AI分析でわかったトップ5%社員の習慣 著者 越川 慎司 書評 要約 読むべきポイントは? | 飲食マネジメント経営.blog

AI分析でわかったトップ5%社員の習慣 著者 越川 慎司 書評 要約 読むべきポイントは?

AI分析でわかったトップ5%社員の習慣 著者 越川 慎司 書評 要約 読むべきポイントは?

AI分析でわかったトップ5%社員の習慣 著者 越川 慎司 書評 要約 読むべきポイントは?

ちょっと面白そうな本を見つけました。サンプル1万8,000人による働き方の結論というのに痺れました。書評します!

AI分析でわかったトップ5%社員の習慣の紹介

AI分析でわかったトップ5%社員の習慣は、

発行日 2020年9月25日 初版発行

著者 越川 慎司

発行者 株式会社 ディスカバー21


AI分析でわかったトップ5%社員の習慣の導入文

働き方改革で目指すべきは、残業を削減することでも、有休を消化することでもありません。

(中略)

かつては、実直に実行できる人が評価されていました

(中略)

そのため、上司のご機嫌取りがうまい人、おべっかを使う人、上にやさしく下に厳しい中間管理職、愛想がよい人、社内政治がうまい人、NOと言わない人・・・が評価されることが多々ありました。

しかし、そうやって評価された人材は、社外で活躍できる能力を持っていませんでした。

(中略)

私が代表を務めるクロスリバーでは、これまでに605社に対して働き方改革の支援を行ってきました。その過程で各社の人事評価「上位5%」の社員は、どのような行動・働き方をしているかについて調査してきました。

(中略)

「5%社員」の調査を元に導き出した成功ルールは、その後、29社で実証実験を行い、「5%社員」以外でも効果を出したのです。

(中略)

上位「5%社員」のシンプルな考えと行動を参考にするだけで、短い時間で成果を出し続けることができるようになります。

AI分析でわかったトップ5%社員の習慣のもくじ

はじめに

序章 AIで1万8000人分析してわかった、ずば抜けた結果を出す人の五原則

■「5%社員」の98%が「目的」のことだけを考える
■「5%社員」の87%が「弱み」を見せる
■「5%社員」の85%が「挑戦」を「実験」と捉える
■「5%社員」の73%が「意識変革」しない
■「5%社員」の68%が常にギャップから考える

第一章 良かれと思ってやってしまう「95%社員」の行動

■作業充実感に浸る
■平日も休日もこまめにメールチェックする
■重要そうな資料を用意してしまう
■作業効率が上がったことに満足する
■多くの情報はネットで検索できると思っている
■問題が起きたら、すぐに解決策を考える

第二章 トップ「5%社員」のシンプルな思考と行動

■達成感を大切にする
■新しい挑戦にはデメリットがあることを理解している
■完璧を目指さない
■再現性を大切にする
■止まって考える時間を設けている
■経験学習する
■完成度20%で意見を求める
■アウトプットする習慣を持っている
■笑顔の連鎖を作る
■結果は準備で決めることを理解している

第三章 トップ「5%社員」の強いチームをつくる発言

■「今ちょっといい?」
■「そうかもしれない、しかし私はこう思う」
■「いいね」「そうだね」「さすがだね」
■「賛成、さらにこれやろう」
■「そうだね、でもさらにこうすればいいね」
■「そうしたら、〇〇しよう」

第四章 トップ「5%社員」のすぐやる習慣

■席にいない、動き回る
■メールの返信が15分以内
■まず単独行動する
■新たな経験を好む
■学びをすぐに実践する
■仕事の締め切りに遅れない
■すぐにメモを取る

第五章 今日からできるトップ「5%社員」のルーティン

■1日5分の情報収集
■メンターへのアウトプット習慣
■フィードバック・コミュニティを持つ
■週に1回、15分の内省タイムを持つ
■同じ操作を繰り返さないITテクニック
■ランチで「横の人脈」を構築する

あとがき

AI分析でわかったトップ5%社員の習慣の要約

序盤は、原則を具体的に語るところから始まる。

5%の社員がしている原則は5つだ。

✓「目的」のことだけ考える
✓「弱み」を見せる
✓「挑戦」を「実験」として捉える
✓「意識変革」はしない
✓常に「ギャップ」から考える

■目的のことだけ考えるを分析

目標に向かっていくマインドで95%の社員が目標を逃した時に、「よく皆で頑張ったし、やれることは全てやった」と考えるに対して、5%の社員は「確かにやれることはやったけど、失敗したということは、どこかに失敗した原因がある」と考え、逃げない構えを見せるそーです。

また、時間を大切にして95%の他の社員よりも1.7倍も多く時計を見て、会議などでは期限や時間に関する発言を2.3倍以上発言するそーです。

人一倍向上心が強いのも特徴で与えられた目標よりも険しい目標設定を自らに課す。
5%の社員は目標の達成感、95%の社員は時間内を働いた充実感を得ます。

パワポの使い方でも差があり、95%の社員は5%の社員に比べ32%内容が厚いコトが判明し、5%の社員は伝えることより「伝わる」を重視しておりストーリー作りがウマい。

■弱みを見せるを分析

アンケート調査で5%の社員は自分の弱みをさらけ出しことに抵抗がないと答えた人は73%、95%の社員は23%でした。

5%の社員は、自分がわからないことに当たった時は、質問し、わからないところをそのままにしておきません。
問題に対して真摯に学び、新たな知識を得ようとするのです。

■挑戦を実験として捉えるを分析

5%の社員は行動量が多いコトも特徴。

会話やチェットで接する人数が多く、会議の発言頻度は32%多く、社内での移動距離も22%長かった。

5%の社員は自分にないスキルや経験を身につけようとする人が69%、95%の人は一つのスキルを生涯鍛えようと考えている人が63%いました。
よーするに、5%の社員はスキルの掛け合わせを考え、一般社員はスキルの積み上げにこだわるのです。

■意識変革を5%社員の73%がしないを分析

5%の社員は意識を変えて行動するのではなく、行動を変えて意識が変わっていく。
よーするに、行動してみたら意識が変わり、継続すると行動変容が習慣に変わるのです。

■68%の5%社員が常に「ギャップ」から考えるを分析

5%の社員はある程度のニーズを確認したら、行動して自分の立ち位置と顧客の間のズレを俯瞰視することでギャップを埋めに行くことで正解に近づけることを知っている。

本を読む習慣。

一般社員は年に平均して2.2冊読むのに対して、5%社員は20倍の48.2冊読んでいると言っています。

5%の社員になるための方法

①プレマックの原理で習慣化

プレマックの原理とは行動主義心理学研究者であるデイビィッド・プレマックが提唱した特定に行動を強化するための原理です。

法則としては、
習慣化された行動の前に、新たな行動をセットすると、それを実行しやすくなるというものです。

②インプットとアウトプットの時差を埋める

時差を埋めるとは、インプットで得ようとしている目的が明確ですぐにアウトプットへの行動に繋がるようにするということです。

③効率的なインプット術

情報を取りに行くのではなく、情報を集まる仕組みを構築する。

④メンターへのアウトプット習慣

自分がとった行動や自分が考えていることを客観的に見つめ、忖度のないアドバイスを受ける。

⑤社外にリアル人脈を作る

階層や上下関係はなく、フラットに相談することができ、ビジョンや意識があった時に、損得を考えずに協力し合える相互補完コミュニティを作ること。

⑥週に1回は、内省タイムを持ち、行動改善に繋げる。

生活の中に、他人と交わらないひとりだけの時間を作って、自分の行動や世の中のできごとを振り返る。
頭の中だけでなく、ノートなどに書き出す方が有効だと言います。

AI分析でわかったトップ5%社員の習慣 著者 越川 慎司 書評 要約 読むべきポイントは?まとめ

AI分析でわかったトップ5%社員の習慣 著者 越川 慎司 書評 要約 読むべきポイントは?まとめ

いやー書いてることがたくさんのサンプルから得たデータに基づいているだけに説得力あります。

そして、肌感覚で「こうあるべし」と感じていたことと合致していて気持ちいい!

手前味噌で申し訳ないが、数日前に書いた「有料級:飲食で確実に3年で出世して年収500万円以上【完全出世ガイド】」と気持ちいいほど合致している。

勉強になったことに、「プレマックの原理」は知らなくて正直とても良い学びになり、確かに与え方次第では有効かもしれないと感じた。

非常にわかりやすく書かれており、文字があまり得意じゃない人でもつるんと2時間もあれば読めます。

トップ5%といえば、パレードの法則の上位概念である96:4に近い。

または、日本国民の上位5%が1000万円以上の収入を年間に得ている。

よーするに、サンプル「1万8000人」から導き出した解には「そこに行くための答え」がある。

って考えても考え過ぎじゃないですよね?

ほとんどの人は職業の大半がAIやロボテックに代替されていく時代でも危機感もなく脳死して日々のルーティーンに生きていると思います。

しかし、「未来に抗いたい」と感じている人は是非よんでほしい本です。

たった1500円で年収1000万円超える可能性がある本です。

これほどの価値あるモノってあまりありませんよね?

世の中に。

著者も取り上げておられたパレードの法則は経験則に基づいて当てはまるよねって法則です。

こうなるよって法則じゃないわけです。

しかし、結果として当てはまる。

5%って絶妙な数字を取り上げられていると思います。

他人に価値を見出される人になるのは実は簡単で、世の中の大半の人の逆張りをすればいいのですが、この本に書かれているコトが逆張ることになります。

バイブルとしてこの本片手に若く今なにも成せていない方は生きるべしと言っても過言ではない。

エフィカシー、コンフォートゾーン、メタ認知、ヒューマンスキルにコンセプチュアルスキルが大切でVUCA時代にどのように仕事を進めるべきか、全て書いてある。

いやー勉強になりましたー!

本当におすすめです。



『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣の書評を書いている筆者は、

自己紹介させてください。
僕は、飲食業界で25年間働いており、今は年商8億円の飲食事業部を統括する立場で働いています。
他にも、飲食店開業コンサルタントとして、これまでたくさんの飲食人とお仕事をご一緒させて頂いております。
今ご覧になって頂いている記事がある「飲食マネジメント経営.blog」は、飲食業界のマネジメントを活用した有益な情報を発信するブログサイトです。

お知り合いの飲食関係者に拡散して頂けると筆者はとても喜びます。

本を読むのが苦手な人でも大丈夫!!

耳で聴く「オーディオブック」今なら

無料で30日間でお試し聴き放題!!

勿論、今回紹介したような、

人気著者の「人気書籍や話題のあの本」も今なら無料で楽しめます!!



通勤・通学中・家事や仕事の隙間時間に。。。すきま時間を有効活用できます!

「オーディオブック」に今回ご紹介した著者の本がない場合、

Kindle Unlimited

今なら30日間”無料”で楽しめます!!

※ 200万冊以上が読み放題。お好きな端末で利用可能。


AI分析でわかったトップ5%社員の習慣 著者 越川 慎司 書評 要約 読むべきポイントは? | 飲食マネジメント経営.blog
最新情報をチェックしよう!
>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。