週6勤務はきつい!飲食業界を辞めたいと悩んでいる方たちへ

週6勤務はきつい!飲食業界を辞めたいと悩んでいる方たちへ。 | 飲食経営顧問

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

 

週6勤務はきつい!飲食業界を辞めたいと悩んでいる方たちへ

週6勤務はきつい!飲食業界を辞めたいと悩んでいる方たちへ。

 


 
Name
理想的な精神的な成長と精神的な大人になる条件ってパッと思いつく?
 
Name

なんすかー?w また唐突に変な問題出してくるじゃないですか?
 
Name

俺はさー、早く出世してお金で欲しい物さっさと手に入れてお金使うのさっさと飽きろって思うのよ。
 
Name

それ普通の人は生涯ムリだし。。。
 
Name

そそ! だから特に今は無理ゲーだし、モノを手に入れる欲求は諦めろって思う。早く大人になるべきだなー。

 


 

飲食業界はバカな経営をする会社が多い業界です。

ブラック企業と大手飲食企業には断定すべき会社も多い。

とはいえ、飲食業界だけではなく、バカが経営者の会社では相変わらず非生産的な長時間労働を無駄に強いる会社が多い。

しかし、ある意味お互いさまで、条件の良い会社に就職を願っても就職出来ないスキルしかない方たちがある程度の高額の給料を欲したら、労働者の場合は命と同意の時間を会社に少しでも多く捧げる事しかそれなりの給料を貰える手段なんてないのです。

 

少しでも人手不足で長く労働してほしい資本家と
少しでも命と同意の時間を捧げても給料をたくさん得たい労働者

 

ある意味WIN-WINの関係ではないでしょうか?

とはいえ、きつい要因として、ほとんどの飲食店の社員が週6勤務を強いられている事実があります。

中にはこの週6勤務が故に飲食業界を辞めたいと悩んでいる人も多いことでしょう。

そこで今回は、労働者の願望とリアルな未来について考えていきたいと思います。

なぜ週6勤務はきついのか?

果たしてこの週6勤務は違法ではないのか?

今後、飲食業界で週6勤務は改善される余地はあるのか?

こんな点に切り込んでみたいと思います!

 

キツい? 飲食店の週6勤務って?

尋常じゃない?飲食店の週6勤務って?

通常の企業であれば週休2日というのが普通かもしれません。

もうすでに、時期によってはシェアが当たり前の会社なら週休3日や4日って会社もありますよね?

とはいえ、出勤した日しか給料が担保されないので必然的に給料は下がります。

一般的な会社は週休2日、9時から17時勤務が普通でしょう。

しかし、この働き方で最初から年収400万円前後貰える会社がどの程度あるのでしょうか?

おそらく、全体の1割を切ると思います。大抵は300万円台。ヘタすれば200万円台です。

しかし、就職、転職を望む方は少しでも多くの収入のある場所に就職したい。

飲食店は年齢が若くても、年齢を重ねていても、スキルが0でも、頭が悪くても就職すれば年収400万円を貰える職場です。

週2回休めない代わりに年間100万円余分に稼いでるとも言い換えれます。

週は年間約50回ありますから日当2万円です。

それに対して週6勤務の他の職種は見ていきましょう。

その代表格がアパレルや家電量販店などの物販業ですね。

皆が休んでいる時間帯も営業しているので必然的に勤務時間が長くなります。

しかし、物販業の年収を考えてみてください。

年収400万円を就職や転職した初年度から頂ける企業は1割もありません。


一般企業に勤めて週休2日休んで日当2万円捨てる働き方をする。

物販業の様にある程度働き方に余裕を持たせて働けるが週休1日で給料も安い職業を選ぶ。

ブラックだと言われている飲食業を選び金銭的な実利を選択する。

更に身体的な負担が大きいが週休2日あるガテン系で働き、イチかバチか最初は吐くほど安いが、適性が合えば年収1000万円以上稼げる系を選ぶのか。

これは個々の人生戦略の問題でもあります。

週6勤務は労働法違反か?

週6勤務は労働法違反か?

答えは当然、である。

労働法上では、週40時間を超えて働かせてはならないとしているが、36協定を労使で締結すれば、繁忙期には月の残業時間がMAX80時間まで残業させていい事にできるのです。

とはいえ、残業80時間までさせていい月は年に6回まで。

残りの月は45時間以上残業をさせてはいけない事になっています。

また、飲食店は連勤で1週間連続などあるが、あの場合1週間目の労働給は通常時の1.35倍で支給する義務が会社にある。

そして、有給休暇を10日以上ある方に関しては最低年間5日有給取得をさせる義務が会社にも有した事により有給も取得しやすい労働環境にようやく飲食業界もなっていくと思われます。

このように、飲食業界で働く、少しでも余分にお金を稼ぎたい労働者にとって他の企業ならば残業して少しでも余分に稼ぎたくても会社が残業禁止している場合も多く稼げないのに対して、効率的に労働法のギリギリまで働き効率的に稼げる環境に身を置くことが出来る。

 

仮に、飲食で働き、なんぼ何でもギリギリまで働きたくなければ、会社に申請して自分が欲する月の給料に見合う働き方を交渉すればいいのだし、交渉に応じない会社からは転職すればいいのです。

今は労働者の売り手市場なのです。

 

今飲食業界で働くなら、早い段階である程度の収入を得て、生活を安定させて自分のスキルアップを早い段階で加速度的に上げていこうと考えている方が多いとは思いますが、今飲食店で働き、年収400万円以下で働いているのならば、飲食業で働く優位性なんてありませんので転職を真剣に考えた方が良いでしょう。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

 

飲食で週6勤務は改善される?

飲食で週6勤務は改善される?

これは、大変むずかしい問題なのだが、確実に改善されます。

全業界的に圧倒的に職場から追い出される労働者が増え、壊滅的な業界もドンドン増えていく中で、おそらく年齢を重ねて長年勤めたバックオフィスで働く会社員や物販職・営業職などの方たちが再就職できず、派遣労働者に堕ちる未来はもう目前です。

若い方は、体験型の産業に再就職し、能力を試される間はシェアし合う労働時間内で働くようになるでしょうから、週休2~3日残業のない基本給内で働く労働を強いられる事になるでしょう。

会社側も高い賃金を要求される残業や休日出勤で働かせたくないですから、基本給で働く人々がたくさん集まる環境になれば、少しでも安い賃金で労働者を働かせるようにするのは当然です。

そして、一旦派遣労働者に堕ちた労働者は毎日派遣先なんかにありつけるはずもなく、自然週にMAX働ける環境に身を置けないでしょう。

そうです。

将来、労働者は命と同意の時間を賭して稼ぎたくとも今の様に余分に稼げない未来が訪れるのです。

そして世界的に平準化された市場では、最低限の収入はまだまだ下がり続けるのです。


今の日本は非常に全体的に見れば、安いと言われている産業でも世界的に見れば非常に高い。

このような不均衡がいつまでも続く未来はありません。

転職してより良い環境を手に入れたいなら今は最良のタイミングなのです。

 

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

 

週6勤務はきつい!飲食業界を辞めたいと悩んでいる方たちへ最後に。

週6勤務はきつい!飲食業界を辞めたいと悩んでいる方たちへ最後に。

これからの時代は、40代で昇給が頭打ちする時代です。

身体がまだ元気で動く間の若い時に、安月給で週休2日などで働いていると、金銭的・経済的な安定を得る事も出来ず、願望ばかり膨らんで、他を羨み批判する事しか出来ない大人になっていきます。

まだ身体が元気ならば、良く体を動かせて、頭を動かし、世の中の歯車として働いている時期にはそれなりに同じ1年1年を賭すのですから、少しでも多く稼げる環境に身を置くべきなのです。

200万円台、300万円台で妥協して働くなどもっての外です。

今まだ労働者が有利な売り手市場です。

しかし、この先に控えている未来はそうではなくなります。

絶対に。

今少しでも稼いでいないと、将来稼いだらいいなどと斜に構えて考えていると、未来でひどい目にあいます。

自分の将来です。すべては自己責任なのです。

情報収集し、賢く生きる道を探りあてましょう。

この時代の激変する過渡期に旧社会的な価値観に翻弄されると人生ツミます。

今生活でいっぱいいっぱいで稼げていないなら、未来も稼いでいないです。

インフルエンサーの言葉は耳に心地いいですが、あなたは世界で1割以下の人材になれる器をお持ちでしょうか?

出来れば、最大限の保険を掛けた生き方を探るべきじゃないでしょうか?


 

大阪を中心に活動している飲食専門の経営コンサルタントです。

新田飲食開業顧問 Link 飲食店開業コンサルティング 料金プラン

飲食店 開業 コンサルティング 料金プラン

20坪以下の飲食店開業の場合 新田飲食経営顧問の開業プラン 他社コンサルタントの開業プラン
問い合わせ 無料 無料
お見積り 無料 無料
プラン内容 開業まで何度でも直接指導 契約後数回の打ち合わせと指導
料金 契約金+実費 契約金+実費
開業後 サポートあり サポートなし
廃業時 3年以内なら契約金全額返金保証 返金保証なし

※ただし、ご好評につき、ご用命頂いた日程でお約束できない場合があります。 あらかじめご了承ください。

 


お問い合わせ

 

👇 詳しくもっと見る 

20代以下限定でLineでだけの無料相談応じてます。

いつもたくさんのお問い合わせありがとうございます!
お問い合わせや相談が多数なので順番にお答えさせて頂いております。

週6勤務はきつい!飲食業界を辞めたいと悩んでいる方たちへ
最新情報をチェックしよう!
>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。