飲食業界で成長や目標達成するための「7つの習慣」活用術

飲食業界で成長や目的達成するための「7つの習慣」活用術。 | 飲食経営顧問

今回は、スティーブン・R・コヴィー著書の7つの習慣を用いて飲食業界で自らを成長させていくキャリアパスを描いてみたいと思います。

7つの習慣は世界中で3000万部を販売し、原理原則論を中心に書かれており、自分の力で未来を切り開きたいビジネスパーソンならば読んでおくべき良書です。
この本で得られる気づきの最大のものはパラダイム(ものの見え方)は一つではないという事実です。本の最初にパラダイムシフトの例が出てきますが、その伝え方が絶妙で、一回読んで終わりではなく、生活の中で何度も読み直して自分のものにしていく、そんな内容です。


完訳 7つの習慣 人格主義の回復

飲食業界で成長や目的達成するための「7つの習慣」活用術。

7つの習慣とは

主体的である。
終わりを思い描くことから始める。
最優先事項を優先する。
Win‐Winを考える。
まずは理解に徹して理解される。
シナジーを創り出す。
刃を研ぐ。
飲食業界で成長や目標達成するための「7つの習慣」活用術

1つ目の習慣
主体的であるについて解説
通常、人は主体的に自分の思考で全ての事象に対して考えて自分の意志と価値観に基づいて行動すべきなのですが、家族、教育、環境、社会、会社、他人などに無自覚に影響を受け、本来の意味である主体的でない日常を過ごしている事を理解し、自分の価値観を再構築すべきです。
自分に起こる不幸や不運を自分の選択の先に起こった事なのに、他人や会社や社会、政治、世界のせいにしてしまっている事はありませんか?
全ては自分の選択の責任であると覚悟を決めたその日から自分の人生が変わる事を理解しましょう。
全ての場面で、他を変えるよりも、自分自身を変えた方がよっぽどコスパも精神的にも良いのです。

2つ目の習慣
終わりを思い描くことから始めるについて解説
自分の人生最後の時に何を考えるのだろーかや、自分の葬儀でどんな人間だったと思われたいのかなど、自分の終わりがどのような形で終わるのかなどに想いを馳せると自分自身の人生の目的や成功の定義を見つける事が出来るのではないでしょうか?
自分の目的や成功の定義の更に奥にあるモノが仕事なのか、お金、配偶者、家族、娯楽、所有物、自己などなんの欲や願望があるのだろーかと定期的に見つめなおし修正し続ける必要があります。
人間は忘れる事が一番の才能であるし、潜在意識によって今までの自分のままであろうとする現状維持機能によって”自分が本質的に楽”な方向へと軌道修正されてしまうからです。
成長とはこの潜在意識の中の現状維持機能との闘いだとも言えるのです。

3つ目の習慣
最優先事項を優先するについて解説
下に重要で緊急~重要でなく緊急でもないことの例を書いてみましたが、1つ目の習慣や2つ目の習慣により自分がすべきことを明白にすることが出来ても、何を優先すべきかを理解していなかったら意味がありません。
常に、自分が本質的に大切にすべきことは第2領域である重要で緊急ではない領域にある事です。
緊急ではない重要な事は人は後回しにしよーとして結局ズルズルと緊急となるまで実施できない方が多いです。
しかし、緊急でない重要な事から常に手をつける習慣が将来の人生を豊かにしてくれるのです。

第1領域(重要で緊急)
危機への対応
差し迫った問題
期限のある仕事
期限のある支払い
 
第2領域(重要で緊急でない)
心身をリラックスする
予防、準備や計画
人間関係つくり
知識を高める活動
 
第3領域(重要でなく緊急)
飛び込みの用事
多くのメール、Lineによる報告や会議
無意味な接待や付き合い
期限のある催し
 
第4領域(重要でなく緊急でもない)
取るに足らない仕事や雑用
多くのメールや電話
暇つぶし
快楽を追求する遊び

4つ目の習慣
Win‐Winを考えるについて解説

「Win-Win」とはお互いの利益になる結果を見出す考え方と姿勢で、「あらゆる人間関係の成功を築く基礎」となります。
資本主義社会で身を置くと得てして強いか弱いか、勝つか負けるかなど二者択一で物事を捉えがちですが、仮に「Win-Win」を原則に過ごす日常では信頼や信用を勝ち得る思考として 自分の高みに押し上げてくれるのではないでしょうか。

5つ目の習慣
まずは理解に徹して理解されるについて解説

コミュニケーションスキルは、人生において最も重要なスキルの1つです。
これが自在に操れれば、自己充足感を得やすいスキルとも言えないでしょうか。
まず相手を理解することに徹した「共感による傾聴」で、自分のことはそのあとで理解してもらい、お互いが力を合わせていくことが大切なのです。

6つ目の習慣
シナジーを創り出すについて解説

他者とのコミュニケーションが相乗効果的に展開すると、頭と心が解放されて新しい可能性や選択肢を受け入れ、自分のほうからも新しい自由な発想が出てくるような信頼関係のグループは「1+1= 2」ではなくそれ以上になりうる可能性があります。

7つ目の習慣
刃(やいば)を研ぐについて解説

自分自身の価値を維持し高めていくための習慣として大切です。
自分という個人をつくっている四つの側面
肉体
精神
知性
社会・情緒
の刃を研ぎ、再新再生させるための習慣です。
肉体は運動、栄養、ストレス管理。
精神は価値観の明確化と決意、学習、瞑想。
知性は読書、計画立案、言語化による視覚化。
社会・情緒は共感、シナジー、内面の安定、他者への奉仕。
この4つをバランス良く研ぎ続けることが大切で、後年 コヴィー博士は講演で7つ目の習慣こそが一番大切であると説いています。

飲食業界で成長や目的達成するための「7つの習慣」活用術。まとめ

このように、人生を豊かに生きる為の7つの習慣から読み解ける事は、内面を磨き、充足感を持てるような生活術であるパートとコミュニケーションによる他者との距離感についてに終始しています。
飲食業界で「7つの習慣」をどのようなビジネススキルとするのかと考えるとヒューマンスキルです。
このように、本質的に大切なスキルとして僕が日頃から言っているヒューマンスキルがこのような世界中から高い評価を受けている良質な古典的な原理原則論からも示されているように何をさておきヒューマンスキルが大切だという事を本質的に理解して頂きたいと共にご自身で人生の本質を理解させてくれる「7つの習慣」を読み解く事をお勧め致します。

 


 

大阪を中心に活動している飲食専門の経営コンサルタントです。

新田飲食開業顧問 Link 飲食店開業コンサルティング 料金プラン

飲食店 開業 コンサルティング 料金プラン

20坪以下の飲食店開業の場合 新田飲食経営顧問の開業プラン 他社コンサルタントの開業プラン
問い合わせ 無料 無料
お見積り 無料 無料
プラン内容 開業まで何度でも直接指導 契約後数回の打ち合わせと指導
料金 契約金+実費 契約金+実費
開業後 サポートあり サポートなし
廃業時 3年以内なら契約金全額返金保証 返金保証なし

※ただし、ご好評につき、ご用命頂いた日程でお約束できない場合があります。 あらかじめご了承ください。

 


お問い合わせ

 


  👇 詳しくもっと見る

20代以下限定でLineでだけの無料相談応じてます。

いつもたくさんのお問い合わせありがとうございます!

お問い合わせや相談が多数なので順番にお答えさせて頂いております。

飲食業界で成長や目標達成するための「7つの習慣」活用術
最新情報をチェックしよう!
>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。