CATEGORY

組織論

飲食業界の経営者・幹部社員が学ぶべきケイパビリティを腹落ちするために、ダニエル・ゴールドマンを引用してみる。

ケイパビリティの強化を重要事項として経営者が捉えた場合に、自己変革は必須で何もコレといった教育を目指したり、取り入れたりするのではなく、経営者もしくは幹部社員の心の持ち方で全てが変わり、それが組織の強化に繋がることが理解出来ましたよね? よーするに、 リーダーシップの質によって、ケイパビリティも良くも悪くも変化する。 リーダーシップの質によって、情報共有、信頼感、組織学習が成果に結びつく。 良質な組織を発展させるケイパビリティはリーダーシップの質を高めようとする経営者・幹部社員の自己変革によって、実行した成果として得られる成果物であり、組織としてのゴールを再定義し、コンフォートゾーンすらも引き上げる事になります。 コレが、ケイパビリティ・ベースド・ストラテジーの前段として必要だよって話

飲食業界のマニュアルによる教育こそ業界の文化を形成し、飲食人を酷く貶めているものだ。

飲食業界のマニュアルによる教育こそ業界の文化を形成し、飲食人を酷く貶めているものだ。 今回の記事は飲食業界の経営者・幹部社員・飲食で更に突き抜けたいと考える人に向けて記事を書いていきます。 幹部育成に躓く飲食企業の落とし穴 ✓飲食業界の多くの従業員が刹那的な生活を過ごし、自分の人生にも関わらず、成長しよーとする動力を自主的に持たない飲食業界の従業員。 ✓対して、組織とし…

ようやく大阪、京都、兵庫で緊急事態宣言解除(2020年5月21日)

ようやく国が新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の解除を関西エリア全てを解除するようです。本当に新型コロナウィルスは何だったのでしょうか?通常のコロナウィルスは接触感染がマストだったのに新型は空気感染だと断定した政府見解は本当に正しかったか疑問です。とはいえ、飲食業界は大きく変わっていく必要があり、それを考える回です。

女性活躍推進法のえるぼし認定を受け、今こそ飲食業界を改めるチャンス!

女性活躍推進法のえるぼし認定を受け、今こそ飲食業界を改めるチャンス!| 飲食マネジメント経営.blog| 飲食業界ではこれまで男性中心に管理してきたのだが女性活躍推進法のエルボシ認定を受け、飲食のイメージを刷新するいい機会を今、得ようとしている。女性活躍推進法によるメリットと社会的要因を大いに利用するべきである。

コロナの飲食店への影響は?いきなりステーキ大丈夫か?決算書から読み解く。

コロナの飲食店への影響は?いきなりステーキ大丈夫か?決算書から読み解く。 | 飲食マネジメント経営 | コロナの飲食業界に及ぼす影響は甚大です。飲食店は好立地ほど大きなダメージを受けており今後予断を許さない事態となっている。そんな中注目を集めるいきなりステーキは現在どのような状況に陥っているのか決算書を踏まえ解説する。

働きすぎを打破し、健全にワーク・アズ・ライフを極めよう。 | 飲食経営顧問 Link

働きすぎを打破し、健全にワーク・アズ・ライフを極めよう。 | 飲食経営顧問 Link | 働きすぎを経営者も労働者も打破すべきだ。ビジネス3.0ではもたれ合わないドライな関係性を問われる。健全にワーク・アズ・ライフを全ての人たちが極めるべきなのです。飲食経営はブラックと言われがちだから勘違いする人も多いだけに教育が大切

飲食店の店長としてのマネジメントとは重要な仕事。 | 飲食経営顧問 Link

飲食店の店長としてのマネジメントとは重要な仕事。 | 飲食経営顧問 Link | 飲食店の店長の仕事はマネジメントが今は最重要ですよね?売上はスタッフがいなきゃ作れませんから。そしてどのようにそれを回すか?PDCAサイクルかOODAループか?最近の流行に乗って自分的に結論出てるけど敢えてOODAループ吊るしてみました。

接客マニュアルによる人材育成が飲食経営に良くない好例。 | 飲食経営顧問 Link

接客マニュアルによる人材育成が飲食経営に良くない好例。 | 飲食経営顧問 | 接客マニュアルによる弊害は中小零細企業には甚大な被害があります。何故大手に倣ってマニュアルを作ってしまうのか?何例かのマニュアルの弊害を分解し中小企業が目指すべき地元に愛される飲食経営の在り方を再構築します。接客マニュアルを放棄しよう。

飲食の大切なノウハウを従業員に理解してもらうには? | 飲食経営顧問 Link

飲食の大切なノウハウを従業員に理解してもらうには? | 飲食経営顧問 Link| 新人さんを飲食店に迎え入れる際を例に人間関係に必要なノウハウを理解する為の解説をしています。私たちが日頃何気にやっている業務依頼に潜んでいる過ちと人の心理について掘り下げたいと思います。後半に雑談力に関するテストもあります。

マネジメントが先か、ブランディングが先かについてをデザインしよう。 | 飲食経営顧問

マネジメントが先か、ブランディングが先かについてをデザインしよう。 | 飲食経営顧 | すぐに陳腐化する時代に戦略に依存してしまうと良質な経営から見放されます。飲食の経営を円滑に継続性にアクセスするには圧倒的に練り込まれた組織オペレーション強化こそが最大の戦略になり得るのです。組織を強化し戦術を駆使する戦略を策定しよう

キャリアパスとはマネジメントとSETで経営に活かすべき従業員への提案。 | 飲食経営顧問

キャリアパスとはマネジメントとSETで経営に活かすべき従業員への提案。 | 飲食経営顧問 | 何故キャリアパスとそれを活かす環境整備にこれほどまでにこだわるのかについて今回は掘り下げていきます。キャリアパスの明確にするのは意外な従業員に対する〇〇があった。マネジメント陣としての責任とは何かを共に考えて頂きたい。

マネジメントにこれから必要!社内に横串を刺す飲食経営論。 | 飲食経営顧問

マネジメントにこれから必要!社内に横串を刺す飲食経営論。 | 飲食経営顧問 | マネジメントを円滑に飲食経営に活用するには組織オペレーションが適切に機能しているべきで、飲食経営においてマネジメントが効く状態かどうかにより飲食経営において一番大切な資産である人材をウマく教育出来ないジレンマに陥る。人が宝と再定義したい。

経営陣が市場やお客様ばかりに目を向けてると内部崩壊していく話。飲食経営顧問

経営陣が市場やお客様ばかりに目を向けてると内部崩壊していく話。飲食経営顧問 | 今回は共感経済が飲食業界にどのような未来を描くのかについて推察していきたいと思います。飲食を中心に活動しているコンサルタント業にしても大きく勝敗を左右させる変化が近づきつつあります。飲食経営者にとっても嗅覚を問われる重要なターンなのです。

飲食経営をハックするトップマネジメントとは。7選 | 飲食経営顧問

店長の仕事が売上管理と従業員のオペレーション教育のみになると店長職が生き生き働けるようになります。 その為には、本部で負担すべきコストが跳ね上がります。 跳ね上がったコストは、利益構造の大幅な見直しと組織で養ってしまってる能力が足りない経営陣、幹部のリストラで充分賄えます。 そして、結果にコミットした方への報償を明確化し、報酬への期待が高まれば新たな隠れた能力を開花させる後続の従業員が姿を現し始めます。 このようにして、組織に風を起こしましょう。

飲食業の教育方針 3.0

飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント 今回はどの様な教育方針で当部門の飲食人を育てているのかについて話してみたいと思います。 私 […]

>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之