飲食で使う用語について改めて解説。飲食業界用語集

飲食で使う用語について改めて解説。飲食業界用語集

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

飲食で使う用語について改めて解説、『飲食業界 用語集』。

用語でわからない言葉があると、頭の片隅に何かずっと引っかかりますよね?

飲食業界で使用する専門用語からビジネス全般で日常的に使われる用語について詳しく解説。

この用語集でインプットしてアウトプットしてください。

繰り返し見て活用して頂くと勝手に憶えられるはずです!

目次

飲食で使う用語について改めて解説、『飲食業界 用語集』。

『ア』行から『ワ』行まで、検索しやすく目次から飛んでいける様に記事を書いていますのでウマく活用してください。

 

飲食用語集 『ア』行。

飲食用語集 『ア』行。飲食業界用語集

アイドルタイム

午後3時前後などの注文が少ない暇な時間帯。

あいみつ

相見積もりの略。複数の業者から見積もりを取ること。
アウトプット
出力。対象から何かが出てくること全般を指す。
アーカイブ
保存記録、公文書など記録物を指す。
アーキテクチャー
コンピューターやソフトウェア、システムあるいはそれらの構成などにおける基本設計や共通仕様、設計思想などまで指す。
アカウンタビリティー
会計上の説明責任のこと
アクティビティ
一般的には活動や活気と言った意味だが、ユーザーの最近の活動状況を表す言葉として用いられることが多い。
アクティブリスニング
コミュニケーション技法のひとつで、相手の言葉をすすんで傾聴する姿勢や態度。積極傾聴。
アグリー
指示する、同意するの意味
あご足まくら
「あご」は食費、「あし」は交通費、「まくら」は宿泊費を意味する。食費、交通費、宿泊費が支給されること。
アサーション
表明、断言、主張などの事。
アジェンダ
行政や政治、公共政策などの分野で、政策課題、行動計画などの意味で用いられる。
アジリティ
ビジネスの分野で、企業などが事業環境や状況の変化に対応する素早さ、柔軟さの事。
アセット
資産、財産のこと。ビジネス上の強みの意味合いでも用いられる。
アップデート
更新(する)、改訂(する)、最新の状態にする、という意味の英単語。
アドセンス
Googleアドセンスの意味。Google社がWebサイト運営者に提供している広告配信サービス。
アナウンス
通知、告知すること。
アピアランス
ホール担当だけではなく、スタッフの身だしなみの事で、身だしなみを清潔に整える事も指す。
アフィリエイト
ネット広告の課金方法の1つで、WEBページやメールマガジンなどの広告媒体から広告主のWebサイトなどへリンクを張り、閲覧者がそのリンクを経由して広告主のサイトで会員登録したり商品を購入したりすると、媒体運営者に一定の料率に従って報酬が支払われる方式の事。
アフェリエイトサービスプロバイダ ASP
成果報酬型広告(アフィリエイト広告)の配信事業者。広告主から委託を受けて契約するWebサイトなどに広告を配信し、購入実績などの成果に応じてサイトに報酬を支払う。
アフォーダンス理論
過去の経験や知識に基づき対象物に対する行動が紐づけられている心理学的理論。
アライアンス
提携先のこと。より具体的には、いくつかの企業が経済的なメリットを享受するために、お互いに緩やかな協力体制を構築すること。
粗利益高
売上高-売上原価の計算式で求められる。大まかに示される利益。粗利(あらり)と略されることが多い。
アーリーアダプター
新しい技術やサービスに早い段階で興味を示し、利用する人たちの事。
アルゴリズム
物事を進めて行く、問題を解決するための明確化された手順のこと。
アンガー マネジメント
自分の怒りをコントロールし、適切なコミュニケーションに繋げる取り組みの事を言います。自身の怒りを客観視し、原因を把握する事により、その抑制を習慣化する事ができます。
アンカリング効果
最初に印象が残った数字やモノがその後の判断に影響を及ぼす認知バイアスの一種。
アンダードッグ効果
劣勢なものに対して同情を覚えてしまう心理効果。
アントレプレナーシップ
事業創造や新商品開発などに高い創造意欲を持ち、リスクに対しても積極的に挑戦していく姿勢や発想、能力などを指す企業家精神の意味。
アーンドメディア
ソーシャルネットワークのように、信用や評判の獲得を目的とするメディア。earned とは(信用、評判)を獲得するという意味です。

飲食用語集 『イ』。

イーコマース

インターネットやコンピュータなど電子的な手段を介して行う商取引の総称。

イートイン

店内で食べる事。テイクアウト(持ち帰り)の反意語。

イクスピアリアンス・マーケティング

商品やサービスを提供することより、購入プロセスを通して心に残る経験を提供することを重視したマーケティング手法のこと。
イシュー
ビジネス上の論点、課題、問題など。特に重要なものを指す。
1万時間の法則
ある分野で成功するために必要といわれている時間が約1万時間。1日3時間を毎日、10年続ければ約1万時間になる。
一貫性の原理
自分の発言や行動に一貫性を持たせたいと思う心理学的な原理。
イテレーション
一連の工程を短い期間にまとめ何度も繰り返すことで次第に完成度を高めていくアプローチが取られることがあるが、この繰り返しの単位となるサイクルのことを指す。
イニシアチブ
主導権の事。
イニシャルコスト
物事を始めたり、新しい物を使い始める際に、最初に必要になるコストのこと。
居抜き物件
居抜き物件(いぬき)とは、過去に入っていたお店の内装や厨房設備、空調設備、什器が残ったままになっている物件の事。
イノベーション
新しいアイデアや技術で新たな利益をもたらす革新のこと。
インジケータ
標識、計器、表示器、指針、指標などの意味を持つ英単語。対象の状態を標示する装置などのことや、状態を知る手がかりとなる指標などを指す。
インセンティブ
一定の条件を満たすことで報奨を得られる制度のこと。
イントレプレナー
「社内起業家」もしくは「企業内起業家」を意味します。イントラプレナーと呼ばれることもあり、企業内で新規のビジネスを立ち上げる際にリーダーとしての役割を担う人材です。
インフレ
物価が継続的に上昇することを意味する経済用語。同じ値段で買える物の価値が相対的に下がる現象が発生することの連想から、あるものが供給過多になり相対的に価値が下がることの例えとしても使用する。

飲食用語集 『ウ』。

ウィンザー効果

直接得た情報よりも第三者経由で得た情報を優先してしまう心理効果。
ウェイティング
満席で、お客様が待って頂いてる状況。
ウェブAPI
コンピュータプログラムの提供する機能を外部の別のプログラムから呼び出して利用するための手順・規約の類型の一つで、HTTPなどWEBの技術を用いて構築されたもののこと。
ウェブユーザビリティ
WebサイトやWebページの使いやすさ、分かりやすさを指す。
ヴェブレン効果
購買価格が高額になるほど、その商品、サービスに対する購買行動を起こしやすくなるという心理効果。
ウォータードリップ
水だし珈琲の事。冷水で時間を掛けて抽出する事。
ウォンツ
少しでも良くなりたい、と望む消費者欲求のこと。潜在するニーズ。
売掛
代金の決済を商品の受け渡し時点でなく将来のある期日に行うことを約束して売買を行う取引のこと。

飲食用語集 『エ』。

エゴサーチ

有名人などがインターネットで自分の名前を検索し、評判などを調べること。自身、自我などを意味する英語の接頭辞 “ego” に、検索を意味する “search” を組み合わせた造語。

エビデンス

言った言わないの証拠、言質のこと。
MTG
「meeting」の略。ミーティング。会議。
エンゲージメント
約束、契約、誓約、婚約などの意味を持つ英単語。ビジネスの分野では、企業などと従業員の相互の深い結び付き、顧客や消費者の企業や製品、ブランドなどへの愛着心や親近感などの意味でよく用いられる。
エンドユーザー
ある製品を実際に使ったり消費したりする人や組織のこと。製品の作り手や売り手から見て、直接の顧客(クライアント)や所有者と、実際の利用者が異なる場合に用いられる概念。
エンパワメント
会社の構成員が発展や改革に必要な力を付けること。また、その力を与えるようにすること。

飲食用語集 『オ』。

オウンドメディア

Webサイト、ブログ等、自社所有のメディアで、多様なメディアを統合・補完するハブの役割を担うもの。

落とし込み

アイデアや発想をを具体的な行程や手順に適用すること。

落とし所

ある問題や対立する事柄において、最終的に落ち着く着地点、妥協点。
オピニオンリーダー
集団の中で、意思形成に大きな影響を持っている人物のこと。
オープン価格
販売される商品に対しメーカーが希望小売価格を定めないこと。
オープンソース
人間が理解しやすいプログラミング言語で書かれたコンピュータプログラムであるソースコードを広く一般に公開し、誰でも自由に扱ってよいとする考え方。また、そのような考えに基づいて公開されたソフトウェアのこと。
オリエンテーション
新しく入った者に対し、組織の仕組みやルール、仕事の進め方について説明すること。
オルタナティブ
代替案、二者択一の事。

飲食用語集 『カ』行。

飲食用語集 『カ』行。

 

カクテルパーティ効果

どんな騒音の中でも自分に関係する会話や噂話には自然と意識が向く現象。
確証バイアス
一度先入観を持つと新しい情報が入ってきても無意識的に先入観を後押しする情報のみを受け取ってしまう心理効果。
掛け率
販売価格に対する仕入れ価格の割合。販売価格が10,000円、仕入れ価格が4,000円であれば、掛率は40%。
ガジェット
目新しい道具、面白い小物、ちょっとした装置、といった意味を持つの英単語。ITの分野では小型の電子機器や携帯型の情報機器などを指すことが多い。
カスタマー
顧客、得意先、取引先などの意味を持つ英単語。製品やサービスの販売先のこと。
カスタマイズ
要求に合わせて直す、特注で作る、といった意味。
カテゴリーキラー
特定の分野の商品に絞って豊富に品揃えし、低価格で販売する量販チェーン店の意味。
カニバリゼーション
共食いの意味。同じ分野で自社の異なる商品が競合してシェアを分け合い、売上を奪い合ってしまう状態。
カラーバス効果
意識した事柄についての情報が次々と自分に集まってくるという法則。
ガラパゴス化
製品やサービス、技術、およびその市場や産業などが日本国内だけで独自の変化を遂げ、国際的な標準や市場から孤立してしまう現象のこと。
カリギュラ効果
何かを禁止されると気になったり、逆にやってみたくなる心理効果。
ガントチャート
プロジェクトの工程管理などで用いられる図表の一つで、縦に並んだ棒グラフの列で計画や進捗を視覚的に表したもの。

飲食用語集 『キ』。

機会損失(チャンスロス)

在庫切れなどにより販売期間を逃すこと。売る側が本来得ることが見込まれた利益を得られなかったことによる損失。
キャッシャー
レジが置かれた会計テーブルスペース。または会計を担当するスタッフ。
キャッシュ
低速な記憶装置や伝送路から読み出したデータのうち、直近に読み込んだものや使用頻度が高いものを高速な記憶装置に複製しておくこと。
キャッシュフロー
お金流入、流出の流れ。
キャパシティ
収容能力、容量。需要に合わせて必要なリソースを適宜、最適なコストで確保・供給する一連の活動を指すこともある。
キャプチャー
捕獲(する)、争奪(する)、占領(する)などの意味を持つ英単語。
キャリー
客席に料理や飲み物を運ぶポジション。
キャリアパス
キャリアを積む道を意味し、ある一定のキャリアに到達するためにどのような業務経験・スキルを身につけるかという道筋の事。
競合
競い合う事。同一市場で複数の会社・個人がシェアを奪い合う事。
キラーコンテンツ
サービスなどに多くの利用者が集まる(あるいは普及する、購入される)理由やきっかけとなる、特別に人気の高い提供内容。

飲食用語集 『ク』。

クエリ

質問(する)、照会(する)、問い合わせ(る)、尋ねる、疑問などの意味を持つ英単語。
クオリティ
製品やサービスの有する品質・特性。

クッキー

Webサイトの提供者が、Webブラウザを通じて訪問者のコンピュータに一時的にデータを書き込んで保存させる仕組み。

クライアント

依頼人、顧客、得意先の意味。
クラウドサービス
従来は手元のコンピュータに導入して利用していたようなソフトウェアやデータ、あるいはそれらを提供するための技術基盤(サーバなど)を、インターネットなどのネットワークを通じて必要に応じて利用者に提供するサービス。
クラウドソーシング
不特定多数に業務委託する業務形態の事。
クリティカルマス
ある商品やサービスの一定の生産量や販売量を超えると爆発的に普及したり市場での認知が高まるような場合における、その生産量や販売量のこと。
クーリングオフ
訪問販売や割賦販売において、契約の後に冷静に考え直す時間を消費者に与え、一定期間内であれば消費者から無条件で契約を解除できる制度。
クロージング
クライアントに購入や契約を決断させる事。
グローバルスタンダード
特定の国や地域などの限定された範囲ではなく、世界規模で通用する基準の事。

飲食用語集 『ケ』。

経営資源

会社の経営を行う上で必要な要素。人材、資金、情報、信用、期限(時間)など。
KGI

「Key Goal Indicator(重要目標達成指標)」の略。企業目標やビジネス戦略を実現するために設定した業務プロセスが実際に達成されたか否かの評価基準。

KSF

『Key Factor for Success(重要成功要因・主要成功要因)」の略。目標達成のために決定的に重要となる要因のこと。また、目標達成のために最も力を入れて取り組むべき活動や課題のこと。
KPI
「Key Performance Indicator(重要業績評価指数)」の略。企業目標やビジネス戦略を実行するために設定した業務プロセスが具体的にどれくらいの度合いで実行されたのかの評価基準。
ケイパビリティ
ある事業を成し遂げる時の「組織としての能力」や、その組織が持つ独特の強みを指します。
ケーススタディ
実際に起きた例を取り上げ、その過程を詳細に分析して問題などを体系化する事。
ケータリング
顧客の指定する会場や場所に出向いて食事を調理、盛り付けして提供するサービス。
決定回避の法則
選択肢が多くなってしまうとかえって選択する事ができなくなってしまうという心理効果。
限界効果逓減の法則
消費すれば消費するだけ満足の総量は増えても満足度は徐々に減っていく現象。
原価率
販売価格のうち原価が占める割合の事。「原価÷販売価格」で計算する。
検索エンジン最適化(SEO)
サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。また、そのための技術やサービス。
現状維持バイアス
人は変わる事を嫌い、現状維持したいと漫然と考える心理傾向。

飲食用語集 『コ』。

コアコンピタンス

競合他社を圧倒的に上回るレベルの能力、あるいは競合他社にまねできない核となる能力。
行動科学マネジメント
結果を変えるためには、そのプロセスである行動を変える必要があると考え、行動を具体的に分析することで、無理なく目標を達成させ、社員のやる気をアップさせる技術。
幸福の土台
金融資本、人的資本、社会的資本によって自分を支える充足感を感じる為の土台。
顧客ロイヤルティ
複数の製品やブランドが競合している市場で、消費者が好んである製品やブランドを選択・購入したり、顧客が好んで繰り返し特定の製品やブランドを購入することや、その度合いの強さを意味する。
コストパフォーマンス
費用対効果。費用にたするパフォーマンスの良し悪しを表す言葉。
コストリダクション
費用削減の事。
コーポレートガバナンス
企業統治。会社の不正行為を防止したり、適正な事業活動を維持し、また、競争力や収益力を長期的に向上させる仕組みを構築すること。
コミットメント
責任を伴う約束、決意表明の意味。約束した目標に対して責任を持つ事を指す場合もある。
コモディティ
市場参入時には高付加価値を持っていた機能が次第に市場価値が低下し、一般的なものになること。
コンサルタント
企業(まれに行政など公共機関)などのクライアントに解決策を示してその発展を助ける業務を行うことである。
コンシューマ
一般の消費者の事。特に企業ではない個人としての顧客を指す。
コンセプト
概念。意図、テーマ、構想などの意味。
コンセプチュアルスキル
曖昧で抽象的な正解答のない事象に対して論理的かつ創造的に向き合うことにより、誰もが納得する解答と鮮明な将来・ビジョンを描くことができる能力。
コンセンサス
関係者の同意・納得の事。
コンバージョン (CV)
WEBマーケティングの分野では消費者や見込み顧客が、商品の購入やサービスの加入などを行うことを、顧客への転換という意味で使う。
コンプライアンス
順守、準拠、適合(性)、整合(性)、従順などの意味を持つ英単語。日本語の外来語としては、企業が法律などのルールを守ることを意味する。
コンフォートゾーン
ストレスや恐れ、不安を感じることがなく安心して過ごせる環境のこと。
コンフリクトマネジメント
組織内で発生する意見・感情・利害の衝突、争い、論争、対立を組織の課題解決や成長のために活用する手法。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

飲食用語集 『サ』行。

飲食用語集 『サ』行。

ザイオンス効果

人は何度も目にしたり、耳にしたものに対して好感を抱きやすくなる心理効果。
サジェスト
商品をお客様に勧める事。
サスティナビリティ
持続可能性。
サプライチェーンマネジメント
自社内あるいは取引先との間で受発注や在庫、販売、物流などの情報を共有し、原材料や部材、製品の流通の全体最適を図る管理手法。
サプライヤー
仕入先、供給元、納品業者などの意味を持つ英単語。業務や事業、商品に必要な機材や資材、部品、原材料、サービスなどの売り手のこと。
サンクコスト効果
既にかけたお金や手間暇・労力に固執して、将来に向けた正しい意思決定ができない心理効果。
3の法則
根拠が3つあると、それらしく感じる心理効果。
3C分析
「Costomer(顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」の3つの視点で情報を整理・分析する事でマーケティング戦略の土台を整理するフレームワーク。

飲食用語集 『シ』。

シェア

自分の持っている情報等を他人と共有する事。
シナジー
相乗効果の事。
シュリンク
市場が縮小する事。データ圧縮する事にも使われる。
商圏
ある商業施設や商店が商取引を行う際に影響を及ぼす地域・範囲の事。
商社
輸出入貿易ならびに国内における物質の販売業務を中心にした業態の会社。
情報セキュリティマネジメント
企業内における情報のセキュリティを確保するための手法。
シルバー
ナイフ・フォーク・スプーンを指す。

飲食用語集 『ス』。

スキーム

枠組みのある計画、または計画ある枠組みの事。
スケラビリティ
機器やソフトウェア、システムなどの拡張性、拡張可能性を指す。
スケルトン
何もないコンクリ打ち付けのままの賃貸物件。
ステレオタイピング
こういう人はこう!と安易にレッテルをはってしまう心理効果。
ステークホルダー
株主や債権者・取引先・顧客などの企業の利害関係者。
ステルスマーケティング
企業などが自社の製品やサービスの広告・宣伝を、それが広告・宣伝であることを秘匿して行うこと。また、広告・宣伝のために虚偽の内容をメディアなどを通じて流すこと。
ストアコンパリゾン
競合店を調査し、自社の営業力の強化に役だてる事。
ストレスマネジメント
職場におけるストレスをコントロールし、社員のパフォーマンスを向上させる手法。
スノッブ効果
他人と違ったもの、希少なものを欲しくなる心理効果。
スペック
“specification”の略語で、仕様(書)、明細(書)、諸元表、設計書、などの意味を持つ英単語。
スリーパー効果
ある事象への懐疑的態度が時間の経過とともに信頼的に変化していく心理効果。情報源の信頼性の忘却が、情報自体の忘却より早いために起こる。

飲食用語集 『セ』。

咳エチケット
咳やくしゃみ時に鼻や口を覆う行為。
席回転率
1日に総客席をお客様が何回転したか示す指標。
セクショナリズム
会社内の各部署、部門が互いに強調せず自分たちの権限や利害にこだわって他を排斥する傾向。なわばり争い。
セグメンテーション
不特定対数の人々を同質なニーズを持った顧客集団に分けること。市場細分化。
セグメント
市場で共通のニーズを持ち、購買行動が似通った顧客層の事。あるいはその調査方法。
前提不変バイアス
前提こそ疑うべきものなのに、前提はそう簡単に変わらないと考えてしまう心理傾向。

飲食用語集 『ソ』。

ソーシャルグラス
SNSなどの社会的繋がりを反映したネットサービスで、利用者同士の結びつきを表す情報をソーシャルグラフ(social graph)という。
ソース
源、起源、情報源、発信源、原典、出典、転送元、複製元、水源、光源、音源などの意味を持つ英単語。
ソースコード
プログラミング言語などの人間が理解・記述しやすい言語やデータ形式を用いて書き記されたコンピュータプログラムのこと。
SOHO
自宅や小さな事務所を拠点に、個人あるいは少人数で運営される小規模な事業(者)。また、そのような働き方や、そのような事業者向けの小さな格安の賃貸オフィス物件の事。
ソリューション
解答、解決策、解決、解法、溶解、溶液などの意味を持つ英単語。ビジネスでは、顧客の抱える問題・課題を解決したり、要望・要求を満たすことができる製品やサービス、およびその組み合わせのことを指す。

飲食用語集 『タ』行。

飲食用語集 『タ』行。

ダイバーシティマネジメント

価値観・性別・雇用形態などの多様化を受け入れ、それをポジティブな企業文化へ整備するための手法。
ターゲティング
商品やサービスを市場に投入する際に目標とする顧客層を定める事。
タスク
課せられた仕事・職務の事。
ダスター
台ふき。
たたき台
意見を出したり検討したりするために用意する原案。
タレントマネジメント
優秀な人材のスキル・パフォーマンスを把握し、適材適所に配置できる環境を整備する手法。

飲食用語集 『チ』。

チェンジマネジメント
組織の変革をスムーズに、かつ効率的に行うための手法。
チュートリアル
個別指導(の)、個人指導(の)、指導書などの意味を持つ英単語。
チームマネジメント
チームリーダーとして目標達成する為に適切なコミュニケーションと成功体験を共有させながらチームのパフォーマンスを最大化する手法。

飲食用語集 『ツ』。

ツァィガルニク効果
完了した課題よりも未完了の課題の方が記憶に残りやすい心理効果。
ツール
道具、工具、用具、手段、方法などの意味を持つ英単語。

飲食用語集 『テ』。

ティア
段、段階、層などの意味を持つ英単語。ビジネスでは何らかの階層的な構造を構成するそれぞれの階層のことをティアということが多い。
ディドロ効果
普段の生活の中に新たに高水準のモノがもたらされた場合、所有物の統一感を持たせようとする心理効果。
ディファクトスタンダード
特定の市場における競争で広く採用された結果として、事実上で標準化した基準を指す。対義語はグローバルスタンダード。
ディレクトリー
話帳(phone~)、住所録、名鑑、要覧、指導書、規則集などの意味を持つ英単語。ビジネスでは、多数の対象をその所在などの情報と共に一覧できるよう整理したものを意味することが多い。
テキストエディタ
文字だけで構成されるテキストファイルの作成や編集を行うためのソフトウェア。
デシャップ
キッチンで作った料理をホールに出す提供口の事。
テクスチャ―
食感、口当たり、弾力、滑らかさ、舌に感じる感触の事。
テクニカルスキル
自分に与えられた職務を遂行するために欠かせない知識や技術、技術熟練度のことを指すビジネス用語。
デバイス
機器、装置、道具という意味の英単語。ITの分野では、比較的単純な特定の機能・用途を持った部品や装置という意味で用いられることが多い。
デフォルト
席、怠慢、不履行、棄権、初期値、既定値などの意味を持つ英単語。
デベロッパ
開発者、開発元という意味の英単語。
データマネジメント
データ管理におけるヒューマンエラーを防ぐ為の手法。
テンションリダクション効果
大きな決断や成功の直後に緊張が緩和してしまう心理効果。

飲食用語集 『ト』。

ドアインザフェース・テクニック
はじめに大きな要求をして断らせ、そのあと小さな要求をする心理的テクニック。
トップマネジメント
組織の最高経営陣による方針・決断を組織内に下ろす為の手法。
ドラスティック
徹底的な、抜本的な、思い切った、過激なという意味。主に、大規模な改革を行う場合に使われる。
トラッキング
追跡、追尾という意味の英単語。
トラフィック
交通(量)、通行(量)、往来などの意味を持つ英単語。
トリガー
引き金(を引く)、引き起こす、起動装置、作動させる、などの意味を持つ英単語。
トリミング
刈り込む(こと)、切り取る(こと)、整頓(する)、仕上げ(る)、などの意味を持つ英単語。
トレンチ
料理や飲み物を運ぶ際に載せるトレイを指します。
特に銀やステンレス製の丸盆のみを指す飲食店もあり。
トレーサビリティ
食材の履歴の事。
トレース
跡(をつける)、形跡、証拠、小道、なぞる、たどる、追跡する、などの意味を持つ英単語。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

飲食用語集 『ナ』行。

飲食用語集 『ナ』行。
慣れた道具効果
前の方が良かったと多少非効率でも慣れたモノの方がいいと感じる心理傾向。
ナレッジ
組織にとって有益な知識・事例など付加価値のある情報。
ナレッジマネジメント
優秀な従業員が持っている熟練された知識や経験、スキルを組織内で共有し、組織全体のスキルを向上させ、パフォーマンスを最大化させる手法。

飲食用語集 『ニ』。

ニーズ
要求、需要、消費者が欲しがっているモノ。
ニッチ
隙間やくぼみの事。市場の一部構成する特定のニーズをもつ小さな市場を指す。

飲食用語集 『ヌ』。

飲食用語集 『ネ』。

ネゴシエーション
交渉や取引などの話し合いの事。
ネームサーバー
DNSサーバーの略。インターネットなどのTCP/IPネットワーク上でドメイン名やホスト名とIPアドレスの対応関係を管理するコンピュータ。

飲食用語集 『ノ』。

ノイズ

取り扱う対象となる信号やデータ、情報などの総体のうち、目的に照らして必要のない、余計な要素や部分のこと。
ノード
節、結節(点)、節点、交点、中心点、集合点、こぶ、膨らみ、などの意味を持つ英単語。
ノーマライゼーション
データなどをある基準や形式に適合するように、一定の手順や規則に従って変形・変換すること。

飲食用語集 『ハ』行。

飲食用語集 『ハ』行。
バイアス
先入観、偏見、偏りや傾向。仏語「biais」に由来する。
バグ
「虫」という意味の英単語で、コンピュータの分野ではプログラムに含まれる誤りのことを指す。
バジェット
予算(案)の事。または特定の用途の為の経費。
バスマーケティング
元々は口コミマーケティングを指す。現在はソーシャルメディア上で活用される。
パッシブ
受身の、受動的な、受動態、活動的でない、不活性な、言いなりの、従順な、などの意味を持つ英単語。
バッシング
テーブルから食べ終わった食器を下げる事。
バッファ
緩衝の事。物体に限らず、時間・データ・人など余裕を持たせている部分を指す。
パフォーマンスマネジメント
従業員のスキルアップ・モチベアップ・目標達成を同時に行う為の手法。
パブリック
公的な、公有の、公共の、公開の、などの意味を持つ英単語。一般の外来語としては「公共の」「広く一般に開かれた」という意味で用いられることが多い。
パーソナルスペース
コミュニケーションを取る時の近づくことを許せる、個人周囲の空間のこと。
ハードトゥゲット
手に入りにくい対象を「あなたのために」「あなただけに」と言って提供する手法。
バーナム効果
誰もが該当するような曖昧な表現を、あたかも自分だけに当てはまるものだと捉える心理効果。
パラダイム固執
パラダイムの変化を認められず、既存のパラダイムで物事を合理化しようとする心理傾向。
パラダイムシフト
ある時代や分野で支配的な規範が革命的、劇的に変化すること。
バリアフリー
高齢者や社会的弱者、障害者が社会生活に参加する上で支障となる物理的な障害や精神的障壁を取り除くこと。
バリュー
値打ち、価値の事。
バリューチェーン
企業活動を、最終的に顧客に提供する製品やサービスに価値を付加していく工程の連鎖として捉えたもの。
パレードの法則
成果の80%は20%のリソースから生まれているという法則。売上の80%は20%のセールスマンが稼ぎ、利益の80%は20%の製品が稼ぐ等、ビジネスでよく使われる法則。
ハロー効果
ある一つの目立って優れた、または劣った特徴により、その人物や物事全体が優れている、劣っている、と見なされること。
ハンディ
キッチンの小さなプリンターと連動したお客様の注文を入力する端末。
バンドワゴン効果
サービスを利用する人が増えれば増えるほどユーザーの満足度が高くなる心理効果。

飲食用語集 『ヒ』。

ピグマリオン効果
人間は他人から期待されている成果を出してしまうという心理効果。
ビジネスプロセスマネジメント (BPM)
企業などで業務の流れ(ビジネスプロセス)を把握・分析し、継続的に改善・最適化していくこと。また、専用の情報システムを用いてそのような改善活動を実施すること。
ビジネスモデル
もっともシンプルな構造では、誰が誰にお金を払うのかという二者関係の事。
ビデオオンデマンド (VOD)
放送・通信関連サービスの一つで、視聴者が好きなときに好きな動画作品を見ることができるもの。
PDCAサイクル
Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の4段階を繰り返すことで業務を継続的に改善するフレームワーク。
B to B
企業か取引の事。「B」は「Business」の「B」で、他に「B to C」もあり、このとき「C」は「Consumer」の「C」。
P2P (ピアツーピア)
ネットワーク上で機器間が接続・通信する方式の一つで、機能に違いのない端末同士が対等な関係で直に接続し、互いの持つデータや機能を利用しあう方式。また、そのような方式を用いるシステムやソフトウェアなどのこと。
ヒヤリング
相手の要望や意見、意向を聞き取ること。
ヒューマンスキル
「対人関係能力」とも呼ばれ、人間関係を良好に保つために必要な能力のことを指します。
ピークエンド効果
サービスを受けた時の印象が一番高い時と最後の瞬間の平均でそのサービスの質を判断する心理効果。
ピーターの法則
組織内で人が能力の限界まで昇進すると無能化してしまうというもので、放っておくと組織の崩壊に繋がります。

飲食用語集 『フ』。

ファイアウォール

あるコンピュータやネットワークと外部ネットワークの境界に設置され、内外の通信を中継・監視し、外部の攻撃から内部を保護するためのソフトウェアや機器、システムなどのこと。
5Forces分析
新規参入の脅威、代替品の脅威、業界内の直接競合、買い手の交渉力、売り手の交渉力から業界構造を分析するフレームワーク。

 

フィードバック
ただ結果を分析、対象に報告するだけではなく、計画立案や実践行動の反省点についての情報伝達の事。
フィンテック
金融と情報・通信技術を融合して産み出された、従来にない新しいサービスやシステムの総称。“Finance”(金融)と“Technology”(技術)を組み合わせた造語。
フェーズ
変化・発展する物事の段階、局面の事。
不作為バイアス
何かやって失敗するより、何もしない方が責任を負わず、非難されないと考える心理傾向。
フットインザドア・テクニック
小さな要求を繰り返し大きな要求を達成する心理的テクニック
プライオリティ
優先度、優先順位を指す。
プライミング効果
先行情報に引っ張られて物事を考えてしまう心理効果。
プラシーボ効果
効果があるという思い込みによって本来効果がないはずのものに効果を感じる心理効果。
ブラックスワンバイアス
確率が極めて小さい事象に対して過度にその確率を過小評価する心理傾向。
ブラッシュアップ
質を高める、完成度をあげる事。
フラット
公平な、偏りのない事。
ブランディング
顧客にとって、より価値のあるブランドを構築するための活動のこと。
ブルーオーシャン戦略
競争の激しい既存市場をレッド・オーシャン(血で血を洗う赤い海)、競争のない未開拓市場をブルー・オーシャン(静かな青い海)と定義し、企業はこのうちブルー・オーシャンを開拓するべき、と主張する経営戦略のこと。
フルコミット
約束した目標に対して責任を持つことを指す。
ブレスト
ブレインストーミングの略で、小グループでアイデアを出し合うことによって、相互交錯の連鎖反応や発想の誘発を期待するアイデア発想法。
プレゼン
プレゼンテーションの略で、情報を提示し、理解や納得を得る為の活動を指す。
フレーバー
風味、香りの意味。
プロジェクトマネジメント
組織内におけるプロジェクトを成功させるための手法。
プロスペクト理論
人は利益を得る事より、損失を避ける事に重きを置く心理効果。

飲食用語集 『ヘ』。

ペイ
割に合う、回収できる事。
ペイドメディア
PPC広告、バナー広告等、支払いを伴う費用対効果を重視するメディア。
ペイパービュー (PPV)
動画の視聴などに対する課金方法の一種で、作品を一本閲覧するたびに決められた料金を徴収する方式。
ベストプラクティス
過去最高の事例、あるいは最も効果・効果的な実践方法の事。
PEST分析
「Politics(政治)」、「Economy(経済)」、「Society(社会)」、「Technology(技術)」の4つの視点で市場背景を理解するためのフレームワーク。
ベネフィット
利益・恩恵の事。
ペルソナ
商品・サービスを提供する会社が仮想的に設定する自社コンテンツの典型的なユーザー像のこと。ペルソナを作成することによって、ターゲットとなるユーザー像をより明確にし、顧客視点での決定ができる。
返報性の法則
人から何か施しを受けた場合に何かをお返ししなければならないと思う心理。
ペンディング
保留の意味。未解決の状態を維持する事を指す場合もある。

飲食用語集 『ホ』。

ほうれんそう
報告・連絡・相談の事。
ポジショニング
競合他社との差別化を行い、自社の商品やサービスを顧客に認識させるように位置付ける事。
ポテンシャル
潜在能力、発揮できる可能性ある能力。
ポータビリティ
可搬性、移植性、携帯性などの意味を持つ英単語。他の場所への移動、移転、持ち運びのしやすさを表す用語で、分野によって具体的な意味合いは異なる。
ボトルネック
生産活動において全体の円滑な進行・発展の妨げとなる要素を指す。さらに、事業を拡大する上で最も確保が難しいリソースを意味することもある。
ホワイトカラー
頭脳労働、事務系の仕事をする労働者。
ボンディング
結合、接着、接合などの意味を持つ英単語。複数のものを結び付けたり対応付けたり一体化することを指す。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

飲食用語集 『マ』行。

飲食用語集 『マ』行。
マイナンバー
社会保障や納税などの際に国民一人一人を識別するための12桁の番号。日本政府が発行・管理するもので、自治体に住民票を持つすべての国民と特別永住者など国内に居住する一部の外国人に発行される。
マイノリティ
(多数に対しての)少数・少数派という意味。
マーケター
マーケターとはマーケティング理論や調査に専門的な知識を持つマーケティング戦略立案者のことをいう。
マーケットイン
商品やサービスが大量に効率的に売れるように消費者ニーズを調査し、供給する商品、販売、宣伝などの方法を決定する手法。
マージン
売買により発生する差額を利益とする事。
マスマーケティング
大量生産、大量販売を前提に対象を特定せず全ての消費者に画一的な方法で行うマーケティングのこと。
マター
氏名と合わせて使用し、誰が担当する仕事なのかを指す。
マスト
必須の意味。
マニュアル
ある作業、業務の手順を体系的にまとめてコレを知らないものに教える為の手引き。
マネジメント
経営管理などの意味を持つ言葉で、組織の目標を設定し、その目標を達成するために組織の経営資源を効率的に活用したり、リスク管理などを実施する事。
マネージャー
ドラッカーはこのマネージャーについて「組織の成果に責任を持つ者」と定義しています。
マルチタスク
システムなどが、同時に複数のタスク(作業、処理)を並行して実行すること。また、OSがコンピュータやマイクロプロセッサ(CPU/MPU)をそのように運用すること。
マンパワー
人的資源。

飲食用語集 『ミ』。

ミッション
企業や従業員が共有すべき価値観や使命。
ミドルマネジメント
中間管理職がトップマネジメント層の定めた方針に沿って自身が統括する部や課を実質的に管理、実行する事。

飲食用語集 『ム』。

無作為抽出法
調査対象となる人(母集団)の中から少数のサンプルを抽出する際に、ランダムにサンプリングする抽出法。

飲食用語集 『メ』。

メイヤーの法則
事態を複雑にするのは単純な仕事だが、単純にするのは複雑な作業であるという法則。
メゾット
方法、方式の事。
メディアリテラシー
インターネット、テレビ、新聞などのメディアから必要な情報を引き出し、真偽を判断し活用する能力。それぞれのメディアの特徴の理解力が問われる。
メラビアンの法則
人は人を見た目で判断するという法則。相手を服装や表情などの外見で55%判断し、話の内容やその人の内面的なことは7%しか考慮されない。
メンター
仕事や人生における指導者、助言者。
メンタルヘルスマネジメント
近年では職場において心の不調により離職や休職をする人が増えており、社員が自身の能力を最大限に発揮し、心に不調を抱える事なく活躍するための、心の健康管理の事を言います。

飲食用語集 『モ』。

モジュール

複雑なシステムを交換可能な独立した機能を持つ部品同士で構成する事。
モチベーション
動機付け。物事を行う意欲や刺激となるもの。
モチベーションマネジメント
組織内において社員に動機付けを行い、成果を出すための行動を促す手法。
モビリティ
移動性、流動性、可動性、動きやすさなどの意味を持つ英単語。

飲食用語集 『ラ』行。

飲食用語集 『ラ』行。

ライセンス

商品化や映像のビジネスにおいてよくつかわれる。権利の使用を第三者に許諾する事。
ラウンド
手が空いた時にテーブルを巡回して、少なくなった水を追加したり中間バッシングを行ったりする行為。
ラダリング
商品の持つ属性が消費者のどのような価値観に繋がり評価されて購買に結びついたのかを明らかにする事を目標とする事。
ランディングページ (LP)
Webサイトの訪問者が、外部からそのサイトにやってくる際、最初に開くことになるページ。特に、他サイトに広告を出稿する際、リンク先として指定する自サイト内のページのこと。
ランニングコスト
施設や設備を使用中にかかる費用のこと。対象の使用開始から終了(廃棄・売却など)までの間に必要な費用で、使用や管理、保守、修理などにかかる費用の総体である。

 

飲食用語集 『リ』。

リカバリー

復旧、復帰、回復、修復、復元などの意味を持つ英単語。

リーク

秘密や機密情報を漏らす事。
リコール
製品に欠陥や不具合が見つかった場合にメーカー側がその事実を公開して回収や無償修理をすること。
リスクヘッジ
リスクを回避したり、リスクを軽減する工夫をする事。
リスクマネジメント
危機管理を指し、組織における様々なリスク・危機をあらかじめ想定し、それが起こった場合に、その損害を最小限にする事を目指す取り組み。
リソース
過去に人・金・物と言われた企業経営や組織運営に必要な経営資源。
リテラシー
情報を自分の目的により正しく取捨選択できる能力の事。
リードタイム
発注から納品までにかかる時間。
リバイス
改訂、修正する事。

飲食用語集 『ル』。

ルーチンワーク
日常的に定型的、反復的に行われる作業。
ループ
輪(状のもの)、環(状のもの)、仲間内、閉回路、などの意味を持つ英単語。環状あるいは循環構造になっているものや、繰り返しのことを意味する。

飲食用語集 『レ』。

レイオフ
企業による雇用調整策の一つ。景気の回復や業績の回復後に再雇用する条件で一時的に労働者を解雇する制度。
レコメンド
推薦する、勧告する、などの意味を持つ英単語。店舗が来店客に特定の商品を薦める行為をこのように呼ぶことが多い。
レスポンス
応答、反応の意味。
レセプション
公式の宴会・歓迎会・招待会などの意味。飲食店では新規オープン前に行われる。
レバレッジ
財務的レバレッジといい、企業の資本構造(自己資本と他人資本=負債との比率)が自己資本利益率に対して、てこ(レバレッジ)のように作用することをいう。

飲食用語集 『ロ』。

ロイヤリティ

使用料、印税、許諾料、権利料、王族、王権、王位などの意味を持つ英単語。
ローボールテクニック
最初に魅力的な条件をつけた提案を承諾させた後、その魅力的な条件を取り払うか、条件をランクダウンさせる手法。
労働生産性
生産する効率の意味。
ロジスティック
原材料の調達から物流、販売までの流れを合理化するためのシステム。
ロワーマネジメント
マネジメントにおける3つの階層の最下層であり、具体的には係長や主任クラス、チームリーダーなど現場で働くスタッフを統率する立場を指します。

飲食用語集 『ヤ』、『ワ』行。

飲食用語集 『ヤ』、『ワ』行。

飲食用語集 『ヤ』。

飲食用語集 『ユ』。

ユーザーインターフェース
機器やソフトウェア、システムなどとその利用者の間で情報をやり取りする仕組み。システムから利用者への情報の提示・表示の仕方と、利用者がシステムを操作したり情報を入力したりする手段や方式、機器、使い勝手などの総体を表す。
ユーザビリティ
機器やソフトウェア、Webサイトなどの使いやすさ、使い勝手のこと。
ユニークユーザー
WEBサイトを特定の期間の内に訪れた人の正味の人数。延べ訪問者から重複している人を除いた人数。

飲食用語集 『ヨ』。

4P分析
「Product(商品)」、「Price(価格)」、「Place(流通)」、「Promotion(広告)」の4つを通して顧客に対して価値をどのように届けるのかを考える際に活用するフレームワーク。

飲食用語集 『ワ』。

ワークショップ

新人研修でよく用いられる問題解決能力を高める為のトレーニング手法。
ワークスタイル
働き方。
ワークシェアリング
失業者の増加を防ぐ目的で労働者同士で仕事を分け合う事。
ワークライフバランス
仕事と家庭の両立のバランス。
ワラント債
かつては「新株引受権付社債」と呼ばれ、現在は「新株予約権付社債」と呼ばれており、新株予約権が付与された社債をいいます。
飲食で使う用語について改めて解説。飲食業界用語集
最新情報をチェックしよう!
>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。