SEARCH

「マーケティング」の検索結果26件

ラーメン一蘭の戦略を飲食人は改めて評価してみよう。

ラーメン一蘭の成長戦略は他の飲食企業とは全く違う路線です。もう2周は他の飲食企業は遅れている。飲食人としてこの差異を理解していないとマーケッターとして飲食業界では生き残っていけません。改めてラーメン一蘭を評価することで新たな視点や気づきを持って頂こうと考えて記事にしました。 ラーメン一蘭は凄まじいマーケッターによって生み出されたソフトなのです。

新型コロナウィルスから学ぶ、学びに対する飽くなき熱量の大切さ

新型コロナウィルスから学ぶ、学びに対する飽くなき熱量の大切さ | 飲食マネジメント経営 | 今回理解するべきはBeforeコロナとAfterコロナではどんな変化が起こったのか、もしくは起こるのかを解明し、これからどのような人生を歩んでいくべきなのかを今回は読み解いてみたいと思います。学びに対する飽くなき熱量の大切さを。

abc分析、飲食の経営でウマい活用方法は?

abc分析、飲食の経営でウマい活用方法は? | 飲食マネジメント経営 | ABC分析で飲食で理想的な経営する為にもマーケティング思考を理解して頂く為にabc分析に濃密にマーケティングを絡めて考察しています。 飲食の経営に欠かせないウマく施策が回る活用方法を提言します。

飲食の利益率はどのくらい?具体的な計算方法と今後ウケる飲食店の作り方。

飲食の利益率はどのくらい?具体的な計算方法と今後ウケる飲食店の作り方。 | 飲食マネジメント経営 | 飲食の利益率の具体的な計算方法とこれから飲食開業を目指す人、今経営している経営者層向けに今後ウケる飲食店の作り方を推察します。基本的な知識と基本的な時代に沿った思考術を身につけれる記事になっています。

Afterコロナの飲食トレンドは?ー 飲食経営の未来指針 ー

Afterコロナの飲食トレンドは?ー 飲食経営の未来指針 ー | 飲食マネジメント経営 | Afterコロナでは日本本来の強さが浮き上がってくると予測します。飲食業界は飲食のトレンドとして日本古来の強みを活かせる下支えをする産業としての責務を果たすべきです。飲食業界こそがコロナで疲弊した日本を復活に導くべきです。

サービス業でこれからも生きる。飲食のやりがいとは?

サービス業でこれからも生きる。飲食のやりがいとは? | 飲食マネジメント経営| サービス業について具体的に突き詰めていく事で飲食の優位性を見つける回です。日本的サービス業は今後のグローバル社会で非常に優位性のある戦いを行える可能性を秘めており、これから就職・転職を行うのであれば候補にして頂きたいやりがいのある業界です。

飲食のアルバイトは就職活動に役に立つ社会経験を積める。

飲食のアルバイトは就職活動に役に立つ社会経験を積める。 | 飲食マネジメント経営 | 飲食のアルバイトは社会で必要とするノウハウを習得するのに非常に役立つゼネラリスト的な能力を求められる現場です。自分にはどんな仕事が合っているのかを確認するのにも役に立つ。就職活動には飲食のアルバイト歴が何故役に立つか確認してください。

飲食で使う用語について改めて解説。飲食業界用語集

飲食で使う用語について改めて解説。飲食業界用語集 | 飲食マネジメント経営.blog| 飲食業界で働く人たちが知っておきたい用語を集めました。飲食店で使われている全ての用語を網羅しています。またIT関連の最低限知っておきたい用語も付け加えておきました。今後ITとのかかわりが強くなる飲食業界だからこそIT用語も必要です。

飲食の現状:コロナウィルスは景気後退の最強のトリガー

飲食の現状はコロナウィルスの感染拡大により深刻化しています。正しい感染予防を学べば恐ろしい病気ではないのですが、世界的な景気後退のトリガーになっています。飲食業界では明確に勝ち組、負け組に分かれていく兆しが出ており、今後激しい勢いで倒産する飲食店は増えるでしょう。飲食人として生き残る為の術を学びましょう。

飲食から飲食店に転職しよう!時代を先読みする飲食人の一流の戦略。

飲食から飲食店に転職しよう!時代を先読みする飲食人の一流の戦略。 | 飲食マネジメント経営.blog | 飲食店で働く人たちは今自分がどんな企業で働いているのかもう一度考えて欲しい。この先の未来に継続的に発展する飲食企業に転職しよう。泥船からいち早く移動するべきなのです。時代を先読みする力が一流か2流かを決めるのです。

将来はこうなりたい!飲食店勤務で出世したい!今自分が見えていない職種を解説してみた。

将来はこうなりたい!飲食店勤務で出世したい!今自分が見えていない職種を解説してみた。 | 飲食経営顧問 | 将来、出世したい人に向けて飲食業界の現場で働いていると見えてこない役職の仕事内容について深掘りしています。解説には、こうなりたいと明確に将来像をイメージしやすく出世にアクセスできるように工夫してみました。

起業ですか?副業ですか?役職・資格、学歴を頼る前にすべきマインド解除

起業ですか?副業ですか?役職・資格、学歴を頼る前にすべきマインド解除| 飲食経営顧問| マインドセットは現在の自分の全てを司る原点となる部分です。マインド解除なくしてマインドセットは成せません。役職や資格・学歴を頼る発想で起業・副業なんて出来ないし、マインド解除なくして成長なんて出来ません。今回はココを考察します。

仕事の効率を上げるタイムマネジメント戦略ー人材採用のマーケティング思考。 | 飲食経営顧問

仕事の効率を上げるタイムマネジメント戦略ー人材採用のマーケティング思考。 | 飲食経営顧問 Link | 飲食経営において人材担当者は非常に重要なポストだ。採用までのリードも非常に難解で、自分自身の効率を上げる為のタイムマネジメント戦略も大いに必要な仕事だ。そして、この重要なポストをこなす為の手法を考察していきたい。

マーケティング:常に新規獲得を視野に営業する事が新たな視野を獲得する。 | 飲食経営顧問

マーケティング:常に新規獲得を視野に営業する事が新たな視野を獲得する。 | 飲食経営顧問 Link | データマーケティングに触れていくために順を追って解説しています。新規顧客獲得を視野に営業していると経費が膨らんでいくばかりで、どのようにして理想的な経営にアクセスしていくのかを考えるきっかけの回にしたいと思いました。

マネジメントをより効果的に運用するための教育【業界知識・生活知識・社会的知識・お金】。

マネジメントをより効果的に運用するための教育【業界知識・生活知識・社会的知識・お金】。 | 飲食経営顧問| 今回は『マネジメントで期待理論を活用するだけじゃ飲食店ではモチベを保てない訳。』の補足記事です。マネジメントをより効果的に運用するには従業員の環境整備が非常に重要でここにメスを入れずマネジメントを回せません

飲食経営の店長を目指す方が最初に学ぶべき講義 | 飲食経営顧問

飲食経営の店長を目指す方が最初に学ぶべき講座 | 飲食経営顧問 |僕が統括する飲食部門の従業員に週1回講習で行っている内容を今回は紹介します。この講習資料は2019年後半に実施した講習資料です。講習時間は1時間。飲食で従業員が店長を目指して頂くための講習となっており、飲食経営において非常に大切な教育にご利用してください

20代で飲食店で働き、「苦しい」×「つらい」日常を過ごすあなたへ。 | 飲食経営顧問

20代の飲食店で働き、「苦しい」「つらい」などの日常を過ごす方へむけて記事を書きます。飲食で働く人たちの幸せ請負い専門家としてどのような思考術(マインドセット)が必要なのかを考えます。僕個人的には無料で生きる顧問としてサロンちっくなLine@を展開してるのでここに入れば?で終わりなのですが消極的な方に解説していきます。

飲食店で働くというより、人として生きるのに大切な伝わるしくみ。 | 飲食経営顧問

飲食店で働くというより、人として生きるのに大切な伝わるしくみ。 | 飲食経営顧問 電通で20年以上働き、現在もクリエーティブディレクター、コピーライターとして活躍されている山本高史さんの著書「伝わるしくみ」を読んだのだが、非常に気づきがある良本だったので、僕なりに考え直してみたい。人として生きるのに大切な伝わるしくみを

飲食店で働く店長さんは、「視点」×「知識」で最強のノウハウをマスターしよう。

飲食店で働く店長さんは、「視点」×「知識」で最強のノウハウをマスターしよう。マニュアル化された飲食店で働くと自由な視点が手に入らず、けっきょく知識も活かすことができません。そのような日常を長年続けていくとご自分のパーソナリティにまで悪影響です。新世紀を生きる自由な視点と知識を持ちましょう。

飲食業界で新ブランドを作る時の自社の強みの見つけ方。 | 飲食経営顧問

飲食店は、ただ単に食事をする為だけに来店される方ばかりではないです。現代は個の時代です。個の数だけ様々な欲求が存在すると考え、スーパーニッチを取り込める発想こそが店舗を変えます。 僕は飲食店だけでなく、強みがないということはナイ! 強みを発見し、研ぎ澄ませて再生させる。 そんな仕事も僕の仕事だと思っています。

飲食業界で気楽に働き出世していく戦略策定術 | 飲食経営顧問

飲食業界だけではない給料の基本的なお話 今回は給料を定義し、飲食業界で働くうえで何を感じ、考え働いていくべきかを考えてみたいと思います。 最初に、給料についてどのような認識でしょうか?飲食店で働く人たちは働いた時間に対する対価だと感じている方が多いのではないでしょうか?自分の時間を提供する対価としてリターンを得ていると感じ、考えているのであれば、そんな人は作業員確定です。最低賃金を定義するのであれ […]

自分のスキルに自信がナイ方の飲食業界での安心・安全な生活術 | 飲食経営顧問@新田

飲食業界で働いている飲食人で周りの諸先輩と比べてセンスや能力が劣っていると感じてしまって安心安全を感じれず、将来このまま飲食業界を続けていく事に不安を感じている方に贈ります。安心安全なそんなあなたの生活術について考えていきたいと思います。飲食業界での安心安全な将来職を失わず定年まで働ける安心安全な生活術を提言。

飲食業界の「老害」たちに警鐘。ピーターの法則を用いる必要もないほど貴方たちは業界にとって「老害」

飲食業界を見渡せば、現場だけに「老害」が生息している訳ではない。 既得権者の中には「老害」化した人物が存在し、その「老害」化した人物の数だけ、その組織が運営しているビジネスモデルは陳腐化している。旧社会的な制度や言動をしている社会の、組織の蓋をする存在の「老害」たちを「老害」認定して、自由な新世紀を共に生きましょう。

飲食店経営、何よりも人間性が大切やろ? | 飲食経営顧問

ヒューマンスキルとは飲食業界を取り巻く環境は激しく変化している中、現場を取りまとめ、意見を抽出し、適切に対応する能力です。 現場においては人材の育成が必須です。 従業員の行動を評価しフィードバックやアドバイスをしながら従業員のマズローの欲求5段階説による段階を確認しつつ、ステップアップする手助けを行う必要があります

飲食業でマネジメントやマーケティングを行う際に理解すべきマズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説を基に人の欲求を深く理解することができれば、皆さんのマーケティングによる3C分析に活用したり、マネジメント戦略を策定する際、困難に立ち向かう際にリーダーシップを発揮する場面において個々のスタッフの現在位置を把握するのに大変役に立ちます。

飲食店の鉄板ガチ職人の思考術

今回は鉄板焼きを例に、如何に焼き個数を増やし一度に焼いていくかをマジカルナンバー7±2を用いて考えていきたいと思います。 まず、マジカルナンバー7±2とは何か? 人間が短期記憶において認識できる数は7つ(個人差により±2つ)が限界だという心理学の法則とされており、マーケティングでも比較的よく活用される法則なのだが、2001年にネルソン・コワーンにより4±1こそがマジックナンバーだと発表され、今はこ […]

>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之

:)