起業ですか?副業ですか?役職・資格、学歴を頼る前にすべきマインド解除

起業ですか?副業ですか?役職・資格、学歴を頼る前にすべきマインド解除

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

起業ですか?副業ですか?役職・資格、学歴を頼る前にすべきマインド解除

起業ですか?副業ですか?役職・資格、学歴を頼る前にすべきマインド解除

半年後、1年後に飲食で開業を考えてる。

そんな人たちが僕の個人相談に訪れた際に僕はいつも質問します。

あなたはこれまでにどんな仕事をしてきましたか?と。

この問いに対して次のように答える人ばかりです。

 

〇〇〇課長をやってきました。
〇〇〇部長をやってきました。
〇〇〇の店長をしてきました。

 

これらはしごとではないですよね?

ただの役職に過ぎません。

僕が質問したい内容は、その役職で何を成したのか?

どのような成果を導き出したのか聞きたいのです。

 

例えば、飲食店の店長として売上が低迷していたお店のチームビルディングに力をいれた結果、売上が昨年対比で130%アップを達成させ、その後異動する店舗の最高売上実績を更新してきた。

 

会社のケイパビリティ強化の責任者として数年間活動し、昨年度ようやく前年対比で120%UPを達成した。

 

新規事業を自分を中心に任され、〇〇〇という商品開発し、これだけの販売実績をあげた。

 

セールスライターとして社内の主となる広報活動に取り組んできた。

 

など、何をしてきたのかが知りたい訳です。

よーするに、その人のスキルがなにであるのかの質問を投げかけたのです。

このスキルが何であるか?

何が身についているか?

このスキルがあるか、無いのか。

起業もしくは副業をして稼げる人、稼げない人を分ける事になるのです。

 

スキルというのはいわゆる『手に職』と言うことではありません。

適切に自分をコントロールする事。

または、チームをコントロールする事です。

このコントロールするスキルは、マインドセットと共にあります。

マインドセットが適切ではなければ、自分またはチームをコントロールする事が出来ません。

 

そして、この適切なマインドセットがあれば、仮に全てを一旦失うような裸一貫の状態になっても、また一から再起が可能になる普遍的な力となります。

 

学歴・資格、そして役職はスキルではない。

学歴・資格、そして役職はスキルではない。

学歴や資格・役職で稼げるようになるなら、非常に簡単ですよね?

そんな考えに支配されたマインドに優位性なんて全くありません。

実際にできる事が何であるのか?

 

大勢の前であがらずに話すのがウマい。
出会った人をすぐに魅了できる。
文章で人を共感させるのが得意。

 

このよーな能力は起業するにしても、副業するにしても非常に強力なスキルに成りえます。

このよーなスキルを持つ方は、人の2倍、3倍の結果を出す可能性があります。

 

今後ますます個人が活躍する時代になっていくでしょう。

役職や資格・学歴を頼りに何かはじめよーと考えている人はこれからの時代は非常に難しい。

実際に、起業セミナーや研修と言われるところに足を運んだら解ると思いますが、稼ごうとする気持ちが凄く前に向いている人が大変おおい。

僕は知識を得る活動は非常に大切だと思いますし、日本人的な頑強なマインドセットである『金は汚し』みたいなクラッチが外れているのは凄く良いことだなーと思います。

 

ウマく行く人は役職・資格・学歴なんかに頼っておらず、会社員としても起業家としても副業をやっても、ツルっとウマくいく人だと思います。

逆説的に言えば、役職・資格・学歴だけに頼っている人はウマくいかない可能性が高いという事です。

残念ですが、これからの時代はマインドセットによって両極化するという事です。

 

役職・資格、学歴は忘れよう。稼げるにアクセスするマインドセットとは?

役職・資格、学歴は忘れよう。稼げるにアクセスするマインドセットとは?

 

最近よく聞く言葉ですよね?

マインドセットとは、経験、教育、先入観などから形成される思考様式です。

この中には、暗黙の了解、その人の思い込み、価値観、そして個人としての信念も含まれます。

とはいえ、組織のマインドセットというのもあります。

組織のマインドセットはその組織の構成や歴史を背景に、企業戦略であったり、経営理念や経営ビジョンのことであったりします。

 

マインドセットである、この自分の様々な過去から受けている思考様式が非常にヤバいんです!

 

 

男性で学生時代に全くモテないだけでなく、まともに女性と話したことがないとしましょう。
社会にでて、本当に自分が心から素晴らしいと思えた人に出会えた時に、学生時代の経験が蘇ってきて『どうせ、俺はモテた事ないし、声を掛けても相手すらされないだろう』と何も行動を起こさずに諦めてしまうアレです。

 

このヤバさ、わかりますか?

え?そんな気持ちになるの当然でしょ?って考える人は注意が必要です。

自分が考える自分と他人が考えている自分には必ず差異があります。

 

マーケティングや心理学などを学んでこなかった人はあまりご存じないかもしれませんが、ジョハリの窓という自分の知らない自分を見つけるフレームワークがあります。
過去参考記事:飲食業界で新ブランドを作る時の自社の強みの見つけ方。

 

自分以外の全ての人、たとえ親子、パートナーであっても、人と人は100%は解りあえませんし、他人の心境を慮って直接的に確認せずに生きていく優位性など全くないという事です。

 

マインドセットが何者であるのか理解できましたか?

マインドセットが良くなくて不自由な世界に生きている例を挙げればいくらでも挙げる事が可能です。

成功者である資本家マインドを持つ人たちは、この様な不自由な世界の住民証であるマインドセットを成功の度合いに応じて書き換えられていると言い換える事ができます。

 

時代に合わせて必要とするマインドセットをインストールしているとも言えます。

 

成りたい自分に成ろうとする事は難しいことではありません。

まず、すぐに行動する事を心掛けるだけです。
過去参考記事:マネジメントをする側になりたければ『すぐにやる』は一番大切なスキル。

 

行動したら、必ず良い結果でも悪い結果でも必ず出ます。

出たら、それに沿って思考し、次の行動に出るだけなのです。

 

このPDCAサイクルを回した経験値が非常に大切で、一度や二度のサイクルを回しただけでは駄目で、鬼の様に回す経験を積み上げる事が圧倒的な結果を生み出すのです。

 

マインドセットを整備して経済的な自由を手に入れる起業、副業は?

経済的な自由を手に入れる起業、副業は?

 

本当の経済的自由とは、働かなくても入ってくる不労収入で生活できる状態のことです。

もしくは、生涯に必要とされる金融資産を手に入れた状態を指します。

 

「不労収入」が生活費を上回ることがポイントですから、高所得者で贅沢な生活を送っている人でも、自分自身が働いて得たお金しかなければ経済的自由を得ているとは言えません。

一流のアスリートも働くことをやめたら、途端に収入はなくなってしまうので、経済的自由であるとはいえません。

米国のトップアスリートで凄まじい収入を得ていたのに現役引退後わずかな年数で破産する人もいますよね?

 

一方で、不労収入の額が少なくても、生活費が下回っていれば経済的自由だといえます。

年金暮らしで悠々と暮らせる高齢者も、このケースに含まれるでしょう。

 

経済的自由を得ることのファーストステップは自分の時間を投じなくても収入がある状態を指します。

年収ベースで他人の数倍、数十倍稼げるけど?などは本当の意味で経済的自由を得たとは言えません。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

経済的自由を得るための3つの手法

経済的自由を得るための3つの手法

 

不労収入をいかに作るかが、経済的自由を引き寄せる事になります。

あなた自身の時間をフルに使うのであれば、不労収入にはなりません。

 

いかに、自分で働かずに収入をあげられるのかがポイントです。

そして、自分で働かずに収入をあげるのに次の3つの方法しかありません。

 

  • お金に働いてもらう(資産運用)
  • 他人に働いてもらう(ビジネス)
  • 権利で稼ぐ(印税、著作権、年金など)

 

それでは、この3つの方法について考えていきましょう。

 

|お金に働いてもらう(資産運用)

 

やはり、資産運用は外せないが国がお墨付きを与えているNISA、iDeCoをせずして初心者が資産運用に性急に飛びつく必要はありません。

NISA、iDeCoをフルフルに活用しても、まだ月々資産運用に回す資金がある人は、手持ち資金を全額突っ込んでいくのではなく、ドルコスト平均法でコツコツ積み立て投資をする事をお勧めします。

 

|他人に働いてもらう(ビジネス)

 

これも結局お金に稼いでもらうの延長線上にあるのですが、敢えて分けて紹介します。

ビジネスオーナーになる発想を持ちましょうという意味です。

最初からガッツリ自分が立ち上げたビジネスで生活する事は考えずに、自分は別の収入を得て生活の基盤を確保しつつ、他人に働いてもらい自分の身体を浮かせつつ、毎月の収入を得ていく考え方を指します。

ここには、ストック型の副業も含まれます。

ストック型の副業の代表的なモノはYouTubeブログなどです。
過去参考記事:幸せな人生を生きるために本業とは別のチャレンジをしよう。

クリエーターとしての仕事は最初からすぐにお金になりません。

それは、ビジネスオーナーでも同じです。

よーするに、クリエーティブな仕事なのだから労働者のように自分が掛けた時間分の対価を得れる類の仕事ではないのです。

しかし、生活をクリエーティブな事に依存せず試行錯誤を高速で繰り返せば、資産化する事は十分に可能なのです。

コレは、ビジネスオーナーでもストック型の副業でも同じです。

 

|権利で稼ぐ(印税や年金など)

 

これに関しては説明が必要だと思います。

いろんな所で年金がアテに出来ないからとか貰えないなど話に出てきませんか?

そんな心配せずとも貰えるから。

今僕が貰えるからと言ったら、そんな楽観的にって感じた人は既に詐欺まがいの毒牙に掛かっている可能性があります。

貰えるとも貰えないとも明確にわからないじゃないですか?

そして、貰える事を前提に生活した方が精神衛生上よくありませんか?

だから、しっかりパートナーにも社会保険に加入してもらい、パートナーも年金が1人前ちゃんと貰える期間を過ごしてもらいましょう。

これだけでも年金生活者になった時に年間すさまじい差になります。

ある程度余裕のある暮らしか、余裕のない暮らしになるかの大きな差になるのです。

 

経済的自由を得るため、まとめ

 

経済的自由を目指すために必要なことは、不労収入を作ることです。

いくら高所得者であっても、不労収入がなければ経済的自由を得ているとはいえません。

お金持ちを目指すのであれば、このマインドセットが必須条件です。

 

役職・資格、学歴を頼る前にすべきマインドセット 

役職・資格、学歴を頼る前にすべきマインドセット

|work、life共に学びの時間に変える。

自分が何をすべきか決まっていないのなら、何も考えずにフワッと生きるのもいいでしょう。

しかし、やるべき事があるなら、将来的にでも経済的な自由を得たいのならすべきことがあります。

土にキュウリの種を植えなければキュウリが出てこない様に、収穫したいモノを自分に植えなければ育つ訳がありません。

知識も同じです。

意識して自分が心から欲する事でカラーバス効果もあり、より鮮明に自分の元に入ってくるのです。

なにより、常に頭をonにしてwork、life共に生きる事です。

例えば、ランチに出かけて食事をするだけの人と、ランチ客やお店に注目し、どのような満たされていない需要が、そのお店にあるのかなど洞察したり、スタッフの心理を読みながら接客を受けたりするのではインプットの量が違います。

一般労働者ならロワーマネジメント層として働いている視点で仕事をする。

ロワーマネジメント層ならば、ミドルマネジメント層として日々の業務に携わるという意味です。

一段高い視点の体得は、より物事の本質を考える事と同意なのです。

|時短生活を意識する。

例えば、自分の部屋を最適化する意識はあるだろうか?

モノの配置、日頃からストックを購入した場所を同じにしたりストック有無が明確であると写メやメモなどに記録するなどを活用すべきです。

日頃から自分が部屋で何を使い、何をあまり使わないか把握し、使う頻度が高いものは自分からすぐに手に届く範囲に配置する工夫や使いやすく工夫は積み重なれば人生で換算すれば凄まじい時短になります。

もっと言えば、住むマンションの部屋を高層にするだけでエレベーターの待ち時間が無駄に増えますよね?

時短を優先した視点を日頃から持つべきです。

通勤時間が長く自分の自由度を奪う車やバイク通勤は非常にマズい選択なのです。

日頃からこのような小さい無駄を省く視点を持っておくべきなのです。

|複眼思考でマルチタスクを活用する。

人を中心にした動物は基本的に2つの目に映ったものを脳で1つに変換してモノを見ています。

しかし、昆虫はどうでしょう。

トンボなどは有名ですが、目の構造自体が複眼になっているので様々な角度で襲ってくる危機に対しての回避能力が非常に高いのです。

現状の社会はどうでしょう。

マルチプルが進んでおり、1つの事象に長く注目していると他の重要な事象を見落としてしまう時代です。

脳を高速化する時短生活で鍛える事も大切ですが、複眼で同時にたくさんの情報に触れる視点も同時に大切です。

|どこでもオフィス思考。

自分のちょっとした休憩時間などを何もせずにフワッと使っている総時間は人生ベースで見ると凄まじい時間を浪費しています。

何も考えずに生きている現代人は時間つぶしの様々な浪費のに引っかかった状態で生きています。

スマホゲーム、YouTube、ネットサーフィンなど携帯する端末によって他人から戦略的に無駄な時間を浪費させられているのです。

そのような無駄を省く為に、スマホ自体を自分を成長させるツールとして使う視点の体得が大切になります。

ボーと眺めるモノから情報やお金を抽出するツールに変更しましょう。

|情報換金術

自分が得意にしている分野、ジャンルを拡張していく思想の体得です。

今プロフェッショナルやエキスパートであるならば、ゼネラリストやスペシャリストになる為の視点の体得と言い換える事も可能です。

現状で体得しているスキルを越えた能力を習得すると、今得ている収入以上を手に入れる事ができます。

更に素晴らしいのは上位視点、上位スキルを身につければ得られる報酬が格段に上がるという事です。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

起業ですか?副業ですか?役職・資格、学歴を頼る前にすべきマインド解除,まとめ。

起業ですか?副業ですか?役職・資格、学歴を頼る前にすべきマインド解除,まとめ。

 

マインドセットが起業するにも副業するにも、他人の傘の下で安く定まるのも大変必要だとご理解いただけたと思います。

とはいえ、副業でも起業でも言える事ですが、退路を断ってやる必要なんてありません。

できるだけリスクヘッジして最低限の生活を確保した上で何度でも何度でも失敗を物ともせず経験値を稼ぎ続けましょう!

仮に、副業が絶対できない環境ならば転職をしてしまえばいいのですから。

 


 

大阪を中心に活動している飲食専門の経営コンサルタントです。

新田飲食開業顧問 Link 飲食店開業コンサルティング 料金プラン

飲食店 開業 コンサルティング 料金プラン

20坪以下の飲食店開業の場合 新田飲食経営顧問の開業プラン 他社コンサルタントの開業プラン
問い合わせ 無料 無料
お見積り 無料 無料
プラン内容 開業まで何度でも直接指導 契約後数回の打ち合わせと指導
料金 契約金+実費 契約金+実費
開業後 サポートあり サポートなし
廃業時 3年以内なら契約金全額返金保証 返金保証なし

※ただし、ご好評につき、ご用命頂いた日程でお約束できない場合があります。 あらかじめご了承ください。

 


お問い合わせ


 

👇 詳しくもっと見る

20代以下限定でLineでだけの無料相談応じてます。

いつもたくさんのお問い合わせありがとうございます!
お問い合わせや相談が多数なので順番にお答えさせて頂いております。

起業ですか?副業ですか?役職・資格、学歴を頼る前にすべきマインド解除
最新情報をチェックしよう!
>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。