飲食店の実情!飲食店の人と結婚する嫁の覚悟とは?離婚率は高いの?

飲食店の実情!飲食店の人と結婚する嫁の覚悟とは?離婚率は高いの?

飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

飲食店の実情!飲食店の人と結婚する嫁の覚悟とは?離婚率は高いの?

飲食店の実情!飲食店の人と結婚する嫁の覚悟とは?離婚率は高いの?

今回は、付き合ってる人が飲食店で働いていて、結婚生活を不安に感じている女性に向けて記事を書きます。
飲食店で働く人を人生のパートナーに選ぶべきか悩んでいる人からの相談の内容を今回は紹介します。
ご相談の相手のデータは、
現在、27歳 男性 飲食店従業員(5年目)
勤務時間 10時~24時シフト制、月6回公休あり
お勤めの会社 非上場企業、年収 350万円
貯金はなし、ギャンブルはしない。
料理が好き、優しい、子供好き
こんな感じの内容でした。
皆さんは、このデータだけで判断つきますか?
筆者は辞めておくべきだとアドバイスしました。
大した男じゃないし、将来も伸びしろは相当低いと。
え?なんでこんなデータで何がわかるの?
詳しく説明してよね!
やめておくべき理由と苦労する事になる理由は、
・彼が勤めている会社がブラック企業だという点
・彼の飲食人としての能力が低く、5年も出世できていない点
が理由として挙げられます。
選ぶべき飲食店で働く人のパターンと選ぶべきでない飲食店で働く人に対する目を養えます!
結婚する相手を選ぶならば、ネガティブな覚悟がいらない相手を選びましょう!
詳しく飲食店の実情をご説明します!

飲食店の実情と飲食店の人を選ぶポイントは?

飲食店の実情と飲食店の人を選ぶポイントは?

彼が働く職場によっては、華やかに見える職場もあり、一見よさそうに感じる場合もあると思います。
しかし、飲食店で働く人の大半は厳しい環境で仕事をしています。
具体的にどんな労働環境なのでしょう?
✓出勤時間は割と遅め。
✓退勤時間は終電ギリギリ
✓間に長い休憩時間あり。
✓休みは不定休で祝日、土日は休めない。
✓年収は300万円~400万円。
✓職場の付き合いも濃厚で交際費も多め。
✓忙しかった翌日は早く仕事に行って仕込みに追われる。
✓公休でも連絡が来ることが多く、神経が休まらない。
✓公休日は家で身体の疲れを癒すことが多くなりがち。
✓学生やパートさんが多い職場で浮世離れしやすい。
✓土日休みの人との付き合いが疎遠になり、価値観がズレていく。
このようなケースが多くの飲食店で働く人に見られます。
多くの飲食店で働く場合、このような環境になりがちです。
とはいえ、こんな職場ばかりでもないです。
選ぶ会社によって上記環境ではない場合もあります。
この多くの飲食店が抱える問題の原因は、
人手不足と飲食業界の利益率の低さと経営者です。
選ぶべき飲食店を運営する会社は、
✓仕組化していない規模の中小企業。
✓出店計画を予定している企業。
✓年収ベースで初年度から400万円以上だせる企業。
✓8時間勤務なら年間休日日数105日、7時間勤務なら68日は必ずある企業。
✓月間、年間の残業時間の上限が明確に決まっている企業。
✓固定給ではなく、時間給で計算され残業した場合必ず残業代を支給する企業。
✓キャリアパスを明確に示しており、教育に積極的な企業。
✓今の時代に職人を求めているとか言わない企業。
世間一般的な待遇面を当たり前だよって思うかもしれませんが、コレが飲食業界では当たり前ではないのです。
だから、待遇面はしっかり確認して働き始めるべきなのです。
気になる点としては、

「職人を求めている企業はダメ」とか、「仕組化していない中小企業を選ぶな」ではないでしょうか?

明確に解説します!

飲食店の実情!マニュアル漬けにされていると人間的な成長をしない。

飲食店の実情!マニュアル漬けにされていると人間的な成長をしない。

飲食店で人を募集する場合は、基本人員の補充です。
おそらく、大抵の場合はこの募集で一般スタッフとして正社員への道を歩みます。
もしくは、アルバイトとして働き始め、居心地がいいから社員としての誘いに応じたか、どちらにしても人員の補充で入社している可能性が高いです。
飲食業界は、上場企業を上場企業数 62 社、非上場企業数 198,919 社 で 89 兆 1,797 億円も総売上高がある非常に大きな業界です。
上場大手の合計値しか評価していないデータが世間に出回っており、ここまで大きな業界である認識がない方もいると思います。
だから、個人店と呼ばれる飲食店か、大手と呼ばれるフランチャイザーもしくは直営の上場企業しかスポットライトが当たらず、ブラック企業のイメージが払拭されません。
とはいえ、まっとうな経営をしている企業も多数あり、そんな企業は人員補充も多くないから世間への露出も少なく、大手か年中募集しているブラック飲食店が目立ってしまうのです。
そして、露出の少ない企業の話はあとでしっかり触れることにして、マニュアル漬けの飲食店で働く人に戻します。
飲食店を運営する企業の一番大切な仕事は、お客様の席を増やすコトです。
いきなりステーキがカニバリゼーションで売上が落ちているからワラント債を発行しますって言ったアレです。
一店舗の顧客満足度を高めてリピーターを濃密に集めて信用を積み上げるより、ドンドン店舗を出店して企業全体での売上を上げることの方が大切なのです。
結論として、
従業員は本社が求める出店速度に
ついてこれなくてはいけない!
無理ですよね?
ある程度の勢いある会社は月に何店舗も出店しますから。
一から育てると従業員の成長待ちで出店できませんよね?
だから誰でもマニュアルを読めば、明日から働けるお店を作るのです。
そんなお店で毎日働くと、ルーティーンワークで完全に脳死します。
だから、自己実現やー!自己充足感やー!って人はこんな職場で続きません。
それにこんな環境で職人育ちませんよね?
素人ばっか集めて明日からOPENできるんだから。
これが、大手が手掛ける飲食店の実態。
だから、こんな環境に流されてると、普段の生活もルーティーンで脳を使ってないから、勉強もしてないし、彼女のことも一生懸命考えない、嫁ができても家庭のこと考えない人が圧倒的に多い。
だって、ずっとルーティーンで生きてるから。
それが楽すぎて、楽になれちゃってるから、そんな人ばっかしか残らない職場環境で5年もペーペーで働いているんだから。
将来が有望な人の訳がないのです。

飲食店で働く人と結婚する嫁の覚悟とは?

だったら、どんな人選べばいいんだよってなりますよね?
それが、さきほどのやつです。
選ぶべき飲食店を運営する会社は、
✓仕組化していない規模の中小企業。
✓出店計画を予定している企業。
✓年収ベースで初年度から400万円以上だせる企業。
✓8時間勤務なら年間休日日数105日、7時間勤務なら68日は必ずある企業。
✓月間、年間の残業時間の上限が明確に決まっている企業。
✓固定給ではなく、時間給で計算され残業した場合必ず残業代を支給する企業。
✓キャリアパスを明確に示しており、教育に積極的な企業。
✓今の時代に職人を求めているとか言わない企業。
この条件に入ってる企業には、逆に仕組みがない可能性が高いですし、出世は難しいです。
本当に飲食業界が好きな人たちが集まっている可能性の方が強いから。
賢い人が多いですよ、本物の飲食店。
個性が強い人が集まります。
だから、ルーティーンワークが当たり前の環境で育ってきた飲食人は逆にこんな環境じゃ生半可な気持ちじゃ生き残れない。
だけど、職場が楽しいからなかなか人が辞めないから新規で出店するタイミングくらいしか募集かけない。
こーゆーところで働いてる飲食店の人なら信用できますよ、脳が生きてるから。
人間らしくてイキイキしています。
結婚する相手がこんな環境で働けてないなら、業界内でこんな環境の企業に転職を勧めたらいいと思います。
なかなか募集してないから、一般的な募集サイトにはなかなか出てきませんが・・・
転職を本気で考えてもらうなら
過去記事を参考にしてください。
それに、こんな企業はまだまだいいコトがあります!
詳しく説明します!

飲食店で働く人と結婚する嫁の覚悟は?離婚率は高いの?

飲食店で働く人と結婚する嫁の覚悟は?離婚率は高いの?
飲食店勤務の離婚率について詳しい資料はありませんが、筆者が25年間飲食業界で働いてる感覚ではかなり高い可能性があります。
また、離婚してから飲食店で働きはじめる女性も多い職場でもあります。
離婚に陥りやすい飲食店勤務の方の場合
✓拘束時間が長い。
✓休日が合わず、大型連休など休めない。
✓低収入でボーナスも期待できない。
✓夫婦間の家庭内の対話時間が少ない。
✓価値観のズレが生じやすい。
などが考えられますが、先ほど解説した飲食企業では離婚問題は少ないと思います。
なぜならば、すれ違わないし、夫が脳死していないし、収入も安定しているからです。
具体的に説明します。
先ほど解説した飲食店の場合は、働き方が選べるはずです。
長く働き、残業時間ギリギリまで働きたい人と、そうじゃない人みたいな感じです。
休日も全ての休みを土日祝日に持ってくることは出来なくても、月に1~2回なら土日に指定して休むことも可能だったりするはずです。
もちろん、マニュアルによるルーティーンワークでwork、lifeともに脳死していませんから、家でゲームに夢中で奥さんの話に耳を貸さないなんてことも起きないはずです。
しっかり主体的に考え、行動できる人はどの職業で働いていてもイキイキしているし、心に余裕もありますから自分自分にならず、夫婦の価値観の中でウマく調整する余裕すらあるはずです。
収入面も、こういった飲食店の場合は初年度で400万円~450万円。
店長、マネージャーで500万円~800万円を狙っていけます。
一般的な飲食店の人のイメージとは違っていたんじゃないでしょうか?
よーするに、選んだお相手が悪いか、働く会社が悪い可能性が高い訳です。

ここで、僕の自己紹介をさせて下さい。
ここまで記事を進めて、今さら感ありますが、僕の自己紹介をさせてください。
僕は飲食業界で25年間マネジメント層として現在まで働き、今は年商8億円の飲食部門の統括をしております。
それとは別に、飲食店開業コンサルタントとしてこれまで多くの飲食人とお仕事をさせて頂いております。
そして、今記事を書かせて頂いております、「飲食マネジメント経営.blog」の運営をしております。
飲食業界で長年に渡って酸いも甘いも経験してきたので、是非参考になさって下さい。

 

これ以上、飲食で失敗しない転職のレシピはコチラ!


 

大阪を中心に活動している飲食専門の経営コンサルタントです。

新田飲食開業顧問 Link 飲食店開業コンサルティング 料金プラン

飲食店 開業 コンサルティング 料金プラン

20坪以下の飲食店開業の場合 新田飲食経営顧問の開業プラン 他社コンサルタントの開業プラン
問い合わせ 無料 無料
お見積り 無料 無料
プラン内容 開業まで何度でも直接指導 契約後数回の打ち合わせと指導
料金 契約金+実費 契約金+実費
開業後 サポートあり サポートなし
廃業時 3年以内なら契約金全額返金保証 返金保証なし

※ただし、ご好評につき、ご用命頂いた日程でお約束できない場合があります。 あらかじめご了承ください。

 


お問い合わせ

 


 

👇 詳しくもっと見る

20代以下限定でLineでだけの無料相談応じてます。

いつもたくさんのお問い合わせありがとうございます!
お問い合わせや相談が多数なので順番にお答えさせて頂いております。

飲食店の実情!飲食店の人と結婚する嫁の覚悟とは?離婚率は高いの?
最新情報をチェックしよう!
>クソみたいな時代ですから知識で理論武装しよう!

クソみたいな時代ですから知識で理論武装しよう!

飲食マネジメント経営は資本主義が行き過ぎた時代に少しでも多くの人々が幸福感を持てる人生を過ごすための「知識」を持っていただきたいと、自分の部下・仲間に向けて作成したブログサイトです。 多くの飲食人以外の方にも役に立てば幸いです。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。