹那的な人生になるという事を知って頂きたい。

飲食業界への他業界からの転職はあり?

飲食業界への他業界からの転職はあり?

僕は、他業界でチームをまとめ、そのプロジェクト的に結果を残し成果を得た方ならば飲食業界に転職すると無双できる様になると考えています。


僕は、このような方ならば大いに価値のある転職になると考えています。

理由は簡単ですよね?


冒頭に書いたような動機で飲食業界に入った方ばかりだからです。


そして、上席でふんぞり返っている役職者も同様の動機で飲食業界に入っておりマッチョ主義に染まり脳死状態で惰性で今を生きている方たちが非常に多い環境だからです。

今をそれなりにストレスなく生きたい。


このようなマインドで年を重ねるごとに自分の年収と他業界との年齢平均収入に差を生み出し、気が付いた時には全業界的に見れば、自分の収入は他業界の方よりかなり低い事に気づく事になります。


飲食業界で年齢を重ねた方はこんな方たちで溢れています。

飲食業界の年収はスキルのある方にとっても低いのか?

まず、厚生労働省の民間給与実態統計調査から確認してみたいと思いますが、このデータは全給与所得を受け取っている方を対象にしていますので、アルバイト、パート、派遣社員、一般社員まで含んだ平均値のデータです。


この記事を見ている方がこの数字を見て留飲が下がる事はないと思いますが、非常にこのように見ると信じれない位どのデータも低賃金なのが見れます。

 

国税庁の調べによると、飲食・サービス業の年齢別平均年収は、

年代 男性平均年収 女性平均年収
20代 約243万円 約227万円
30代 約319万円 約255万円
40代 約373万円 約250万円

出典:厚生労働省「平成28年民間給与実態統計調査」をもとに編集して作成

という結果が出ています。

全業界の年齢別平均年収を見てみると

年代 男性平均 女性平均
20代 約272万円 約254万円
30代 約365万円 約297万円
40代 約456万円 約317万円

出典:厚生労働省 「平成28年賃金構造基本統計調査」をもとに編集して作成

厚生労働省の調査内容を認識しつつ見ても非常に少ない印象ですよね?


このデータによって推測できる事は、飲食業界での勤務は体力が要求されるため、年齢が上がる前に転職してしまう割合が高い事と非正規社員の割合が高い業種である事も要因ではないかと考えられます。

このように推測したのもほとんどの飲食業界就労者の方が作業員として働く業界ならではの事情も影響していると考える事が出来ます。

厚生労働省がおこなった「平成28年賃金構造基本統計調査の概況」の会社規模による全業界の平均年収を見てみましょう。

規模 男性平均年収 女性平均年収
大企業 約640万円 約321万円
中企業 約384万円 約290万円
小企業 約348万円 約262万円

出典:厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」をもとに編集して作成

宿泊業・飲食サービス業は、男性が約325万円・女性が235万円です。

先ほどの推察同様、非正規社員の割合や離職率の高さなどもこのデータに影響しますので正社員だけを見れば全体的にもう少し平均年収を押し上げる事になります。


しかし。。。飲食業界はこのようなデータには弱い。


僕の感覚でいくと、飲食業界で無双できる能力をもつ店長クラスで年収550万円以上、マネージャークラスで年収650万円以上、その上で年収750万円以上を得る事が出来る職業だと思いますよ?

 

しかも、マネージャークラス以上になれば、体力勝負から解放され、現場に時間で縛られる事からも解放されます。


組織に所属し結果にコミットさえしていれば、組織とは別に自分の事業を持つことも可能ですし、自分の可動域は広がり、自分次第で収入は青天井です。


何故ならば、僕が冒頭で言った通り、飲食業界にはロクな動機で入って来ていない方ばかりで、多少マシな地位になれた方たちはピーターの法則に綺麗にハマりこんで下の蓋をする存在になり下がっているからです。



あーそうそう、これ以下の年収で働く有能な店長さん以上の飲食業界で働く方たちは僕が示した収入を得れていないのなら別の飲食企業に転職してください。

 

reフレッシュ転職|あんしん退職と転職サポートの申込
グローバル・外資系・ハイクラスの転職支援サービス
専門だから確実に退職できる「男の退職代行」


大阪で働いてもいいと思ってる方なら僕のLine登録して頂いて僕が所属する組織で働く選択肢もありますよ?

結局、飲食業界への転職はありなのか?

大いにアリです!


飲食業界は非常にマインドの低い方が多い業界で、ある程度他業界で良き待遇を得ている方なら無双出来る、転職先としては数少ないブルーオーシャン市場の1つです。


ヒューマンスキルコンセプチュアルスキルが高い方にはお勧めな業界なのです。

 


 

大阪を中心に活動している飲食専門の経営コンサルタントです。

新田飲食開業顧問 Link 飲食店開業コンサルティング 料金プラン

飲食店 開業 コンサルティング 料金プラン

20坪以下の飲食店開業の場合 新田飲食経営顧問の開業プラン 他社コンサルタントの開業プラン
問い合わせ 無料 無料
お見積り 無料 無料
プラン内容 開業まで何度でも直接指導 契約後数回の打ち合わせと指導
料金 契約金+実費 契約金+実費
開業後 サポートあり サポートなし
廃業時 3年以内なら契約金全額返金保証 返金保証なし

※ただし、ご好評につき、ご用命頂いた日程でお約束できない場合があります。 あらかじめご了承ください。  

 


お問い合わせ

 


  👇 詳しくもっと見る

20代以下限定でLineでだけの無料相談応じてます。

いつもたくさんのお問い合わせありがとうございます!

お問い合わせや相談が多数なので順番にお答えさせて頂いております。

飲食業界への他業界からの転職はあり?
最新情報をチェックしよう!
>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。