稼ぐことから逃げるな 著者 株本 祐己

稼ぐことから逃げるな 著者 株本 祐己 書評 要約 読むべきポイントは?

飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

稼ぐことから逃げるな 著者 株本 祐己 大人気ビジネス系 YouTuberが語る「令和のキャリア論」

稼ぐことから逃げるな 著者 株本 祐己 書評 要約 読むべきポイントは?

今回は本の帯を見て購入を決めました。「稼ぐことから逃げるな」著者 株本 祐己氏の書評します。

稼ぐことから逃げるな の紹介

稼ぐことから逃げるなは、

発行日 2020年12月17日 初版発行

著者 株本 祐己

発行者 株式会社 KADOKAWA

稼ぐことから逃げるな 導入文

稼げないことははずかしいことです。

甘ったれた人たちを本書で叩き直します。

私に嫌悪感を持った瞬間、あなたは「雑魚」です。

歯を食いしばって、私に付いてきてください。

稼ぐことから逃げるな もくじ

はじめに

第一章 思考停止で大手企業を目指すな

■クビになってばかりの悲惨なバイト遍歴
■インターン先にくるぶしソックスで出社
■大学生の身分で新規事業を任される
■企業の社長相手に営業する貴重な経験
■自信満々で就活するも連勝連敗
■ベンチャーのインターンは一石三鳥
■進路は全て”コスパ思考”で決める
■バイト選びに「稼ぐセンス」が出る
■一度は勝っておけ。でないと一生負け続ける
■”なんとなく”で大手にいくのは超危険!
■年収1000万円と600万円は大違い
■選択肢は「ビジネス戦闘力が上がる会社」一択
■お金を稼いだ人しか味わえない世界
■30歳時点の”通知表”で人生が決まる
■学生時代にやるべき&避けるべきビジネス
■自分の進路を自分の力で「正解」にする

第二章 自分の武器を知り「ビジネス戦闘力」を高める

■就職と同時に超多忙な日々が始める
■プロレスラー上司によるパワハラ三昧
■インセンティブ契約が心の支えに
■大手では得られない貴重な経験の数々
■まさかの分社化で給料が大幅カット!
■就活時とは違い、転職活動では連勝続きに
■「ビジネス戦闘力」を高めれば一生稼ぎ続けられる
■高学歴の人ほどベンチャーに行け!
■稼ぎやすい業種はウェブ系ベンチャー
■100人と会い、ビジネスモデルを理解する
■”ウェブマーケティング力”を積み上げろ
■得意分野は「インダストリー×スキル」の掛け合わせ
■「お金になる人脈」と「お金にならない人脈」
■なぜパワハラに耐えられたのか
■「ここまでやればOK」ラインが大きな差を生む
■モチベーションとか言うやつは全員雑魚
■若いうちにマネジメントを経験しておく

第三章 収入を一気に上げるフリーランスの道

■「時給2万円」のオファーが舞い込んだ!
■セブ島で垣間見た気ままなフリーランス
■コンサル勤務初日に、転職したことを後悔
■大手の仕事は恐ろしくつまらなかった
■待ちに待った給与査定の衝撃
■起業のきっかけになった人生を変える提案
■旧知の社長たちから続々と仕事の依頼
■フリーランスという型破りな生き方
■ベンチャーと大手のカルチャーの違い
■大手での経験も悪いことばかりではない
■社外の人に誘われた時が独立のチャンス
■起業で成功する人、失敗する人
■独立時こそ経営者の人脈が大いに活きる
■ウェブ系フリーランスが稼げる理由
■会社員は給料を”ピンハネ”され続けている
■原価ゼロで起業しても大きく稼げる時代
■「会社員でもフリーでもOK」が一番強い

第四章 爆稼ぎのビジネスモデルを盤石にする方法

■悠々自適なフリーランス生活
■タワマンへの引っ越しと衝撃のニュース
■ブログがバズって月商が10倍に!
■社員0人、全員フリーランス
■「フリーランスの王」になる!
■起業して3年で年収7000万円
■フリーランスが収入を爆上げする方法
■「発注力」を高めるStocksSun型ビジネスモデル
■医療・教育・飲食・サービス・・・あらゆる業態に通用
■社員も原価もゼロ。SNSで10億円事業に
■ブログを活用し大きな案件をつかむ方法
■マニアックなYouTubeチャンネルで受注増
■人材はTwitterで無限に見つかる
■オンラインサロンで人材を選別する
■「お金につながるフォロワー」を増やすには
■SNSでの炎上リスクとその対処法
■「顔出し・実名」はメリットのほうが大きい
■多くの会社が社員を雇わなくなる時代へ

第五章 雑魚になるな!王になれ!

■30歳・年収1億円のタイムテーブル
■年収1000万円と2000万円の人の贅沢
■年収5000万円と1億円の人の贅沢
■稼ぐ人と稼がない人の恋愛格差がヤバい
■年収1億円の先にあるもの
■お金持ちと雑魚の差はますます開いていく
■「他人を潤わせること」を極めろ!
■ソフトスキル=マネジメント力+営業力
■「自責精神」こそ最も簡単で効果的なライフハック
■人を論破するな、人の心を動かせ
■お金の流れを知れば「相手目線」が見えてくる
■年収が低い人とは付き合うな
■超高学歴でない人がトップを取る方法
■お金持ちは”世の役に立っている”からお金持ち

おわりに

稼ぐことから逃げるな 要約

序章は、著者が大学時代に一般的な学生よりも社会に対する行儀が悪く、どこでバイトをしても煙たがれる意識低い系だった告白からスタートします。

そんな中、東日本大震災をきっかけに広告事業のベンチャーでインターンとして働くことになる。

とはいえ、意識低い系だった著者は結局ベンチャーの社長にブチ切れられる経験をしたことで行儀の悪さを見つめなおした。

そんなある日、社長からフランチャイズ事業のマッチングサイトの立ち上げ新規事業を任されることになり、いい感じに軌道にのせたと著者は言う。

その後、就活するも自分の就活に対するスタンスが原因で色よい返事をもらえず、自分のスタンスを見つめ直して希望していた広告代理店の内定を獲得するも、その当時インターンとして働いていたベンチャーにそのまま入社する選択をしたと著者。

著者は将来お金を稼ぎたいなら、学生のうちに一度は勝つ経験を積んだ方がいいと言います。

よーするに、「勝ち癖」「負け癖」があるが、

✓勝ち癖とは、100時間努力して結果が出る経験をすれば、その後も100時間くらいまで努力できる。
✓負け癖とは、どれくらいで勝てるかわからないから、すぐに諦めてしまう。

現在、就活で起きている企業と学生両損する制度についても見直すタイミングだと著者は言います。

よーするに、就活する際に何となく年収がよさげだから、大手で親が喜ぶなんて理由で選ぶべきじゃないと著者は言います。
大手に何となく入って30歳あたりで会社の本流から仮に外れてしまった場合に、その年齢まで下働きばかりしていたのに他社で通用するスキルを獲得しておらず、身動きさえ取れずにツンでしまうと警鐘を鳴らします。

中盤は、著者自身がどのようにビジネスに取り組んできたか、自分のビジネスとは何かを延々と告白形式で語られています。

終盤は、稼いだ結果として見えてきた景色と、稼いだ結果として改めて確信できたコトについて語られています。

稼ぐことから逃げるな 著者 株本 祐己 大人気ビジネス系 YouTuberが語る「令和のキャリア論」読むべきポイント

稼ぐことから逃げるな 著者 株本 祐己 大人気ビジネス系 YouTuberが語る「令和のキャリア論」読むべきポイント

著者の株本 祐己氏は正直申し上げて全く存じ上げない人で、この著書「稼ぐことから逃げるな」を見てからユーチューブの動画も1つだけ見ました。

ただ帯に「年収チャンネル」のノウハウが一冊に凝縮!YouTube総視聴回数5000万回っての見て、「お、知らねーけど、スゲーのあるやん!」みたいな感じで購入。

初めて書かれた本ということで、自己紹介を兼ねた感じで序盤から中盤にかけてずっと続いてく感じでスーッと読み切れます。

感想に出てくんのは、なんだコイツってのなんだけど、良いこともポロポロ言っててただ単に捨ててしまっていい本でもないです。

中盤に出てくる内容は、藤原和博氏の「100万人に1人の存在になる方法」って本のが詳しく厚く書かれてて、全体的なエッセンスはやまもとりゅうけん氏の「金持ちフリーランス、貧乏サラリーマン」の方がしっかり腹落ちするはずですね。

「金持ちフリーランス、貧乏サラリーマン」については書評していますので、詳しく要約していますので、コチラをご覧ください。

とはいえ、著者の株本 祐己氏のカネカネとしたところを、ここまで明確にしているのも清々しいのかなーとも思います。

本人的には、「雑魚はいらねー」ということで効率的にフィルタリングできてるんだと主張していますので、まー好きにしろと。

最後の最後にも高学歴でない人が成功する方法で、いったん学歴レースで負けてんだから、負けを認めてリスクを背負えみたく言ってるんだけど、違うんだよなーってw

お金は稼ぐべきだし、仕事で自己充足感感じれる方がいいし、幸福の土台は強固な方がいいと思いますが、ペラすぎて「だから?」ってなっちゃう。

筆者は、嫌悪感もったから「雑魚」でええわw

リアルしかなかった時代にはこーゆーのすぐ弾かれたんだけど、ネットはこーゆーのも変に温存し、延命させちゃうのも面白いところかもしれません。

ただ、君インターン後に就活して連戦連敗時の悪い癖でてるよと。

エンタメとしてやってないっぽいのが逆にエンタメになっているのか!?

”徳”って大切なコトを教えてくれる本です。

まー興味ある人はぜひ読んでみてください。


『稼ぐことから逃げるな』の書評を書いている筆者は、

自己紹介させてください。
僕は、飲食業界で25年間働いており、今は年商8億円の飲食事業部を統括する立場で働いています。
他にも、飲食店開業コンサルタントとして、これまでたくさんの飲食人とお仕事をご一緒させて頂いております。
今ご覧になって頂いている記事がある「飲食マネジメント経営.blog」は、飲食業界のマネジメントを活用した有益な情報を発信するブログサイトです。

お知り合いの飲食関係者に拡散して頂けると筆者はとても喜びます。

本を読むのが苦手な人でも大丈夫!!

耳で聴く「オーディオブック」今なら

無料で30日間でお試し聴き放題!!

勿論、今回紹介したような、

大人気著者の「人気書籍や話題のあの本」も今なら無料で楽しめます!!



通勤・通学中・家事や仕事の隙間時間に。。。すきま時間を有効活用できます!

「オーディオブック」に今回ご紹介した著者の本がない場合、

Kindle Unlimited

今なら30日間無料で楽しめます!!

※ 200万冊以上が読み放題。お好きな端末で利用可能。


稼ぐことから逃げるな 著者 株本 祐己
最新情報をチェックしよう!
>クソみたいな時代ですから知識で理論武装しよう!

クソみたいな時代ですから知識で理論武装しよう!

飲食マネジメント経営は資本主義が行き過ぎた時代に少しでも多くの人々が幸福感を持てる人生を過ごすための「知識」を持っていただきたいと、自分の部下・仲間に向けて作成したブログサイトです。 多くの飲食人以外の方にも役に立てば幸いです。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。