心が強い人のシンプルな法則 著者 権藤優希 書評 要約 読むべきポイントは?

著者は株式会社シーママネジメント代表取締役として、東京都内にオーガニックショップ・レンタルスペースの運営や人材派遣業、講演会、トレーニング事業を展開する若い事業家で、ある種の起業ブームかのような時代でいい意味で足掻くインフルエンサーなのでしょう。 いい意味で青臭く、現在進行形で成長しているマインドを垣間見ることなんて滅多にないだけに非常に新鮮な印象を受けました。 「心が強い人のシンプルな法則」を読んだ年齢によって、この本に対する印象は変わるのかもしれませんが、現在を一生懸命に自分の人生に対して足掻こうとしている人には読んでほしい本です。 事業家として生きる選択をした人はこうも力強く、青臭くも、自分の言葉を持っている。

飲食業界の会社って結局どこも同じ?会社によってどれくらい違うか徹底的に解説。「飲食=底辺」にならない転職の仕方は?

飲食業界の会社って結局どこも同じ?会社によってどれくらい違うか徹底的に解説。転職するなら狙い目は??|飲食マネジメント経営|転職する時に誰も教えてくれない飲食業界の仕組みを解説します。大手・中小零細・個人経営と全く違う組織構造のお店が同じ土壌で求人を出しています。これでどこも同じだと判断するのは早計です。会社によって大手・中小零細でも全く違うし、過去にブラックと言われた飲食企業は大半は大手を含んでいました。どんな視点で飲食業界を見て転職すべきかを解説します。

頭に来てもアホとは戦うな! 著者 田村耕太郎 書評 現代版・孫子の兵法!

頭に来てもアホとは戦うな! 著者 田村耕太郎 書評 現代版・孫子の兵法! | 飲食マネジメント経営.blog 元政治家がマネジメントと社会の本質について書き上げた良書。社会の本質をわかりやすく優しい言葉で本人のエピソードを交えながら書かれており、勉強を今までしてこなかった社会人が読むべき内容です。学生から社会人用に脳のアップデートが出来ていない方必読!

2025年、人は「買い物」をしなくなる 著者 望月智之 書評 デジタルシェルフの衝撃 

アレクサやスマホなどの機器は便利な道具として市場に創出されたと考えられている反面、パソコンやスマホのカメラ機能を使えないようにしてパソコンやスマホを使っている人まで存在する。 よーするに、必要以上に企業に自分の情報を搾取されていると感じている人たちです。 現代の社会は物質的な生存条件を確保しており、物質的な貧困から脱した私たちが、次に何を望むのかを問われているのだと思います。 資本主義経済が効きすぎる時代へ急速にシフトして、この社会に非常に満足度を感じる人の数は確かに増えたのかもしれませんが、この社会に不満足な人の数を減らすアプローチはウマく機能していません。 このまま、「資本主義社会を盲目的に突き進んでいいのか」について僕には疑問です。 主体的に自分のコストを掛けて動かなくなる社会は、受動的を越えると従属的になってしまうと思うんです。 スマートグラスに映る目の前にある景色や商品に値段が表示され、買いたい意志を示すとクレジット情報にアクセスされ清算され即日出荷され手元に届く社会までなら、まだギリギリ許容範囲です。 しかし、自分の購入履歴やら何やらでAIで分析された今現在に必要とされていないが、潜在的に欲している商品まで勝手に出荷される時代とか怖くないですか? 人のモチベーションの源泉は人間性に根差した衝動だと思うんですよ。 スマートで便利で快適な暮らしは、それがいい暮らしだと一部の人たちに見せられている可能性だって考えねばいけないと思います。 実はその価値観で生活する人たちが潤うのではなく、価値観を与えた人たちの都合の良い未来かもしれません。

「空腹」こそ 最強のクスリ 著者:医学博士 青木厚 書評 オートファジーの力とは

この本の著者は、日本人の主な死亡原因は老衰は別にして、ほとんどの病気の場合、「空腹」を意識的に活用する事で予防効果が得られる事を教えてくれます。 「オートファジー」についての理解をして様々な病気になる原因を抑え込む視点は非常に役に立つ。 僕としても、本を読んだその日から16時間断食を始めましたが、どうしても「空腹」が我慢できない場合は、食べていいよって書いてあるナッツやチーズを食べて空腹を紛らわしているのですが、食べ物の塊でなければいいよって書いてる箇所はもっと厚く説明して欲しかった。。。 サラッと流されてて、ここ実行者としては大切なんだけどな。。。とw とはいえ、日常的な習慣となっているモノ・コトを自分で考え、調べる大切さと、盲目的に信じ・従ってしまう怖さについて考える切っ掛けを与えてくれる良書です。 ちなみに、僕は晩御飯が遅い生活リズムですから、晩の22時までに食事を採ると、睡眠まで何も口にせず、朝起きて口にするのは甘くない飲み物だけ。 朝ごはんとお昼ごはんは15時を過ぎてから食べるようにしています。 現在は、この「オートファジー」を発動させる健康法を実行して10日目ですが、まだ体に大きな変化は感じていませんが、ずっと続けていこうと感じさせてくれる本の内容でした。

知ってほしい!おもてなしや和食と言った日本型グローバルスタンダードを確立している飲食業界は日本の希望!

 知ってほしい!おもてなしや和食と言った日本型グローバルスタンダードを確立している飲食業界は日本の希望! |飲食マネジメント経営blog |飲食業界は終わってない。世界市場の成長と共に進化し続け、グローバル企業に成長していく日本の飲食企業の可能性を探る。日本政府は「和食」「おもてなし」など日本型グローバルスタンダードに頼っている事を知ってほしい。

転職は飲食業界では当たり前!逃げとは見られない!ブラックからは逃げた方がいい?飲食業界の転職事情。

転職は飲食業界では当たり前!逃げとは見られない!ブラックからは逃げた方がいい?飲食業界の転職事情。 今回の記事は飲食業界で働き、自分の今現在の職場での境遇に悩んでいる人に向けて書きます。 新型コロナウィルスによるパンデミックで飲食業界での働き方に大きな変革の波が来ています。 飲食企業では残業代が稼げずに手取りで月に20万円を…

飲食業界のマニュアルによる教育こそ業界の文化を形成し、飲食人を酷く貶めているものだ。

飲食業界のマニュアルによる教育こそ業界の文化を形成し、飲食人を酷く貶めているものだ。 今回の記事は飲食業界の経営者・幹部社員・飲食で更に突き抜けたいと考える人に向けて記事を書いていきます。 幹部育成に躓く飲食企業の落とし穴 ✓飲食業界の多くの従業員が刹那的な生活を過ごし、自分の人生にも関わらず、成長しよーとする動力を自主的に持たない飲食業界の従業員。 ✓対して、組織とし…

「稼ぐ力」が身に付く勉強法。“インプット主体の学び方” では評価も給与も上がらない。パンデミック後を見据えた戦略とは?

インプット主体の勉強法では、稼ぐ力が備わらない事が理解できたと思います。 評価・給与が上がらないのは、勉強法を間違っている可能性があることを今回の記事では指摘させて頂きました。 新型コロナウィルスによるパンデミックは、世界よりも随分遅れていた日本の既得権をかなり破壊して世界基準に近づき、もう一皮むけた日本社会になっていくと共に、資本主義の様相はもっと厳しくなってくると思います。 パンデミック前の社会の緩やかな変化では済まなくなっていくという意味です。 プライベートで心豊かにする努力をして、幸福の土台を安定させる事も、仕事で評価・給与を上げていく活動になりまます。 世の中の動向に注視しつつ、中長期的目標を微調整しつつ、自分自身の成長を楽しめるマインドを持って下さい。 workとは仕事、作業、勉強、研究などを含んでおり、職場で働く時間だけを指す言葉ではありません。 職場で有利な立場や地位に挑戦する活動そのものをワークと解釈していると、日々の生活の過ごし方まで変わってきて、きっと人生そのものまで変えてくれる力になるのではないでしょうか。

ラーメン一蘭の戦略を飲食人は改めて評価してみよう。

ラーメン一蘭の成長戦略は他の飲食企業とは全く違う路線です。もう2周は他の飲食企業は遅れている。飲食人としてこの差異を理解していないとマーケッターとして飲食業界では生き残っていけません。改めてラーメン一蘭を評価することで新たな視点や気づきを持って頂こうと考えて記事にしました。 ラーメン一蘭は凄まじいマーケッターによって生み出されたソフトなのです。

家族以外との5人以上の宴会や飲み会を避けるよう府民に呼びかけているそーです。

新型コロナウィルス第2波など言われていますが、完全に作られた2波です。 PCR検査の精度に対する報道の頻度や陽性者数を感染者数と報じるメディアはハッキリ言って終わっています。一番報道が真実を伝えるべきターンにも関わらず、自分たちに都合の良い報道に終始するメディア。もう報道は完全にこの国から消滅したことをお知らせします。

ようやく大阪、京都、兵庫で緊急事態宣言解除(2020年5月21日)

ようやく国が新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の解除を関西エリア全てを解除するようです。本当に新型コロナウィルスは何だったのでしょうか?通常のコロナウィルスは接触感染がマストだったのに新型は空気感染だと断定した政府見解は本当に正しかったか疑問です。とはいえ、飲食業界は大きく変わっていく必要があり、それを考える回です。

新型コロナウィルスから学ぶ、学びに対する飽くなき熱量の大切さ

新型コロナウィルスから学ぶ、学びに対する飽くなき熱量の大切さ | 飲食マネジメント経営 | 今回理解するべきはBeforeコロナとAfterコロナではどんな変化が起こったのか、もしくは起こるのかを解明し、これからどのような人生を歩んでいくべきなのかを今回は読み解いてみたいと思います。学びに対する飽くなき熱量の大切さを。

緊急事態宣言延長に商店街から“不安の声”大阪府の吉村知事はそれはちょっと違うんじゃないの

緊急事態宣言延長に商店街から“不安の声”大阪府の吉村知事はそれはちょっと違うんじゃないの | 飲食マネジメント経営 | 緊急事態宣言延長によって様々な人々が苦境に立たされる可能性が出てきました。この決定を勧める人たちはそれを理解しているのだろうか?そして新型コロナウィルスに対して本当の意味で総括できているのだろうか?

>飲食開業コンサルタント 新田敏之

飲食開業コンサルタント 新田敏之