飲食業界のマネージャー必見!危機時こそマネジメントの力が求められる。

飲食業界のマネージャー必見!危機時こそマネジメントの力が求められる。

飲食業界専門の求人サイト「エフジョブ」

飲食業界のマネージャー必見!危機時こそマネジメントの力が求められる。

飲食業界のマネージャー必見!危機時こそマネジメントの力が求められる。

マネジメントの基本を知る上で、どうしても押さえておきたい項目である危機時のマネジメントについて解説していきたいと思います。

今まさに伝染病による世界的な危機に瀕しているのですが、

危機時はこれだけではありません。

金融危機
自然災害
外国との政治的トラブル
テロ活動
社会規範の急速な変革

など、会社を揺るがす様々な外的要因による危機。

リコールなどの製品事故
経営上の不祥事
集団食中毒

など、内的要因に起因する危機。

このように企業活動には常に危機と隣り合わせなのです。

その為に、マネージャーとして危機とはどういったものであるかということへの理解が必要になります。

上記した会社を揺るがす大きな危機もありますが、局所的な小さい危機もあります。

自分が働くお店やエリア、もしくは1部門が危機に陥った事態もこれに当たります。

こうした小さい危機には人間関係の悪化といった人災も含まれるでしょう。

危機を察知し、危機に陥る前兆となる指標や要素もあわせて学んでおく・備えておく必要があります。

人を率いる立場のマネージャーは、こうした危機に見舞われたとき、どのように対応すればいいのかを知っていなければいけません。

それでは、具体的に見ていきましょう。

そもそも飲食業界の優れたマネージャーって何を優先しているのか?

そもそも優れたマネージャーって何を優先しているのか?

今の情報が伝達しやすい時代には、マネジメントという仕事は自己流だけではウマくいきません。

飲食業界の仕事は、経験だけから学べるものも多くあります。

しかし、マネージャーとして働くには、

マネジメントに関しては経験から学ぶだけでは通用しません。

マネジメントについての体系的な知識を学ぶ必要があります。

マネージャーとして働く上司を見て、あんな仕事なら自分にもできるとマネジメント初心者でも思ってしまう事がマネジメントをよりインプットできない要因になっていると思います。

おそらく、大きな会社にお勤めでもマネジメントを学ぶためにモデルに出来る上司は僅かしかいないと思います。

そして、その僅かな上司を部下の立場で見ているだけでは、上司のマネジメントスタイルに個人の性格や気質が大いに反映されてしまう為、あのスタイルは好きだ・嫌いだ。あのスタイルは自分に合う・合わないといった個人的な感覚で判断してしまいがちだ。

とはいえ、マネジメントとは個人のスタイルや好みに依存する感覚的なモノではありません。

マネージャーに大切なコミュニケーションとは人を動かす力。

マネージャーに大切なコミュニケーションとは人を動かす力。

コミュニケーションとは、人と人とが繋がりを持って生きていく上で、非常に重要なものです。

マネジメントにおいてもこの要素を欠くことはできません。

ただし、マネジメントという仕事は個人対個人だけではなく、人と集団、集団と集団においても調整していかなくてはならない仕事です。

コミュニケーションという英語は一般に意思疎通とか対話などと訳されますが、コミュニケーションの動詞形「コミュニケート」には感染するという意味があります。

例えば、コロナが感染する場合、ウィルスを人に配るから感染しますよね?コミュニケートにはそういう意味合いを含んでいるのです。

コミュニケーションとは、

言葉を交わすだけでなく、何かを相手に渡す、配るといった意味があるのです。
仕事で交わすコミュニケーションは、ただ情報を伝達するという意味を超えて人に行動を促す(人を動かす)という効果まで入っていて、行動のエネルギーを配っているのと同意なのです。

マネージャーは経営資源を有効活用して情報を配ろう。

マネージャーは経営資源を有効活用して情報を配ろう。

部下にとって、自分たちを統括するマネージャーの実力・評判・権力が社内で強ければ強いほど頼もしく感じます。

何故ならば、会社組織には、ヒト、モノ、カネ、情報という4つの経営資源があり、組織の中で再分配されつつ運用されているから力のあるマネージャーほど、経営資源に近く、とくに情報に敏感です。

マネージャーが組織全体を把握しながら、各部署や各人と調整して仕事を進めていく上で、情報に対してセンシティブであることはとても重要なことなのです。

 

実際に飲食業界を例にどのような情報をマネージャーは注目し、配るべきか見てみましょう!

市場と競合他社との状況を把握しておく。

自社がどの方向に向かって移行しているか。

商品は市場に対してどのような状況か。

社内イノベーションはどのように進められているか。

組織体制や制度はどのように進められているか。

社内全体の目標達成状況はどのようか。

社内を構成する各部、各エリアはどのような状況か。

自組織内の個々の仕事状況はどのようか。

では、実際に上記内容をマネージャーが注目し、配る為にはどのような行動が必要でしょうか?
自分が管轄する部下たちの動機付けが非常に大切であるのですが、その前に情報にセンシティブであり、自ら情報を獲りに行く・堀りに行く行動が非常に大切になります。
例えば、会社の評価基準の変更点などを知らずに現場でばかり過ごしていると自分だけでなく部下たちの利益まで損ないます。
競合他社の新たな取組みを見逃していたことにより、そのエリアのパワーバランスを崩される事もあるでしょう。
管轄外エリアで例えば現場が崩れて原因を究明して自エリアでは崩れない対策を講じる必要もあるでしょう。
統括しているエリア内で従業員間の紛争・トラブルが発生している場合もあると思います。
情報にいち早くアクセスして自分の意思決定を踏まえて現場に配り、部下たちの動機付けに結びつかせることこそマネージャーに求められる仕事なのです。

飲食業界のマネージャーが獲りに(掘りに)いくべき情報先。

マネージャーが取りに獲りに(掘りに)いくべき情報先。
マネージャーが情報を獲りに行くことが大切であるのは理解して頂けたと思います。
ビジネス用語でManaging by Walking Aroundというものがあります。
よーするに、歩き回りましょう!って意味です。
では、具体的にどこに獲りに行くのか?

直属の上司(ただし獲りに行く価値があるのならば)

直属の上司の更に上の上司(出来ればミドルマネジメント層以上)

仕事で関係する業者(横の関係者)

同期の社内外の友人

社内文書

社外情報

獲りに行く先の情報には会社組織の中でどのような仕事や流れの一部であるのかを把握する目が必要です。
情報を獲りに行く先の人々の様々な状況や事情を把握しようとする目線を持って、相手と話せば、よりアツい情報を引き出す事になるのです。
そして、その情報のソースとなる出どころを吟味してより質の高い情報を部下に配る事が大切なのです。

マネージャーは危機時の身の処し方を学ぶべき。

マネージャーは危機時の身の処し方を学ぶべき。

マネジメントの仕事は大きく分けて2つに分類されます。

1つは平時のマネジメントです。

周りの状況が安定していて、従業員が大きな不安を感じることなく仕事ができている状態でのマネジメント。

もう一つは危機時のマネジメントです。

危険を伴う不測の事態が起こり、従業員が不安を持っている時のマネジメントを指します。
では、危機時のマネージャーが獲るべき情報を吟味しましょう。
1つ目は、会社経営の環境適応状態についての情報です。
よーするに、会社がどのような状況にあり、どのような方向に向けて経営活動を行い、その方向に向かう活動に対してどのような評価をするのかという情報を獲りに行き、部下たちに配ることが大切な仕事になります。
もう一つは、個別業務手順についての情報です。
文字通り、個別業務に関する情報と成り、現場で具体的にこうすべきだと言った感じの情報で危機時にはより把握している必要があります。
よーするに、会社が生き残れない道が会社経営の環境適応状態が不全で個別業務手順が無効状態にあると経営破綻の可能性が非常に高くなる。
マネージャーレベルが活躍すべき危機的な状況には、会社経営の環境適応状態が健全で個別業務手順が無効状態である場合が一部危機状態です。
これは、災害や感染症による特定地域が業務ができなくなっているパターンで、ある現場、ある職場だけが業務に支障をきたしている状態を指します。
もう一つに、会社経営の環境適応状態が不全であるにもかかわらず、個別業務手順が維持されている状況が硬直化状態といい、経営として環境の変化に対応しておらず、ビジネスモデルが陳腐化している状況を指します。
今これに近い状況には、いきなりステーキが当てはまるのではないでしょうか?
このような状況(一部危機状態・硬直化状態)にあるマネージャーが獲りに行く情報の中身は、

経営上層部は今までと同じ方針や考え方で経営を続けるのか?

多少なりとも一部修正して経営するのか?

大幅に軌道修正する道を模索しているのか?

を見極めれる情報を獲りに行き、部下に配る事です。
この時に大切になるのが、配るマネジメントの要素に感情と気持ちを配るがあります。
マネジメントの危機時のおいての観点から言うと、悲観的な判断基準で仕事をして明るい気持ちで活動するという事です。
危機時こそ難しい局面なのですが、マネージャーの仕事は現場を支える役割でもあります。
状況が状況なだけに、上司の仕事の基準や考え方は、悲観的なモノになります。
とはいえ、気持ちまで落胆しているところを部下に見せると、部下にも落胆を配ってしまうのです。

 

大阪を中心に活動している飲食専門の経営コンサルタントです。

新田飲食開業顧問 Link 飲食店開業コンサルティング 料金プラン

飲食店 開業 コンサルティング 料金プラン

20坪以下の飲食店開業の場合 新田飲食経営顧問の開業プラン 他社コンサルタントの開業プラン
問い合わせ 無料 無料
お見積り 無料 無料
プラン内容 開業まで何度でも直接指導 契約後数回の打ち合わせと指導
料金 契約金+実費 契約金+実費
開業後 サポートあり サポートなし
廃業時 3年以内なら契約金全額返金保証 返金保証なし

※ただし、ご好評につき、ご用命頂いた日程でお約束できない場合があります。 あらかじめご了承ください。

 


お問い合わせ

 


 

👇 詳しくもっと見る

20代以下限定でLineでだけの無料相談応じてます。

いつもたくさんのお問い合わせありがとうございます!
お問い合わせや相談が多数なので順番にお答えさせて頂いております。

飲食業界のマネージャー必見!危機時こそマネジメントの力が求められる。
最新情報をチェックしよう!
>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。