新世紀のしょぼい飲食店起業3.0成功の秘訣は?

新世紀のしょぼい飲食店起業3.0成功の秘訣は?

新世紀のしょぼい飲食店起業3.0成功の秘訣は?

新世紀のしょぼい飲食店起業3.0成功の秘訣は?

今回はコロナがとりあえず収束をしたということで、下りに下がったテナント料を鑑みて飲食店起業の有無をもう一度考えてみたいと思います。
 
筆者は今までは安易に飲食店で起業することに反対する立場でした。

もちろん、多くの飲食店開業に参加してきましたが、小資本の開業の場合、中長期的にその店舗のみで起業主が食べていける必勝パターンは数が少なく、誰でもできるような再現性の高いパターンはあり得ません。

何故ならば、

一番の理由は飲食店起業に夢を投影させすぎているためです。
 
詳しくは後で説明します。

 

個人が飲食店をフランチャイズで開業させるなんて論外オブ論外です。

他には、

✔︎虎の子の退職金の大半を突っ込む。
✔︎家族や友人・知人を保証人にして借金する。
✔︎妻・子を巻き込んで家族で経営しようとする。
✔︎最初から人を雇ってオープンさせる。
✔︎失業をきっかけに始めようと目論む。

これらは全て論外オブ論外です!

では、どのような形の飲食店起業が理想的か?
 
 
答えは明確です。

 

しょぼく飲食店をOPENさせる、です。

 

継続こそ力なり!です。

これに勝る飲食店起業の再現性の高い成功パターンはあり得ません。

なぜならば、

■開業資金が少額
■無借金経営
■安易に自分の夢を投影しすぎない。
■リスクヘッジしやすい構造の経営である。

このように地に足をつけた飲食店起業を行うと生活が破綻し破産しか道がないなんてことになりようがないのです。

安易に飲食店経営に夢や希望を抱くべきではない理由。

安易に飲食店経営に夢や希望を抱くべきではない理由。

筆者は知り合いや業者さんを通じて経営のピンチに陥っている飲食店経営者を紹介され、倒産や廃業から逃れる道を経営者と共に模索するのですが、多くのピンチに陥っている経営者は勘違いされている人ばかりです。 

このままなら廃業・倒産の憂き目にあうので、ランチを閉めて即金性の高い副業をしましょうなどと経営者さんの社会的レベルに応じて提案するのですが、返ってくる返答は呆れかえる返答ばかりです。

✓俺が今さらそんなことができるか!
✓そこまでしなくても商売で挽回したい!
✓俺にも顔ってもんがある!
✓この商売まるっと買ってくれる人おらんかな?
もう意味がわかりませんw
飲食起業を果たして一国一城の主だとの自負があるのでしょうが、資本主義社会で個人事業主なんて道なかばで中途半端な状態です。
なにを勘違いしているのかと呆れるばかりです。
結局このような経営者はその後連絡が途切れ、廃業し、その地域から姿を消します。
ロバート・キヨサキ著の「金持ち父さんシリーズ」でも、このように書かれています。

職業には4つのタイプに分けることができ、その4つのタイプを4つのクワドラントと言います。
このシリーズでは、4つのクワドラントそれぞれで「お金を得る方法」「どんな仕組みの中に生きているか」「どんな生き方をしているか」といった人生・お金に関わる違いがあることを紹介しています。
 
Eクワドラント・・・Employee(従業員・サラリーマン)
Sクワドラント・・・Self-employed(自営業)
Bクワドラント・・・Business-owner(ビジネスオーナー)
Iクワドラント・・・Investor(投資家)

基本的に人生は、

E⇨S⇨B⇨I

の順序で成長させる。

なぜならば、E・S時代は自分の労働に対して報酬を得るのに対して、

Bは自分の仕事+人を雇うことで「時間・お金・人のレバレッジ」を使うことができ、

Iは基本的にお金を働かせてお金を得ます。

 
個人事業主は基本的に労働者なのです。

個人事業者でいることに満足や充足感を得ているのも結構なのですが、資本主義社会の中で目指すべき先のある立場であることも忘れたらいけません。

吹けば飛ぶような地位なのですから、のぼせ上がることなく、まだまだ何をしてでも先に進むのだとの意志がなければ、今の地位すら怪しい状態なのです。

自分の夢を投影しすぎないことがとても大切なのです。
飲食店による起業はサクッと先に進むための通過点に過ぎないのです。

しょぼい飲食店で起業する強みは二刀流にあり。

しょぼい飲食店で起業する強みは二刀流にあり。

今はフードデリバリによる副収入で最低限の生活ができる収入を得るのは非常に簡単です。

では、飲食店経営とフードデリバリの二刀流をどのように行うのかについて解説します。

飲食店経営は、

✔︎夕方から深夜にかけて営業。
✔︎利益率の低いランチ営業はしない。
✔︎利益率の低いフードデリバリはしない。
✔︎薄利多売はしない。
✔︎食品ロスは自分の生活の中で消費。
✔︎1人営業が基本。

フードデリバリは、

✔︎午前中から夕方の中で5時間稼働まで。
✔︎あくまでも生活費の補填。
✔︎流行りの食材・調理法・ネーミング法を研究する。
✔︎大手飲食チェーンの信用に対する姿勢を研究する。
①か②のどちらかを選ぼう!
①飲食店で日商2万円以上売る自信あるなら飲食店を個人事業主、フードデリバリで法人作って社会保険と厚生年金に加入。
   or
②飲食店の売り上げ作るのに自信なけりゃーフードデリバリーを個人事業主にして飲食店で法人つくって社会保険と厚生年金をゲット。
 

仮に飲食店の売り上げが、

日商2万円なら年収600万円
日商3万円なら年収1000万円

のサラリーマンの手取りより手元に残ります。

たった、2万や3万円の売上で、です。

バカにされがちな『しょぼい飲食店経営』で、です。

このカラクリについて理解できますか?

あーなるほどって理解できた人は優秀です。

この記事を読んで頂けただけで再現性の高い飲食店開業ノウハウGETです!

えーちょっと不安だなーって方は筆者までご連絡ください。

アナタのその夢、応援します!

 

大阪を中心に活動している飲食専門の経営コンサルタントです。

新田飲食開業顧問 Link 飲食店開業コンサルティング 料金プラン

飲食店 開業 コンサルティング 料金プラン

20坪以下の飲食店開業の場合 新田飲食経営顧問の開業プラン 他社コンサルタントの開業プラン
問い合わせ 無料 無料
お見積り 無料 無料
プラン内容 開業まで何度でも直接指導 契約後数回の打ち合わせと指導
料金 契約金+実費 契約金+実費
開業後 サポートあり サポートなし
廃業時 3年以内なら契約金全額返金保証 返金保証なし

※ただし、ご好評につき、ご用命頂いた日程でお約束できない場合があります。 あらかじめご了承ください。

 


お問い合わせ

 


 

👇 詳しくもっと見る

 

20代以下限定でLineでだけの無料相談応じてます。

いつもたくさんのお問い合わせありがとうございます!
お問い合わせや相談が多数なので順番にお答えさせて頂いております。

 

 

 

新世紀のしょぼい飲食店起業3.0成功の秘訣は?
最新情報をチェックしよう!
>クソみたいな時代ですから知識で理論武装しよう!

クソみたいな時代ですから知識で理論武装しよう!

飲食マネジメント経営は資本主義が行き過ぎた時代に少しでも多くの人々が幸福感を持てる人生を過ごすための「知識」を持っていただきたいと、自分の部下・仲間に向けて作成したブログサイトです。 多くの飲食人以外の方にも役に立てば幸いです。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。