CATEGORY

マネジメント

飲食業で人生あがる為の圧倒的な学習法とマインドセット| 飲食経営顧問

飲食業で人生あがる為の圧倒的な学習法とマインドセット| 飲食経営顧問 |人は社会にでてから学習をしない方が圧倒的らしいです。なんでも1日平均数分間。これなら優位性を持てるわけがありません。どのように人生に向き合うべきなのか、48年間生きてきて今リアルな僕が感じている人生戦略について語ります。

飲食店で働くというより、人として生きるのに大切な伝わるしくみ。 | 飲食経営顧問

飲食店で働くというより、人として生きるのに大切な伝わるしくみ。 | 飲食経営顧問 電通で20年以上働き、現在もクリエーティブディレクター、コピーライターとして活躍されている山本高史さんの著書「伝わるしくみ」を読んだのだが、非常に気づきがある良本だったので、僕なりに考え直してみたい。人として生きるのに大切な伝わるしくみを

忘れないでほしい、みんなそれぞれに価値観や、やりがいを持って働いてることを。 | 飲食経営顧問

忘れないでほしい、みんなそれぞれに価値観や、やりがいを持って働いてることを。 | 飲食経営顧問 |あなたから見て、いつも笑顔で過ごせているような方でも、周りにチヤホヤされているように見える方でも、皆と仲良く協調性のある方でも何かに怯え、何かに悩み、何かの課題を抱えて生きているのです。

飲食経営をハックするトップマネジメントとは。7選 | 飲食経営顧問

店長の仕事が売上管理と従業員のオペレーション教育のみになると店長職が生き生き働けるようになります。 その為には、本部で負担すべきコストが跳ね上がります。 跳ね上がったコストは、利益構造の大幅な見直しと組織で養ってしまってる能力が足りない経営陣、幹部のリストラで充分賄えます。 そして、結果にコミットした方への報償を明確化し、報酬への期待が高まれば新たな隠れた能力を開花させる後続の従業員が姿を現し始めます。 このようにして、組織に風を起こしましょう。

やりがいのある仕事の本質とは何か?マネジメント層は人のやりがいを感じる仕組みを知ろう。

飲食店で働く人たちは何故、「やりがい」や「充足感」が持てないのか?まとめ⇨このようにして、ダラダラと僕が書いてきた内容に対する理解が足りないから人はやりがいや充足感を持つことが出来ず、自己実現欲求に突き動かされた生き方の出来ないゾンビみたいな人たちで飲食業界にたくさんいるのだろーと僕は推察しています。

飲食店で働く店長さんは、「視点」×「知識」で最強のノウハウをマスターしよう。

飲食店で働く店長さんは、「視点」×「知識」で最強のノウハウをマスターしよう。マニュアル化された飲食店で働くと自由な視点が手に入らず、けっきょく知識も活かすことができません。そのような日常を長年続けていくとご自分のパーソナリティにまで悪影響です。新世紀を生きる自由な視点と知識を持ちましょう。

飲食業界で部下をマネジメントする立場になったら考えるべきこと10選 | 飲食経営顧問

飲食業界で部下をマネジメントする立場になったら考えるべきこと10選 |部下が出来たからにはマネジメントを理解し、リーダーシップを発揮し会社や組織や上司の理解・把握に努めなければなりません。 尊敬できる上司が何を考え何を想い仕事に向き合っているのかに注目し、時には直接教えを請いマネジメントについて理解を深めていくべき

飲食業界で成長や目的達成するための「7つの習慣」活用術。 | 飲食経営顧問

飲食業界で「7つの習慣」をどのようなビジネススキルとするのかと考えるとヒューマンスキルです。 本質的に大切なスキルとして僕が日頃から言っているヒューマンスキルがこのような世界中から高い評価を受けている良質な古典的な原理原則論からも示されているように何をさておきヒューマンスキルが大切だという事を本質的に理解して頂きたい。

飲食業界の人たちがなかなか成長できない理由 考察 | 飲食経営顧問

飲食業界の常識であるマッチョ主義は陳腐なものでしかありません。マッチョ主義偏重者は飲食業界の老害です。飲食業界の経営者さま、飲食経営は人格が良い人を採用した方がいいのですよ? なぜ、マッチョ主義の無能な人間に大切な資産である人や店舗を任せるのか、僕は理解に苦しみます。リーダーシップは人格×能力です。

飲食業界を救うのは、ケイパビリティ・ベースド・ストラテジーしかないだろ? | 飲食経営顧問

この先の飲食業界の未来にはテクニカルスキルがほとんど差別化として通用しない中でのゲームとなります。 真摯に人と向き合い、従業員を育て、オペレーションを整えないでそろばんだけで企業を維持できると思っているならそんな飲食経営者は陳腐すぎます。 飲食経営はバカがやってる業界だと言われても文句なんて言えないでしょう。

飲食経営に参加したい出世願望があるなら読んでおいて損のない本7選

飲食経営に参加したい出世願望があるなら読んでおいて損のない本、7選 | どれも非常に飲食業界でこの先も生き抜く知識に刺激してくれる学べる本だと思います。 飲食経営に携わる方にとって本を読むことは低コストの自分への投資です。 飲食経営だけではなく皆さんの日常に読書を加えてみませんか?

飲食業界で非常に大切なメラビアンの法則 活用術 | 飲食経営顧問

飲食業界はメラビアンの法則を意識できなければならない業界です。メラビアンの法則自体は世間的に認知されている法則ではありませんが、それ自体も理解した上に活用すべき法則です。具体的にメラビアンの法則について解説と実際に飲食業界にての活用方法を考察しています。非常に大切な思考方法なのでマネジメントに活用ください。

飲食業界のオーナー及び幹部や店長はスタッフがシフト通りに来てくれただけで、ありがとう、感謝してるよ!だよ。

お店に登録している人数は多いけど、シフトが埋まらない現象が起きている。 ようするに、オーナー・幹部社員・店長のマネジメント不足が招いたお粗末な現象なのです。 ありがとう、感謝してるよって気持ちがオーナー以下幹部社員・店長にないからアルバイトでシフトを提出する際にお店の事情を考慮して提出するアルバイトスタッフが減少してるそうです。 また、「何日の何曜日がスタッフ足りないから、~さんシフト希望出てなかったけど入れないかな?」の交渉ができないらしいです。。。しかも酷い場合は、シフト希望も出してないのに勝手に出勤にされているらしいです。。。

玉ねぎ男「反吐が出る本!」

もう少しマズローの欲求5段階説について掘り下げたいと思います。 部下を観察する際も自分の深層心理についてもなかなか見通せないものじゃないでしょうか。 何度も言っ […]

飲食店経営、何よりも人間性が大切やろ? | 飲食経営顧問

ヒューマンスキルとは飲食業界を取り巻く環境は激しく変化している中、現場を取りまとめ、意見を抽出し、適切に対応する能力です。 現場においては人材の育成が必須です。 従業員の行動を評価しフィードバックやアドバイスをしながら従業員のマズローの欲求5段階説による段階を確認しつつ、ステップアップする手助けを行う必要があります

飲食業でも学ぶべきコンセプチュアルスキル(概念化能力)

経営に対するレイヤーが上がるほど対応する事象は複雑に絡み合い、単一のスキルや思考では解決できません。経験もコンセプチュアルスキルには重要な要素になります。 高いレベルで本質を見抜き想像性や解決能力に長けている人の思考をトレースするなどして経験・時間を思考で補うこともコンセプチュアルスキルの使い方かもしれません。

飲食業でマネジメントやマーケティングを行う際に理解すべきマズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説を基に人の欲求を深く理解することができれば、皆さんのマーケティングによる3C分析に活用したり、マネジメント戦略を策定する際、困難に立ち向かう際にリーダーシップを発揮する場面において個々のスタッフの現在位置を把握するのに大変役に立ちます。

飲食店で開業したい人や出世したい人はメタ認知への理解でリーダーシップを強化しよう。

飲食業界では非常に大切なスキル。メタ認知能力が高い人は空気を読むことが得意な人が多く、他人の気持ちを察するのが得意で、一人一人に適切な対応を取ることが出来ます。リーダーシップとは、能力×人格です。メタ認知能力の高さはリーダーシップ力に直結する能力だと判断できると思います。日頃より自分を俯瞰視する癖を身につけましょう!

飲食業界では危機感はあえて見ようとしないと見えない概念 | 飲食経営顧問

飲食業界では危機感はあえて見ようとしないと見えない概念 | 飲食経営顧問 | お好み焼き業界で一番企業規模の大きい『道とん堀』さんが行っている食べ放題について分解します。単純に食べ放題=安売りと考えてしまっては飲食経営者としては失格です。戦略として食べ放題も経営に織り込んでみる思考が飲食経営には非常に大切なのです。

>クソみたいな時代ですから知識で理論武装しよう!

クソみたいな時代ですから知識で理論武装しよう!

飲食マネジメント経営は資本主義が行き過ぎた時代に少しでも多くの人々が幸福感を持てる人生を過ごすための「知識」を持っていただきたいと、自分の部下・仲間に向けて作成したブログサイトです。 多くの飲食人以外の方にも役に立てば幸いです。

CTR IMG