飲食店で働きはじめたばかりのアナタに。10年先も稼げるヤツになるためのコツ!Ⅶ

飲食店で働きはじめたばかりのアナタに。10年先も稼げるヤツになるためのコツ!Ⅶ

飲食店で働きはじめたばかりのアナタに。10年先も稼げるヤツになるためのコツ!Ⅶ

前回は筆者が本業にこだわって複業することを発信しているのかについて話しました。今回は正しい心の持ち方が最強だというお話をしていこうと思います。
このシリーズの記事をおすすめする人は、
✓どうせ、まじめに働くなら稼げるヤツになりたいなー。
✓難しいのは勘弁、簡単に無料で学びたい。
✓確実な方法論ってないかな?
✓世の中かわってきたし、不安だ。
✓今ばくぜんと抱えている不安を解消したい。
すべて、100%その希望・願望は解決できます!
本質的な内容としてシリーズとして解説していきますが、筆者は飲食業界で生きるコンサルタントです。
しかし、飲食業界の人以外でも十分通用するはずです。

具体的に将来に対する具体的な説明をはじめます!

人間は弱い!良いメンターを見つけることこそ、人生をブチ上げる一番大切なことかもしれない【10年先も稼げるヤツになるためのコツ】シリーズ最終章。

人間は弱い!良いメンターを見つけることこそ、人生を上げる一番大切なことかもしれない【10年先も稼げるヤツになるためのコツ】シリーズ最終章。

人は強がって見せていても非常に弱く、モロい生き物です。

ちょっとした他者の言葉や態度で心折れそうになった経験は全ての人が共有できる体験としてあると思います。

心や魂が揺さぶられる経験が喜びや感動を呼び寄せ、同時に悲しみや苦しみを運んできます。

人生は連続性のある時間軸で生きているのですから、このさまざまな落差から起きる喜怒哀楽から逃れることはできません。

そして、人生には3つの坂があります。

上り坂、下り坂、まさか

です。

ダジャレでもなんでもなく、経験者は理解できるはずです。

人の心や体調にバイオリズムがあるように、人生にもあります。

株価が上下するような形状のアレです。

ずっと上り坂しか経験しない人はいません。

上り坂がキツいと下り坂も同様に急降下するかのような目に陥ります。

しかし、人は上り坂の時に下り坂をイメージできる人は稀です。

逆も然りです。

必ず、誰しもあり得るのにです。

ここに理解の大きすぎるギャップがあります。

成功者の多くは自宅に神棚を祀っていたり、風水・寄付などに巨額な資産を講じるのも自分の実力以上なにか目に見えない存在を意識するからです。

しかし、このようなメンタルの脆さは決してバカにするような代物ではなく、逆に人生を救うことの方が多いです。

危機感なども典型で、決して目に見える概念ではありません。

危機感とは敢えて見ようとしないと見えない概念で、ただ怯えているだけの人には打開策すら打ち出せません。

例として、

河川敷を歩いていると数メートル先に野球をしている団体があり、その方向からボールが飛んでくる可能性を感じている人の中からしか、飛んでくるボールを避けられません。
また、野球を数メートル先で行われている横を歩くことを怯えているだけの人はその先に進むことすらできません。

このように、人生には目に見えない概念を味方につけた人の中から成功者と言われる人が生まれます。

✓人生のバイオリズム然り
✓大いなるものへの信仰然り
✓遠い子孫への責任感然り
✓危機感然り
目に見えるモノだけにしか興味、関心のない人の多くは成功を享受できません。
人の一人称での意志は非常に脆く弱いものだからです。
これは真理です。
その証拠に多くの人が資本主義社会の罠とも言える消費喚起に抗う手段が乏しいでしょう。
または、他人との比較で優位性を得ることで人生に勝ったような錯覚を起こしてしまうのです。
「大いなるものに自分の言動を見られている」など信仰心などに頼り、自分の言動を律することも効果的です。
「遠い子孫に目標とすべき人物になろう」なども効果が期待できます。

このように、目に見えない概念との良好な距離感を得ている人は自制が利きやすく、危うく進むべき道を踏み外しそうになった場合も「目に見えないモノ」の”せい”にして自らにマインドコントロールを利かせることができるのです。

つまり、世の仕組みを信仰心・自分をルーツとする子孫や先祖などに想いを馳せ、自分の根底からの善悪を更に研磨して人生を過ごすことが重要なのです。
このような手法はとても高度なセルフマインドコントロールです。
非常に難しい。
理想的な手法ではありますが、現実味を帯びない人はメンターを持つことの方が早いです。

セルフイメージとエフィカシーとメンター

セルフイメージとエフィカシーとメンター

人はイメージの生き物である。

という言葉があるくらいイメージすることで良くも悪くもなります。

簡単な例ですが、

よく自己啓発関連で自分ちの目につくところに理想とする言葉を貼れ

などがあります。

「わたしなんて〇〇だから」
「どうせ〇〇だから」

などマイナスに発言する人は大抵イケてない人生を歩みます。

ウマくいかないことに言い訳ばかりする人も同じです。

結局、良くなるイメージがなかったり、ウマくいかないイメージ癖がついてしまっているのです。

よーするに、負け癖ってやつです。

これを解除してくれるのが、メンターです。

個人コンサルティングの基本は決して否定的な言葉を使いません。
自分一人で負け癖を解除するのは凄く難しいのです。

しかし、悪質な業者も多く選ぶのが難しい。

そこで、筆者からの提案は、

身近に成功している人を勝手にメンターとして接する。

身近にいない場合は、

集まりそうな場所に出掛けてメンターを勝手に見つけるです。
そんなことしてなんのメリットがあるんだよって聞こえてきそうですが、大いにあります。
勝手にメンターとして接しているだけですから、相手から駄目ダシをされることもありませんw
料金も一切かかりません。
唯一、やってほしいことがあります。
メンターの思考を分析することです。
自分が選択を迷う時、メンターならどうするのかと考える癖をつけるのです。
今、自分自身が理想とする自分になれていない場合は単純に過去の自分の選択ミスです。
そして、メンターが自分から見て成功者ならば、その人の過去の選択が正しかったことが原因です。
よーするに、自分が見つけたメンターの思考法を想像して丸パクリするのです。
少なくとも、これを実行するだけで自分が思うイケてない自分から撤退できます。
手軽に自己変革を完了してしまえるのです。
理想は全ての思考法をパクるつもりでやった方が効果的です!
明日から別人格になろーとする感じです。

セルフイメージの概要は、

無意識的に自分自身を描いてしまっている姿です。
よーするに、過去の記憶を軸に今の自分をイメージしていること。

エフィカシーの概要は、

自己能力に対する自己評価です。
つまり、過去の記憶を軸にせず、勝手に自分のイメージを上げるのです。
このように、セルフイメージとエフィカシーは因果関係があります。
しかし、圧倒的に違いがあるのが、セルフイメージの書き換えは時間がかかるのに対して、エフィカシーを上げるのは一瞬です。
自分はできると自分自身で評価するだけですから。

飲食店で働きはじめたばかりのアナタに。10年先も稼げるヤツになるためのコツ!まとめ

飲食店で働きはじめたばかりのアナタに。10年先も稼げるヤツになるためのコツ!まとめ

初めて、同一タイトルに対して長い時間向き合って書き上げた記事となりました。

筆者は、「仕事ができる。または稼げる人」は単純に頭がいい人だと思っています。

とはいえ、よっぽど良い教育を受けてこなかったら社会にでて結果にすぐアクセスするには地頭がいいだけでは不可能です。

押さえておくべき守備範囲が大きすぎるためです。

また、資本主義が行き過ぎた現代社会では消費の罠が四方八方に張り巡らされており、ケガを最小限に抑えつつ行動した人の中からしか成功者は生まれません。

そして、真の成功者とは短期的に一発屋的な成長曲線を描けた者を指す言葉ではなく、長期視点で資産形成しつつ自分という人的資本に資金注入し価値を高め続けた者の中から生まれるのです。

人生にリセットボタンはありません。

時間という命と同意の最大資産を活かすには早く本質に気づくです。

小難しく、めんどくさいことの中にしか本質はなく、小難しいことやメンドーなことから避ける性格だと将来的に厳しい道のりを歩むことになります。

筆者は現にその厳しい道を歩まざる得なかった一人です。

現在50歳となり、筆者はなんとか人生を修正させることに成功しましたが、周りの友人・知り合いはツンでいる人で溢れています。

そんな人生は本当にクソです。

そしてそんな人生を生きている本人もクソ。

だからこそ、こうして発信しよーと思い立ち発信をもう2年続けています。

なんとか少しでも多くの人に届けと活動を続けています。

現在、さまざまな相談にも応じています。

詳しくは、

関連記事

無料相談ドンドン承ります! このサイトは、ブルーオーシャンの飲食業界について深く斬り込んでいきます。 厳しい内容や難しい内容も多く、筆者としても認識があって辛口でライティングしているのですが、普通にとっつきにくいと思います。 […]

飲食マネジメント経営
最新情報をチェックしよう!
>クソみたいな時代ですから知識で理論武装しよう!

クソみたいな時代ですから知識で理論武装しよう!

飲食マネジメント経営は資本主義が行き過ぎた時代に少しでも多くの人々が幸福感を持てる人生を過ごすための「知識」を持っていただきたいと、自分の部下・仲間に向けて作成したブログサイトです。 多くの飲食人以外の方にも役に立てば幸いです。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。