悩む力 著者 DaiGo 書評 要約 読むべきポイント | 飲食マネジメント経営.blog

悩む力 著者 DaiGo 書評 要約 読むべきポイント

悩む力 著者 DaiGo 書評 要約 読むべきポイント

悩む力 著者 DaiGo 書評 要約 読むべきポイント

悩む力の紹介

悩む力とは、

発行日 2021年4月1日 初版発行

著者 メンタリストDaiGo

発行者 きずな出版

悩む力の導入文

「思考力や判断力が磨かれ、鍛えられる」

「仕事や勉強面だけでなく、家族や友人関係も好転する」

「キャリアの成功に役断つ」

「ものごとを決めるのがうまくなる」

「自分をよく理解できるようになる」

「未来を予測しやすくなる」

「コミュニケーションがうまくなる」

「いやな気分を軽くしてくれる」

「ダマされにくくなる」

「発想力が広くなる」・・・etc.

そんな究極の思考法「悩む力」ー

悩む力のもくじ

はじめに

第一章 凡人が天才に勝つ唯一の思考法

■「生まれつきの天才」に努力で勝つのは不可能?
■「クリティカル・シンキング」とは何か?
■どれだけ知性が高くても、思い込みには勝てない
■あなたが「思い込みの罠」に強いかどうかを判断する3つの問題
■生まれつきの天才でも合理的思考ができない理由
■人間の不合理さを学ぶだけでも、あなたは合理的になる
■チキンレースを抜け出し、競争せずに人生を勝つ
■優秀なクリティカルシンカーがおこなう6つの習慣

第二章 クリティカル・シンキングで得られる8つのメリット

■クリティカル・シンキングには、あらゆる面でメリットがある
■「キャリアの成功に役立つ」
■「ものごとを決めるのがうまくなる」
■「自分をよく理解できるようになる」
■「未来を予想しやすくなる」
■「コミュニケーションがうまくなる」
■「いやな気分を軽くしてくれる」
■「フェイクニュースに騙されにくくなる」
■「発想力が広くなる」
■あなたの「クリティカル・シンキング」レベルを計る7つのチェック項目

第三章 「ソクラテス式問答法」をマスターしよう

■最強の合理思考トレーニング「ソクラテス式問答法」とは?
■「ソクラテス式問答法」でビジネスが加速した理由
■「ソクラテス式問答法」に欠かせない6つのパターン
■「明確化の質問」
■「前提調査の質問」
■「証拠の質問」
■「視点の質問」
■「影響と結果の質問」
■「疑問の質問」
■ソクラテス式問答法を身につける2つのトレーニング

第四章 正しく考える力を養う5つのトレーニング

■クリティカル・シンキングを鍛える5つのトレーニング法
■「弁証法的ライティング」
■「CAT法」
■「CLS法」
■「ケーススタディ法」
■「WOOP+C」

第五章 ”悪いヤツら”にダマされないための8つのクリティカル・シンキング

■1日で江戸時代の1年分と同じデータ量を消費する現代人
■「議論を単純化する」
■「定義の一貫性チェック」
■「エビデンスの確認」
■「空・雨・傘による推論のつながりチェック」
■「ワンウェイチェック」
■「承諾誘導をはがす」
■「信憑性チェック」
■「代替案を探す」

第六章 頭ひとつ抜けた説得力が手に入る「欠陥理論」の8パターン

■なぜ「欠陥理論」を学ぶだけで説得力が身に付くのか?
■「矛盾」
■「偶然」
■「偽要因」
■「論点先取」
■「言い逃れ」
■「無知の議論」
■「合成と分割」
■「第三要素の脱落」

第七章 他人を操作できる9つのクリティカル・シンキング

■クリティカル・シンキングで「洗脳」を防ぐ
■「ネーム・コーリング」
■「グラッドワード」
■「トランスファー」
■「偽のアナロジー」
■「テスティモニアル」
■「庶民派アプローチ」
■「カード・スタッキング」
■「バンドワゴン」
■「白黒思考」

おわりに

悩む力の要約

序盤は、クリティカル・シンキングについての説明からはじまります。

直訳すると、批判的思考。

自分の主張から一歩離れて、「ん?ちょっと待てよ。本当にそれで合っていると言えるのか?別の方法はないのか?」と自問自答する行為であり、考え方のこと。

質の高い情報を自ら選び抜かねばならない現代においては、思考力を高めるトレーニング、そして「悩む力」をつける習慣が大切と著者は言います。

優秀なクリティカルシンカーがおこなう6つの習慣

→2018年のアメリカ・ラスムーセン大学がまとめたもの

習慣1.同定

「自分がいまどんな問題と向き合っているか」を確認する作業

習慣2.調査

参考にする情報のソースを調べるクセをつけ、その根拠のレベルをチェックする。

習慣3.バイアスチェック

自分がもつ「思い込み」をチェックする行為。

習慣4.推論

今わかっていることから、別の可能性を色々と考えてみる行為。

習慣5.欲求の確認

難しい問題を解決するときにありがちなのが、そもそも自分にとって何が大事だったのか?」の視点を意識する行為。

習慣6.好奇心

クリティカル・シンキングを鍛えるためには、意識的に特定の枠にとらわれず、あらゆる分野から情報を集めようとする行為。

世界経済フォーラムによる「第4次産業革命に必要な能力TOP10」

スキル名 2020年 2015年
1位 複雑な問題解決 複雑な問題解決
2位 クリティカル・シンキング コーディネート力
3位 創造性 人的マネジメント
4位 人的マネジメント クリティカル・シンキング
5位 コーディネート力 交渉力
6位 心の知能指数 品質管理
7位 判断力と意思決定 サービス志向
8位 サービス志向 判断力と意思決定
9位 交渉力 傾聴力
10位 認識の柔軟性 創造性

マサチューセッツ工科大学がTwitterを調べた研究

正確な事実が1000人以上に拡散することはほとんどないのに対して、フェイクニュースは多い時で10万人レベルまで拡散するケースが珍しくなかった。
よーするに、フェイクニュースは事実より拡散力が100倍強く、拡散速度は20倍だとされます。

クリティカル・シンキング8つのメリット

✓キャリアの成功に役に立つ
✓ものごとを決めるのがうまくなる
✓自分をよく理解できるようになる
✓未来を予測しやすくなる
✓コミュニケーションがウマくなる
✓嫌な気分を軽くしてくれる
✓フェイクニュースに騙されないようになる
✓発想力が広くなる。

中盤はクリティカル・シンキングを高める著者が最強という思考トレーニング「ソクラテス式問答法」について解説しています。

終盤は、現代の1日で江戸時代の1年分のデータ量を消費する現代でおかしな情報に振り回されないための危機管理能力と自分とって役に立つ情報を取捨選択する分析能力を得るための話です。

怪しい情報を見抜くための8つのポイント

✓議論を単純化する
✓定義の一貫性チェック
✓エビデンスの確認
✓空・雨・傘による推論の繋がりチェック
✓ワンウェイチェック
✓承諾誘導をはがす
✓信憑性チェック
✓代替案を探す

他人を操作できる9つのクリティカル・シンキング

✓ネーム・コーリング
特定の人や物にネガティブなラベルを張り付ける技法。

✓グラッドワード
道徳的な言葉を多用して相手を持ち上げる手法。

✓トランスファー
「転送」を意味する英単語で、ポジティブなシンボルを使って自分の権威を高めるテクニック。

✓偽のアナロジー
実際には類似として使えないものを、同じものであるかのように提示する手法。

✓テスティモニアル
証明や証言を意味する英単語で、洗脳テクニックの世界では「ビックネームに自分の意見やアイデアを推奨してもらう手法。

✓庶民派アプローチ
「私は皆さんと同じ一般市民です」や「私もあなた方と同じ悩みを抱えているのです」といったように、自分の平凡さを強調して親密さを上げる手法

✓カード・スタッキング
情報の都合のいいところだけを強調し、都合の悪い側面は隠して議論を組み立てる手法。

✓バンドワゴン
みんなやっているからというポイントを強調することで説得力を待たせる技法。

✓白黒思考
実際には他にも選択肢があるのに、2つの選択肢だけを提示して判断を迫る手法。

悩む力 著者 DaiGo 書評 要約 読むべきポイント、まとめ

悩む力 著者 DaiGo 書評 要約 読むべきポイント、まとめ

VUCA時代に著者がもってくるテーマとしてこれほど著者らしいテーマがあるだろうかと読みながら感じさせられました。

残念ながら、筆者はDラボには参加していなく、無料でみられるコンテンツでしか語っている姿を拝見していないのですが、彼が今ココで話すテーマとしては相応しく感じました。

「脊髄反射で情報を鵜吞みにせず、誤情報を避けろ」って言っています。

著者の紹介の仕方は、アブダクションとも言われる手法です。

行動や現象だけに着目するのではなく、背景や原因を探ることによって法則や仮説を発見し、生活やビジネスに応用していく推論法をもってクリティカル・シンキングを解説されています。

ここまで、わかりやすく簡単な言葉で批判的思考を解説されている本はなかったと思うので、非常におススメできる本です。

ウマく話を拡げて引き込まれやすく書かれているので驚きです。

ビジネスパーソンに限らず、大半の人が資本主義の罠にハマっておられる時代だけにクリティカル・シンキングは思考法を学ぶ時に最初に学ぶべき思考法です。

ほぼ全ての人が読まれるべき一冊だと感じました。


『悩む力の書評を書いている筆者は、

自己紹介させてください。
僕は、飲食業界で25年間働いており、今は年商8億円の飲食事業部を統括する立場で働いています。
他にも、飲食店開業コンサルタントとして、これまでたくさんの飲食人とお仕事をご一緒させて頂いております。
今ご覧になって頂いている記事がある「飲食マネジメント経営.blog」は、飲食業界のマネジメントを活用した有益な情報を発信するブログサイトです。

お知り合いの飲食関係者に拡散して頂けると筆者はとても喜びます。

本を読むのが苦手な人でも大丈夫!!

耳で聴く「オーディオブック」今なら

無料で30日間でお試し聴き放題!!

勿論、今回紹介したような、

大人気著者の「新刊・定番書籍」も今なら無料で楽しめます!!



通勤・通学中・家事や仕事の隙間時間に。。。すきま時間を有効活用できます!

「オーディオブック」に今回ご紹介した著者の本がない場合、

Kindle Unlimited

今なら30日間”無料”で楽しめます!!

※ 200万冊以上が読み放題。お好きな端末で利用可能。


悩む力 著者 DaiGo 書評 要約 読むべきポイント | 飲食マネジメント経営.blog
最新情報をチェックしよう!
>クソみたいな時代ですから知識で理論武装しよう!

クソみたいな時代ですから知識で理論武装しよう!

飲食マネジメント経営は資本主義が行き過ぎた時代に少しでも多くの人々が幸福感を持てる人生を過ごすための「知識」を持っていただきたいと、自分の部下・仲間に向けて作成したブログサイトです。 多くの飲食人以外の方にも役に立てば幸いです。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。