20代で飲食店で働き、「苦しい」×「つらい」日常を過ごすあなたへ。 | 飲食経営顧問

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

 

20代で飲食店で働き、「苦しい」×「つらい」日常を過ごすあなたへ。

20代で飲食店で働き、「苦しい」×「つらい」日常を過ごすあなたへ。

職場以外の外部で、「生きる」を相談するメンターを得ましょう。

学生から就職して働きだすと、今までの友人との関係が希薄となり、職場のコミュニティだけが日常を形どっているかのような錯覚に襲われます。


しかし、これは明確な間違いであり、職場の外部との有益な時間を多く過ごす事をお勧めします。


これからの時代は、終身雇用・年功序列が崩壊していく世の中です。


上司や同僚との関係を良くしても自分の出世には影響しません。

とはいえ、上司に気にいられたら良い場所が現時点ではもらえる場合もありますが、それがいつまでも続く環境はなくなると考えています。


そのような組織が今後生き残っていくことはあり得ないからです。


上司の顔色を窺ったり、同僚と社内の情報共有という名のもとのなれ合いで消耗するのをやめましょう。

メンターとは?

メンターとは、人生やビジネスなどの指導者、支援者のことです。『オデュッセイア』という叙事詩の賢者「メントール」がその由来です。メンターは多くの経験や実績を持っているのですが、手取り足取り教えるのではなく、精神的な支えをする人物を指します。


職場の中にメンター制度がある場合もあるでしょうが、あれは本来のメンターだとはいえません。
僕から言わせたら、体よく終身雇用・年功序列を残したい旧時代の盲者どもが作った旧社会を維持したいが為に作り出した制度です。

メンターは自由な新世紀を生きたいのなら、必ず外部の人を探すのがお勧めです。
会社の利害が絡む方が人生のメンターにはなり得ないのです。

飲食で働く人たちの幸せ請負専門家してます。

☝ こちらから無料で良質なアドバイスを個人的に受ける。

あなたが思うほど世間は狭くない。今働く飲食店がクソな場合は転職したらいいよ。

あなたが思うほど世間は狭くない。今働く飲食店がクソな場合は転職したらいいよ

 

仮に、今働く飲食店のオーナーやシェフなどが業界に影響力があり、転職先で不利になるんじゃないかと心配してる人がいるなら、それはあなたの妄想です。


仮に、その影響力があるとされる方が、あなたの不利になるような行動を起こした場合は、今の時代はその何倍にもなってその方へ降りかかってきますから、賢い方はその様な行動はしませんし、バカで行動起こすならNETで大いに晒してやればいいだけです。


今は個人がメディアになれる時代なので、影響力がある人ほど不利なのです。

このようなパターンに当てはまらない場合でも、

マニュアル漬けで試行錯誤の全くない環境でのお仕事の場合、
従業員を下僕か何かと勘違いしてる雇われ社長や2代目社長が経営してる場合、
悪質なみなし残業代が給料に含まれており、不当な残業を強要される場合、
毒上司や毒同僚がいる環境でストレスがハンパない場合、

など、「苦しい」「つらい」と感じれば転職することに、迷う必要なんてないと思います。


過去参考記事 転職は老害からの害悪から自分を守る最善の対策!? 


あなたが素晴らしいと感じてる上司も大抵は井の中の蛙。

あなたが素晴らしいと感じてる上司も大抵は井の中の蛙

 

その組織の中で、あなたが思う自己実現ができていると感じている方は、大抵は大した収入を得ていませんし、能力も中途半端です。

これまでの社会で出世してきた人たちは、

年功序列・終身雇用で、我慢して上席に迎合してきた結果に対して評価されてきた方たちが会社上層部のほとんどを占めています。

そういった人たちが、その組織の外に出た場合に、個人の価値を世間に評価される能力など持ちえない方の方が多いと認識してください。


100分の1になれる程度の能力の方なら腐るほど世間には存在しています。

その程度の能力の方をベンチマークして学ぼうとしてしまうと、自分自身も汚染されて、その程度の価値しか生み出せない世界観で生きていくことになります。

 

20代で飲食店で働き、「苦しい」×「つらい」と感じている人たちに言いたい。

若さはそれ自体が可能性であり、身近な小さな価値にフォーカスする意味などないのです。

 

飲食店はつらくないし、苦しくないし、きらくな職場。

飲食店はつらくないし、苦しくないし、きらくな職場

 

飲食店は、多種多様な価値観や生活感をもった方が活躍する職場で、夢に向かって今ココだけを見ていない人たちも多く活躍しているフィールドです。

キャリア志向の人だけが努力すればいい。これからの働きかた。

自由な新世紀を生きようと決めれば、自分のキャリアを掛け合わせる発想が必要です。


一つのキャリアだけで自己実現は達成しません。


例えば、シェフとなりシェフのスキルだけを研磨していくと経営力から乖離します。シェフとして得た知識と能力を活かして、経営に関する知識を掛け合わせていき、シェフが経営、マネジメント、マーケティング等をトータルで試行する仕事が出来るようになった時に資産化していくのです。


自分にストックされた能力を掛け合わせる発想をもつ事で更に自分を資産化して、先で達成されます。

そして、それらがうまく融合出来た方は、そのフィールドで満足すると優秀な組織人で終わりますから、外部で得られる全く別の道でも一つキャリアを重ねる努力が大切です。


それが、副業の何かでもいいですし、投資などの資産運用でもいい。


まったく新たなプログラミングのキャリアでもデザインのキャリアでもいい。


このように掛け合わせることで圧倒的な唯一の価値を提供できる人材へと自分を押し上げるのです。

飲食店で働き、「苦しい」「つらい」を感じずに自由な新世紀を生きる生活術。

飲食店で働き、「苦しい」「つらい」を感じずに自由な新世紀を生きる生活術

 

飲食店で働くことでキャリア形成を考える人以外は、ただ単にお金(収入)のみを考えて働けばいいと思います。

人は他人との比較で幸福度を感じます。幸福度は基本的には誤差とも錯覚とも言える概念です。
必死に追い求めること自体が非常に高コスパでしんどいんです。

ほとんどの人は周りの知り合いが年収200万円しか稼げていない世界で自分は年収400万円稼ぐ方が幸福度を感じます。

他人が年収2000万円稼ぐ世界で自分が年収1000万円を稼げるよりも、収入が低い中で自分が多い方が幸福度は高いのです。

単純に金額の多い、少ないで幸福度は測れないのです。

よーするに、幸福度なんて錯覚に非常に近いもんなんですよね。

だからこそ、一切、会社や店や共に働く人たちの事を感じ、考えて働く意味なんてありません。


あなたが、そう感じ、考えていても生涯その職場にいる可能性は極めて低く、その職場の人間関係も職場を変えれば、徐々に疎遠になっていくものです。

そのように考えた場合、

その環境に過剰に感情移入する事自体に優位性はありません。

会社や組織などは、個人が都合よく利用するためのツールみたいなものです。

先の未来で、、関わっている人たちの大半は自分の人生に何も影響なんてしません。

自分のライフワークに沿って働き方を選択すればいいだけですし、それが叶わない環境ならば、別の環境を探し出せばいいだけなのですから。

飲食で働き、人間関係が「苦しい」「つらい」のなら、とっとと転職してしまうべきです。
過去参考記事飲食で働きたい!採用が難しい時代の転職サイトの選び方

飲食だけのダブルワークはやめましょう。人間関係が「苦しい」「つらい」「入れない」なら別の飲食店を探したらいいだけ。

飲食だけのダブルワークはやめましょう。人間関係が「苦しい」「つらい」「入れない」なら別の飲食店を探したらいいだけ。

 

人間関係が「苦しい」「つらい」などの相談を受ける場合、一方的に相談者が悪い場合なんてありません。


とはいえ、相談者がその感情に支配される原因を持っている場合も多く、転職すれば解消されるパターンだけではありません。

圧倒的に転職を機に解消されるパターンの方が多く、ヒューマンスキルの高い店舗管理者が居る働きがいのある場所で働いた方が精神衛生上、良いに決まってますよね? 

そもそも収入を得る為に働いているのに「入れない」「入れてもらえない」なんて悩みは論外であり、転職すべしである。


制服が気に入っているや立地のメリットよりもお金(収入)にフォーカスして働くべきです。


時間当たりの労働労力などを考え働き、月給・年収ベースで稼げないのであればキャリア形成を考えて働くパターンがあるが、両方とも手に入らないのならば、そこで働く優位性はありません。


今ココの本当の意味のだけを求めるのは、将来に後悔に苛まれる時が来ると認識しましょう。


以前に年収200万円時代はガチ、飲食店で年収400万貰えてるなら、他で稼ぐを頑張ろうよ。でも書きましたが、どんな時代からでも収入を得たのならば複利を利用して資産運用するための生活術を活用すべきで、飲食店でのキャリア形成を考えてなく夢を追ってるならば尚更にお金(収入)にこだわるべきである。

 

 

自由な新世紀で生きる為のマインドセット(思考術)

自由な新世紀で生きる為のマインドセット(思考術)

 

自由な新世紀を生きるとは、生涯何をしてても生きていけると自覚していることが大切。


しかし、最低でも人に誇れる能力開発を10年で1つ達成する。

(20代で1つ、30代で1つ、40代で1つみたいなイメージ)


そして、生活を整え、今ココと将来の安心を自分の責任で担保すべき。


人はコツコツ長期間継続できない仕様なのでメンターに頼る。


負の感情に自分の精神を支配されない。


無駄な浪費をしない生涯のパートナーを見つける。


動画ではなく、活字で知識やマインドを学ぶ。(出来れば本が良い)

 

外部のコミュニティにも参加しよう。

自分を気軽に受け入れてくれるコミュニティが見つかれば、職場で承認されたいなどの欲求を過剰にもつ必要がなく、自由な発想で仕事の仕方を選べるマインドになります。


メンターと同時にコミュニティ探しも自由な新世紀を生きる上で大切な考え方になると思います。


メンターがサロンなどを運営していれば、そのような場所でもありだと思います。

 

地域収入格差を考えて消耗しない程度の都市で生活すべき。

全国の地域によってお金(収入)に格差があるのはご存じだと思います。


需要のない地域での活動は結局は自分を制限する事になり、精神衛生上よくありません。


しかし、日本の首都での暮らしは生活コストが高く、平均収入の高い地域であそこで切磋琢磨して働くと消耗が激しそうだと感じる方もいるでしょう。


とは言え、若いうちはキャリア開発の観念からもある程度の都市での暮らしをお勧めします。


そーゆー意味では特徴的な大阪、兵庫、京都が重なり合うこの関西エリアは都会感もなく人口が多く、様々な文化を熟成されており、魅力的な生活エリアになっています。

20代で飲食店で働き、「苦しい」×「つらい」日常を過ごすあなたへ。まとめ

20代で飲食店で働き、「苦しい」×「つらい」日常を過ごすあなたへ。まとめ

 

「苦しい」×「つらい」日常から脱する一番の方法は環境を変える事であり、そのようなループから抜け出せずにいるならお金をそれなりに楽に稼げる環境に身を置き、「思考術」×「資産運用」で圧倒的な精神的な安定を手に入れるべきです。


そして、それにはメンターを探すことがディホルトだと思います。

飲食で働く人たちの幸せ請負専門家してます。

 

☝ こちらから無料で良質なアドバイスを個人的に受ける。

 


 

大阪を中心に活動している飲食専門の経営コンサルタントです。

新田飲食開業顧問 Link 飲食店開業コンサルティング 料金プラン

飲食店 開業 コンサルティング 料金プラン

20坪以下の飲食店開業の場合 新田飲食経営顧問の開業プラン 他社コンサルタントの開業プラン
問い合わせ 無料 無料
お見積り 無料 無料
プラン内容 開業まで何度でも直接指導 契約後数回の打ち合わせと指導
料金 契約金+実費 契約金+実費
開業後 サポートあり サポートなし
廃業時 3年以内なら契約金全額返金保証 返金保証なし

※ただし、ご好評につき、ご用命頂いた日程でお約束できない場合があります。 あらかじめご了承ください。

 


お問い合わせ

 

合わせて読んで頂きたい記事

飲食で働いている人たちも「脱社畜」×「資産運用」で豊かな日常を過ごそうよ。
飲食店で働く店長さんは、「視点」×「知識」で最強のノウハウをマスターしよう。
飲食店で働く人たちは何故、「やりがい」や「充足感」が持てないのか?
飲食店で働くというより、人として生きるのに大切な伝わるしくみ。
年収200万円時代はガチ、飲食店で年収400万貰えてるなら、他で稼ぐを頑張ろうよ。

👇 詳しくもっと見る 

20代以下限定でLineでだけの無料相談応じてます。

いつもたくさんのお問い合わせありがとうございます!
お問い合わせや相談が多数なので順番にお答えさせて頂いております。

最新情報をチェックしよう!
>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。