サービス業でこれからも生きる。飲食という仕事のやりがいとは?

サービス業でこれからも生きる。飲食のやりがいとは?

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

サービス業でこれからも生きる。飲食の生き残り方とは? 

サービス業でこれからも生きる。飲食という仕事のやりがいとは?

サービス業とは、人の欲求に対してアシストする事を主な仕事とした業種です。

「美味しい料理が食べたい」
「楽に移動したい」
「癒しが欲しい」

といったような顧客のニーズを、様々な手段によって満たすことで対価を得ているのです。

そして、どのようなニーズウォンツがあるのか把握して、自店で再現可能な欲求には大いに応えていく。

 

そのため、人々の欲求が多様化すればするほど、サービス業に属する業種の数も増えていくことになります。

それにより、多様な業種が存在し、全てをひとまとめに説明することは困難です。

沢山あるサービス業を細かく見ていきながら、飲食がその他サービス業をAFTERコロナの世界でどこまで内包すべきかを読み解いていきたいと思います。

情報を提供するサービス

情報サービスは、音楽データやプログラム、映像などの提供をする「情報提供サービス」。

情報通信など(情報通信業)、情報そのものではなく、統計データ分析などコンピュータを利用して情報を処理することそのものを提供する「情報処理サービス」に大別される。

野村総合研究所などのシンクタンクも広義の「情報サービス業」といえるでしょう。

情報社会を象徴するキーワードが集約され、生活・ビジネスともに利便性を追求する時代の流れとともに成長し、現在では全産業の約2.5%を占める程の成長を遂げた、現代社会を支える業界のひとつです。

モノを提供するサービス

モノを提供するサービスで身近なものとして、飲食店が挙げられます。

生産者から仕入れた食材を、より美味しく食べられる形に加工し、それを顧客に提供することで利益を得ています。

素材を加工し、製品の形にする工場などとも近いように感じますが、業種の分類において飲食店はサービス業に属しています。

飲食店の他に、物販業も同じように生産、加工された製品を提供することでも成り立っています。

少し利益を得る代わりに、利用者が簡単に様々な商品を購入できる状態を整える役目を担っているのです。

コトを提供するサービス

また遠くまで移動する時には、新幹線や飛行機を使いますよね?

この新幹線や飛行機の運行、管理もサービス業です。

目的地まで速く、楽に移動する手段を提供する事で利益を得ています。

また、USJや海遊館などの娯楽施設もここに分類されます。

顧客が楽しめる空間を作ったり、体験したコトを提供する仕事です。

 

サービス業の業種にはどんな種類がある?

サービス業の業種にはどんな種類がある?

更に細かく見ていくと、サービス業は行う業務ごとに分けることも可能です。

飲食店は、業種的には飲食業に属します。アパレルなど物販は販売業です。

しかし、サービス業はこれだけではありません。

主な業種と、その中の代表的な職種を列挙してみます。

専門サービス業

専門的な知識と技術提供をする専門サービス業。

たとえば、法務・給与関連など事務系業務の代行業や、コピー機のレンタル、セキュリティー、ビルの清掃やメンテナンスを請け負うメンテナンス業、オフィスなどに設置されている自動販売機なども専門サービスの一つ。

弁護士や行政書士といった国家資格が必要な士業も専門サービスになる。

技術サービス業

技術に特化したサービス業。

獣医や建築士、プログラマー、整備士なんかも含まれます。

生活関連サービス業

生活に関連したサービス業。

美・理容師、銭湯・冠婚葬祭、洗濯業などが当てはまる。

娯楽業

最近ではある業界がレジャー業などと言い換えている。

映画館、演劇から競輪・競艇・競馬・などのギャンブルや雀荘、フィットネスクラブなどまで含まれる。

複合サービス業

郵便局、介護事業など複数のサービスを提供する職種。

その他のサービス業

上記以外のさまざまな職種。

 

このように、一口にサービス業と言っても様々な職種があり、人々の日頃の生活を支えているのです。
>>就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

サービス業を多くの人が嫌がる点。

サービス業の多くの人が嫌がる点。

就職を比較的しやすいサービス業の多くは、会社の就業規則として「土日休み」を掲げているところは少ないでしょう。

「サービス業」もさまざまですが、飲食店や娯楽施設、リゾート、ホテルや宿泊施設など、職種によっては24時間体制で顧客に対応しなければならないことがあります。

土日に休みを取っていては、接客業として経営を続けていくことは大変難しいためです。

そのため、一般的には「サービス業」において週5日土日休みという企業はどうしても少なくなってしまうのです。

しかし、「サービス業」では、変則的でありながらも週休2日で休みを設けたり、就業パターンにシフト制を導入したりすることで、顧客のニーズにこたえられるようサービス体制を整えています。

また、働き方改革以降に中小零細企業も大幅に労働環境が改善されつつあり、他の業界並みに労働環境が段々整備されていくはずです。

そうなった場合、サービス業で働く人たちは本当に幸せな労働者になるんではないでしょうか?

 

飲食を含むサービス業の特徴を把握しよう!

飲食を含むサービス業の特徴を把握しよう!

サービス業には、

「無形性」、「同時性」、「新規性」、「個別性」、「非反復性」

といった5つの特徴があります。これらの特徴について詳しく解説します。

飲食にも他のサービス業の特性を取り込む為にもしっかり理解しておいてください。

提供するモノが見えない「無形性」

サービス業においては、提供するモノのほとんどが目に見えない、あるいは形の無いものです。

製造業などは顧客に対して「製品そのもの」を提供していますが、 サービス業では違います。

例えば、シェアリングエコノミーで車を貸してくれるサービスは、車を時間貸ししているのであって、車そのものを顧客に販売しているのではありません。

あくまでも一時的に「車を自由に使える権利」を提供しただけであって、車そのものではありません。

そして提供した権利そのものが目に見えることはないため、このようなサービスは無形の価値を提供していると言えます。

サービス業の多くが、このような形で成り立っているのです。

食事される時間や空間・飲食されたあとの満足感など『コト』を提供していると言えます。

生産と消費が一度に起こる「同時性」

例えば、製造業であれば、製品が完成してからそれが消費されるまでには必ず時間差があります。

生産から消費、場合によっては在庫としての保管など、それぞれの過程が独立していて、区分が可能です。

しかしサービス業では、この生産と消費が同時に起こります。

一例として美容室では、整髪を求める顧客が現れてから初めて整髪が行われます。

そしてその時、美容室が整髪というサービスを生産すると同時に、顧客はそれを消費して髪型を整えています。

サービスの提供が終わるとともに顧客の髪型は整い、そこに需要は残りません。

このように、サービスの生産、提供と同時に顧客の欲求も満たされるため、それぞれを分割することが不可能になるのです。

これを同時性と言います。

この同時性に対する取組みがキーワードになります。コトマーケティングを活用して同時性を活かしたオペレーション、ユーザビリティ、そして教育を整えましょう。

すぐに模擬される為に「新規性」

サービス業では、他の業種に比べて模擬が比較的簡単です。

優れたサービスを開発してもすぐに陳腐化します。

これは人々の欲求が時代に応じて変わり、それに応じて素早く対応した新しいサービス、企業が一時的な優位性を取りやすく、ポジショニングがヘタだとすぐに市場の新陳代謝の波に飲み込まれる特性を持っています。

常に新規性を意識して戦略だてている業種と敢えてスルーする業種があると思いますが、そもそも時代の潮流が見えていないと利用できません。

同じ事の繰り返しにはならない「個別性」

生産業と違い、サービス業は顧客それぞれの欲求を満たすためのものです。

ですから、顧客一人一人の希望に合わせて、その都度サービスの内容を変化させなくてはなりません。

同じことを繰り返すのではなく、臨機応変にサービスを提供していく必要がある事もサービス業の特徴です。

今まで全てのニーズに応える汎用性を求めてきましたが、ターゲットの焦点をより明確に絞り、個別性に対応できる業態に変化していくべきでしょう。

同じものは提供できない「非反復性」

サービスは、それを提供する人の技能や個性によって様々に変化します。

百人の画家を集めて全員に犬の絵を描かせた場合に、一つとして同じ絵が生まれることはありません。

それは人によって作り方、考え方が違うために起こるのです。

また、同じ人であっても毎回おなじ物を作ることは出来ません。

一見ほとんど変わらない絵に見えても、それは前回描いた絵と少しだけ線の太さや、曲線の形が違うといった誤差が生まれます。

このような誤差は製造業などにも見られるものですが、サービス業においては特に大きく現れる傾向があります。

非反復性の特性を抑える為にマニュアルで労働者を縛ってサービスの同質化を目指してきましたが、今後は良質な教育によって非反復性の特性を逆に武器に出来る教育が必要です。

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

サービス業に就職しよう!このフィールドで活躍できる人とは。

サービス業に就職しよう!このフィールドで活躍できる人とは。

サービス業に向いている人には、以下のような性格の人が多かったり、強みを持っていたりします。

  • 笑顔は自分の武器である。
  • チームプレーが出来る。
  • 相手の気持ちを推察してみようとできる。
  • 身だしなみに気を遣える。
  • 大人のマナーが身についている。
  • 体力に自信がある。
  • 臨機応変に対応できる。

もし、上記の強みを持っていてサービス業に就職しよーと考えているのなら、飲食で働きたい!採用が難しい時代の転職サイトの選び方も参考にしてください。

主観的に「自分はサービス業に向いている!」と考えていても、面接官も同じように思うわけではありませんし、何より根拠がありません。

ジェイックでは、心理学的根拠に基づいて、仕事で発揮できる強みや性格の特徴について分析できる適職診断や、診断結果を元にした就職カウンセリングを完全無料で提供しています。

「そもそも自分の強みが分からない…」「どんな仕事が向いてるの?」と悩む方には経験豊富なエージェントに相談する事をお勧めします。

 

就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!

接客業は、サービス業の1つで世界的に評価されている。

接客業は、サービス業の1つで世界的に評価されています。

接客業では顧客と交流し、必要なおもてなしをします。

身近なところではアパレル店員です。

店に入店すれば顧客が求める商品を探してくれたり、相談に乗ってくれたりすることもあるでしょう。

その行動は商品販促のためのコミュニケーションですが、コミュニケーション自体を仕事内容にするような職種も中には存在しています。

接客業の業務と、サービス業の特徴を比べると共通するものが多い事がわかります。

つまり接客業はサービス業に含まれる、一つの業務の形です。

 

接客業が他のサービス業と異なる点としては、

コミュニケーションや顧客との交流に重点を置いた業種という事が挙げられます。

接客業は顧客に対して、直接おもてなしやサービスを提供する仕事なのです。

グローバル経済が加速していく中で、日本のおもてなし文化に対する世界の評価はグッと上がり調子です。

OMOTENASIは世界共通語なのです。

もう、日本の特性、日本の文化とも言えるでしょう。

AFTERコロナの世界市場でもおもてなしを極めれば、活躍できるフィールドは無限です。

サービス業が注目を集めている!3つの理由

サービス業が注目を集めている!その3つの理由

現在、サービス業が世間から注目を集めていることをご存知でしょうか?

 

その理由を大きく分けると、

「少子高齢化と家計の変化」「製造業の変化」「公的機関による業務の開放、規制緩和」の3つになります。

これらについて、もう少し詳しく説明していきます。

 

少子高齢化と家計の変化

高度成長期の日本は若い労働力人口が多く、生産も活発でした。

現在に比べて第一次産業(農業や漁業)の占める割合が高く、また高齢者が少ないことによって介護サービスなどは市場規模が小さいものでした。

しかし、時代が進むに連れ少子高齢化が進んだことにより、介護サービスの重要性が高まっています。

介護職員の数も不足傾向にあり、今後さらに少子高齢化が進むと見積もられている日本において、介護や高齢者に向けたサービスの需要は更に増していくと考えられています。

さらに家計の支出において、1970年には約27パーセントだったサービスに対する支出の割合は、2010年には約42パーセントまで上昇しています。

代わりに、モノに対する支出の割合は約73パーセントから約58パーセントまで低下しており、消費の構造がサービスへとシフトしていることがわかります。

この消費構造のサービス化は都市部において顕著で、今後50%を全国的に超えていくでしょう。

モノからコトへ時代は変化しているのです。

今後、女性がより社会的進出を果たした社会になると更にサービスへの支出比率は増していくでしょう。

仕事を選ぶ時に、伸びていく業界を選ぶ事は非常に重要な選択要素です。

製造業の変化

かつて製造業は物を生産することだけに専念する企業が多く、サービスに関してはあまり重視されていませんでした。

現在のように飽和状態になるとモノによる差別化は非常に難しく、技術や品質の向上に伴って、それに見合ったサービスが求められるようになりました。

具体的には、製品のメンテナンスやアフターケアなどからはじまり、今はモノを得たコトによるストーリーまで具体的にデザインしなければモノは売れません。

製品を販売する前の生活から製品を得た後の生活まで具体的なデザイン力が製造業に必要なのです。

製造業と言えどもサービスの質を考慮する必要が生じ、結果的にサービス業の需要が高まることとなっています。

更に、人員の削減やコストカットのために、生産や加工の業務をアウトソーシング化する企業も増加中です。

業務を他の企業に委託する際には、円滑な情報伝達や報酬の支払い、損害の保証などのために仲介業者が必要です。

そして、この仲介業者というのはサービス業なのです。

業務委託の仲介を初めとして、製造業というサービス業とは別の業種の中にもサービス業の進出が進んでいます。

公的機関による業務の開放、規制緩和

サービス業の中には、かつては公的機関によって運営されていたものが開放され、業種として発展した物があります。

これを「民営化」と呼びます。

身近なもので言えば、多くの人が使っている携帯電話があります。

かつて電話等の電気通信事業は、日本電信電話公社という公的機関によって運営されていました。

しかし、1985年にこの業務が民営化されたことにより、様々な電話会社が登場しました。

そのような歴史があったからこそ、利用者は多様な通信プランや料金を選択でき、企業は新たな事業の開拓によってチャンスを得られるのです。

民営化は、利用者が更にサービス業を重要視するきっかけとなります。

サービス業の業務に関する規制や制限事項も緩和が進んでおり、多くのビジネスチャンスが生まれます。

優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!

今後もグローバル市場で成長が見込まれるサービス業。

今後も成長が見込まれるサービス業

サービス業は、顧客の欲求が多様化していくに連れて、次々に新たな業種が作られ、それを担う企業が生まれます。

そして、そのほとんどは中小企業として、それぞれの分野の中で競争を続けています。

現在、サービス業は日本の経済活動における約7割の市場を占めています。

多数に存在する中小企業のうち、大企業へと成長するものもあるでしょう。

そうなれば、更にこの割合は増加することになります。

21世紀以降の日本において、人々の欲求の変化や経済全体のサービス化は更に加速していく見込みです。

今回のコロナの件を見ても、非常に明確です。

政府の対応が良かった訳ではないでしょう。

日本人の生活様式、食生活、習慣がウィルスが爆発的に拡がらない要因になっているはずです。

今後のグローバル経済でコロナに対するデータは非常に戦略上多くのヒントを日本人に与えてくれました。

サービス業は、更にそのグローバル経済で市場規模を拡大させていくことが期待される業種なのです。

そして、3密など感染病による問題が世間でクローズアップされましたので、売上至上主義からの脱皮も果たしていくんだろーと思いますので、サービス業の中で更にAfterコロナでは面白くなっていくんじゃないのかと見ています。

サービス業でこれからも生きる。飲食という仕事のやりがいとは?
最新情報をチェックしよう!
>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。