飲食業界で出世するにはテクニカルスキルをある程度習得し、ヒューマンスキルを高める働き方をすることで周りの方の信用・信頼を勝ち得てマッチョ主義が横行する飲食業界において競争せず、華麗にスルーしつつ希少性を手に入れましょう。 そして、満足するのではなく生活術などで生活を整え、学習し知識を吸収しつつチャンスを待ちましょう。

飲食業界だけではない給料の基本的なお話

今回は給料を定義し、飲食業界で働くうえで何を感じ、考え働いていくべきかを考えてみたいと思います。

最初に、給料についてどのような認識でしょうか?
飲食店で働く人たちは働いた時間に対する対価だと感じている方が多いのではないでしょうか?
自分の時間を提供する対価としてリターンを得ていると感じ、考えているのであれば、そんな人は作業員確定です。
最低賃金を定義するのであれば、上に書いた認識で大丈夫だと思います。
しかし、給料となれば

提供した時間(work)
     +
提供した価値 (Valeu)
     + 
提供した信用 (Credit)

に対する対価として得ているのです。

よく相談として聞く内容に
「私はこんなに働いているのに全然給料が上がらないのです。」
「こんなに頑張っているのに私の給料がこんな金額なのはおかしい」
などが非常に多いのですが、これはこの方たちの認識不足なのです。

「こんなに働いてるのに」に対して反応するのは提供した時間であり、これは最低賃金として得ている対価しか反応しません。

「こんなに頑張っているのに」に対して反応するのは、その頑張りに価値があるのか?やその頑張っているとする方がそもそも信用があるのか?です。
頑張っている内容に価値や信用がなければ、そもそも提供した時間に対する対価となりますので最低賃金での対価をお支払いするしかありません。

このように、給料に対する考え方をまず知っていなければ、必死に自分の時間を大量に提供する事で対価を得ようと感じ、考えがちでの言動となり、結果所属する組織に自分が欲している評価をされず、怒り、嫉妬、不満、グチ、泣き言、心配事、恐怖心、焦り、不足感から解放されない働き方や人生観へと堕ちこみます。

飲食店経営、何よりも人間性が大切やろ? | 飲食経営顧問

飲食業界で考えるべき提供する価値へのアプローチ。

労働者が会社に提供する価値には様々なモノがあります。
旧社会的な終身雇用時代の日本なら、長く勤めてくれている勤続年数による価値も含まれていました。
しかし、終身雇用が崩壊した現在は長期間組織に所属している事に対する価値が段々下がっていく傾向にあります。

飲食業界による提供すべき価値とはなんでしょうか?

テクニカルスキル
ヒューマンスキル
コンセプチュアルスキル
経営スキル

などが、飲食業界以外でも共通して挙げられるのだと思いますが、飲食業界は異常なマッチョ主義です。
飲食業界で働くみなさんはこの内のテクニカルスキルにのみ執着し、レベルを上げていく方が多いのです。
結果、評価する側の会社から見ると、この光景はどのように映るのでしょうか?

テクニカルスキルが高い方が多くなると希少性が低下します。
よーは、たくさんの方が持っているスキルに高い賃金は支払えないのです。
コンビニのレジを打つスキルは大抵の人が少し学べば打てるようになるはずです。だからコンビニのレジ打ちの仕事は高い賃金は得られていませんよね?
まさにあの現象がマッチョ主義が蔓延した会社では起こります。
現在の飲食業界にはこの現象があちこちで起こっているのです。

価値とは希少性に反応し、たくさんの方がもつ能力には価値として反応しなくなるのです。
よーするに、希少性の高い能力を高めて希少人材になる必要があり、飲食業界ではマッチョ主義が横行しているのでテクニカルスキルのみでは出世ができる時代は終わろうとしています。

飲食業でマネジメントやマーケティングを行う際に理解すべきマズローの欲求5段階説

飲食業界で気楽に働き出世していく戦略策定術

世間では「コミュニケーション力」「信頼獲得力」「情報伝播力」をすべて備えた消費者をインフルエンサーと呼びますが、何故インフルエンサーと呼ばれる方たちが大きな収入を得ているのかと言えば希少性です。
このように、希少人材には価値を提供する力があるのです。

今、サラッと言いましたが、この

「コミュニケーション力」
「信頼獲得力」
「情報伝播力」

は一体なんのスキルでしょうか?
ヒューマンスキルですよね?

それでは、このインフルエンサーについて少し掘り下げてみましょう。
マルコム・グラッドウェル著書による「急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則」によって商品やブランドがターゲットとするコミュニティやセグメント内において、周囲に影響を与える人物を見つけ、彼らに対して一次的にアプローチする「インフルエンサー・マーケティング」が注目されるようになりました。


急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫)

このように、信用を勝ち得るインフルエンサーの発信力に企業が注目するのは当然なのですが、これを社内でも置き換える事が出来ないでしょうか?

給料を決定づけるものは

提供した時間(work)
     +
提供した価値 (Valeu)
     + 
提供した信用 (Credit)

です。
テクニカルスキルを必死に向上させ、会社に必死にアピールして信用を構築しよーとする方よりも、ヒューマンスキルがあり、その方に人が集まり会社にとって良いコミュニティーが出来ているならば、会社もそのコミュニティーに注目せざる負えません。
この中心にいる方ならば、よりリーダーシップを発揮しプロジェクトを発展できるのではないかと期待するのは当然です。
このように、会社との信頼関係を構築すべきなのです。

企業がテレビCMなどでお手盛りで広告を流す事で得られる信用よりも、信用があり、良質なコミュニティーを構築されている方が発信した情報の方がその何倍もの価値があるのと同様で、所属する組織内で自然発生的に信頼、信認が集まる方に価値を見出すのは当然なのです。

飲食業界で気楽に働き出世していく戦略策定術  まとめ

飲食業界で結果にコミットしたい働き方をしたい方は、テクニカルスキルをある程度習得し、ヒューマンスキルを高める働き方をすることで周りの方の信用・信頼を勝ち得て、マッチョ主義が横行する飲食業界においてマッチョ主義者と競争せず、華麗にスルーしつつ希少性を手に入れましょう。
そして、それに満足するのではなく生活術などで生活を整え、学習し知識を吸収しつつチャンスを待ちましょう。

 


 

大阪を中心に活動している飲食専門の経営コンサルタントです。

新田飲食開業顧問 Link 飲食店開業コンサルティング 料金プラン

飲食店 開業 コンサルティング 料金プラン

20坪以下の飲食店開業の場合 新田飲食経営顧問の開業プラン 他社コンサルタントの開業プラン
問い合わせ 無料 無料
お見積り 無料 無料
プラン内容 開業まで何度でも直接指導 契約後数回の打ち合わせと指導
料金 契約金+実費 契約金+実費
開業後 サポートあり サポートなし
廃業時 3年以内なら契約金全額返金保証 返金保証なし

※ただし、ご好評につき、ご用命頂いた日程でお約束できない場合があります。 あらかじめご了承ください。

 


お問い合わせ

 


  👇 詳しくもっと見る

20代以下限定でLineでだけの無料相談応じてます。

いつもたくさんのお問い合わせありがとうございます!

お問い合わせや相談が多数なので順番にお答えさせて頂いております。

 


 

~この記事に併せて読んで頂きたい記事~

 

飲食業界で出世するにはテクニカルスキルをある程度習得し、ヒューマンスキルを高める働き方をすることで周りの方の信用・信頼を勝ち得てマッチョ主義が横行する飲食業界において競争せず、華麗にスルーしつつ希少性を手に入れましょう。 そして、満足するのではなく生活術などで生活を整え、学習し知識を吸収しつつチャンスを待ちましょう。
最新情報をチェックしよう!
>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。